教育システム

2018年10月11日 (木)

2018年 第6回らんたん教室」 読図山行

 2018107(日曜) 読図山行/地図の見方

 

 山域:高祖山・叶岳

 参加数:21(リーダーコース6名  初級コース15)

 講義内容 読図の実践  道迷い時の対応

 

   高祖山・叶岳の1/25000地図上で現在地の確認 これから歩く地形を予測

 (地図の先読み)③等高線の見方コール人工構造物(橋・堰堤・小屋・送電線)

  の味方等々の見方に付いて説明を受ける。

   いざ----実践です。

    用意された 地図上に番号(1)(45)記載してある。 進行方向にコンパスを磁

  北線に合わせる。地図上での地形を読み取る。

   沢スジを歩いているのか、尾根筋を歩いているのか、トラバースしているのか

  を地図の読み方を学びます。

Img001_6

Dscf1695_6  

 講師から 今日の読図について説明をうけています。

  地図上での等高線について、尾根筋と沢スジについて説明

Dscf1694_4

 地図上での現在地の確認の手がかりについて

  橋・堰堤・三角点・小屋・送電線等々の説明も受けています。sign02

Dscf1701_3

 現在地確認です。

  出発時にコンパス・磁北線で現在地をかくにんしていますが

  何々---sweat01

Dscf1704_3

 尾根筋で地図上で現在地を確認。地図上での地形はeye 尾根/沢筋sign02

Dscf1705_2

 今、何処にいるのrun

Dscf1717_4

高祖山山頂 

 

Dscf1721_2

 登山道で無いルートをコンパス・磁北線で進みます。

  急な下り坂道です。 補助ザイル使用

Dscf1725_3

Dscf1728_4

 稜線上には至る所に分岐・枝道があります。

  その都度 確認です。

Dscf1730

 楽しい昼食の時間です。

  🍙食べながら 地図とにらめっこです。eye

Dscf1734_3

  やはり昼食の時間は短いです。

   コーヒーを飲む時間がほしいです。 

    何回か山行に参加すると 慣れましたcafe

Dscf1735_2

 叶嶽神社  

Dscf1739_3

 参道を下る途中に 坊主岩に赤い腹巻をしたお地蔵さんeye

  今回の山行の安全を見守ってくださいました。

 

  第7回 らんたん教室

   2019年1月26日~27日

   山域  九重山 小屋泊

   内容  雪山登山技術と装備

         アイゼン着脱・ワカン・雪上歩行等々

 

|

2018年9月30日 (日)

第五回 「らんたん教室」 地図上で磁北線の引き方

 第五回 らんたん教室 雨の中でも開催

  ◆日時:9月9日(日曜日)   

  ◆場所:油山管理棟2階 

  ◆参加数:33名

   リーダーコース 5名・ 初級コース 16名・  講師:12名

 当初の計画では、糸島の立石山にて岩場の歩き方、三点支持をする計画でしたが

 前日の天気予報では当日は雨の予報にて急遽、場所の変更を行う。

 当日の実施要領は①地図の磁北線の引き方。②日帰り装備点検。③ロープワーク

 ④危機管理(ハチ)等の実習及び机上学習を行う。

Dscf1692_2

 日帰り装備の点検

   雨具・ヘットランプ・緊急連絡カード・コンパス等

  講師の厳しい点検がはいります。eye

20180909_101008_4

  日帰り装備で 不必要な物は 没収banana

  装備は雨に濡れないように ビニール袋で包み増しよう。

Dscf1682

 地図の磁北線の引き方を学びます。

  磁北線? なになになに----

Dscf1683

磁北とは何かsign02

 ・コンパスの針のN極が示す方向---よくわかる

 ・現在は西に傾いている、時々刻と少しずつ変化している。---難しい

Dscf1687_01

 磁北線の引き方--あだると流sign02

Dscf1691_2

 講師の方から引き方を学びます。

  ---の手習いsweat01

20180909_103959_4

 ロープワークです。

  クローブヒツチ・ムンターヒッチを学びます。

  何かい 習っても 難しいです。 ロープがからみます。

 20180909_110836

  対象物に自分の体に

   ボーラインノットの結び方です。

    椅子の足に巻き付けて 悪戦苦闘です。

  ◆第六回 らんたん教室

   日時 10月7日(日曜日)

   場所 高祖山・叶岳

   内容 読図実践・道迷い時の対応・ツエルトの使い方

 

 

| | コメント (0)

2018年7月 3日 (火)

第2回 らんたん教室 

日時:610日(日曜日)  場所:四王寺県民の森

参加数:リーダーコース 9名(受講生5名)

     初級コース  22名(受講生15名)

講義内容:①どうして事故がおきるのか ②応急処置 ③歩きかた・ストックの使い方

      ④地図の見方 ⑤ロープワーク ⑥山筋ゴーゴー体操

①について…中高年の意外な落とし穴について

  ・「昔とった杵柄」という言葉がまさに過信をしているということ。

  ・意外な死因---登山中の三大死因---・外傷、低体温症、心臓病

②テーピングテープを使用し 捻挫処置について

③ゆっくり、歩幅を小さく、登山の主働筋としての太ももへの負荷も小さくなるから、

つることがなくなる。

④四王寺付近の1/25000地図で読み方の実技を行う。

⑥この山筋ゴーゴー体操は、山に登るために必要な筋肉を維持、増強するための

 基本的な運動を教えていただきました。(筋トレ・ストレッチ)

 

 


2

地図の見方の実践に行く 注意事項の説明

3

  登りの歩き方について   ストックの使い方について実技
4

 下りについて説明です  足の親指の使い方について

9_2

 山筋ゴーゴー体操  「登山に必要な筋を鍛える」

  講師は机の上で 指導もハリキッテいます。 受講生も真剣です。

 
6

 山筋ゴーゴー体操   登山するに当たり筋肉の鍛え方
8

 大腿前・後の筋及び大殿筋の鍛え バランス能力を高める

 
10

 テーピングの巻きかた   足首捻挫を想定した実践ですhospital

11

   受講生のみなさん 真剣です

12
  難しいな       これでいいのかな----eye

15_2

   ザイルワークを学んでいます。 クローブヒッチの結び方


13

 「ブーリン結び」 何回やってもうまくならない sign02    

16_2

受講生のみなさん。講師の方々お疲れ様でした。

 

第3回 らんたん教室  7月7日~8日 泉水キヤンプ場です。

 テントの張り方・山小屋での生活のマナー・山での危機管理についてです。

  






| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

2018年度 第一回 らんたん教室

2018年度 第一回 らんたん教室 開催

日 時:5月6日(日)  場 所:油山市民の森

参加数:受講生22名(CLコース6名・初級コース16名) 講師13名

らんたん教室の目的

 ①危険から身を守る安全登山技術を習得してもらう。

 ②交流を通じて、参加者の仲間意識を釀成する。

 ③会運営を担うことが出来る人をそだてる。

第12回目 【講義内容】

  ◆CLコース:フイックスロープ支点の取り方、ムンターヒッチの斜面下降等

  ◆初級コース:ロープワークの基礎(簡易ハーネスについて、ボーライン・

    ノットの結び)

  ◆CL・初級コース合同(登山靴・雨具の選び方、日帰り装備、地図の見方・

    読み方、コンパスの使い方、山行計画の立て方)

 

1

 展望台(休憩室)、ロープワークについて

2

  受講生も真剣・講師も真剣  結び方を間違えると事故のもとです

4

  簡易ハーネス結び方  指導

5_3

  ボーライン・ノット 結び方を教わっています

Dscf1375

Dscf1380_3
 簡易ハーネス装着し 自己確保でぶら下がり 胸が締め付けられる!

7

日帰り装備講習  自分が日頃持って行っている中身の説明です。

8_3

 登山靴について ローカット・ハイカットの違いについて説明

9_2

 登山靴の紐の結び方について

6_3

 地図の見方・読み方、コンパス①②③の説明

11_3

 受講生に 磁北線・コンパスの使い方を指導しています。

10_3

 受講生・講師・協力員 全員で学びます。

12_4

   雨も上がり    鯉が泳いでいました。   ソダネ!   (K.Y)

  第2回 らんたん教室

  日 時:6月10日(日曜日) 四王寺県民の森

   内容:筋トレ

       事故発生の対応、応急処置

       歩きかた・ストックの使い方

       地図の読み方・コンパスの使い方---実践

 

   ◆会員であれば誰でも参加できます。

     特に、登山経験が長い方で もう一度勉強したいと思う方は是非

     参加してください。






















|

2018年4月26日 (木)

2018.4.22(日) 野北海岸 岩場の歩行訓練

2018.4.22 野北の岩場訓練 天気:快晴参加者20名(男性7名・女性13名)年2回行われる野北の岩場訓練。今回も3班に分け、①岩場の基本歩行 ②フィックスロープでの通過 ③ロープワークの3コースの訓練が行われました。

Img_1780

駐車場でハーネス、カラビナ、ヘルメットを装着。ストレッチの後海岸に下ります。

Img_1785

3mの訓練用ロープが渡され訓練開始です。SAの皆さんが教えますが、新人にはなかなか難しい。家で何度も練習するようにとの話があった。

Img_1801

岩場の歩き方では、色々な岩を使って、足場の見つけ方、靴の置き方、重心の移動などの訓練が行われた。

Img_1794

Img_1790_2

海に突き出た岩場では、CLが張ったフィックスロープにカラビナを掛けながら登って行きます。

Img_1802_3

ここはかなり急な所を下っています。下ではSAがアドバイスをしながら見守っています。

Img_1795

慣れた人達はザックを背負って登ります。空荷とは違いますね。

Img_1804_2

お昼になりました。天気が良いというよりも暑い。しかし皆さん余り疲れた様子は見えません。

Cid_1b496eb33ef44a64810835051d990b7

最後は岩壁の登りです。なかなか経験することのないことなので、皆さん果敢に挑戦しました。

Cid_e176acf22e9a42aea90ba4cd5c1bf73

お世話して頂いたCL、SL、SAの皆さん、ありがとうございました。

                              by.akira

| | コメント (0)

2018年3月 5日 (月)

第8回 らんたん教室 卒業山行

2018年3月4日(日曜日)

 第8回 らんたん教室 卒業山行(試験)  ・ 山域: 油山

参加数::23名(受講生:13名・講師10名)

当日、天神日銀前に集合。乗合バスで花畑園芸公園前下車、現地に集合していた参加

者と合流する。

園芸公園内に移動し、S責任者のあいさつ及び注意事項(カンニング禁止)、講師陣の

紹介、試験内容等について説明がありました。 講師一人に付き受講生二人で試験が始

まります。試験内容はこの一年間教室で習得した山行技術等のおさらいです。

 

Dscf1286_1
  一風変わった体操です。 神経回路体操  別名 はかたブラブラ?

Dscf1288_2
  Sさんから注意事項、15項目の試験内容の説明。

 受講生は本日の試験内容が知らされていないために 話に聞き入っています。

Dscf1289_3

 荷物の陰干しではありません。

 日帰り装備のチェックです。雨具・ヘットランプ(呼び電池は)----をザックから

出すように指示がでます。

  

Dscf1295_4
 

試験管のkoさんの厳しい持ち物のチェックが始まります。 eye

Dscf1297_5
 ここでも  ピンチパックの中身? 緊急連絡カード?  試験管のチエックが

入ります。

Dscf1307_6
 出発時の現在地確認・標高?  ここでも試験です。 
Dscf1309_7
  試験管もカンニングです。 ここだねー  標高110㍍ そだねー
Dscf1315_8
 岩場通過 三点指示    ko試験管の厳しい目eye
Dscf1317_9
楽しい昼食です。  厳しい目から解放noodle

Dscf1322_10
 通し8字の結び  合格   スギ花粉が飛散する中でsweat01

Dscf1323_11
 チェストハーネスの結び方  何回習っても難しい 点数ゼロ点? 

試験管 もう一度 やらせてください 私 失敗しないの!

Dscf1325_12
  カラビナの架替え動作          

Dscf1328_13

アイゼン装着    5分以内に装着を 時間超過はゼロ点とSさんから

の指示。   カンベンしてください。
 

Dscf1330_14


Dscf1332_15
卒業試験も無事に終わり下山  上空には飛行機雲が-----

Dscf1333_16
 各試験官は受講生の評価シートにチエックの集約。

  受講生諸君! 試験管を恨まないでネー  恨む人は塾長のKさんです。

  そだねー  

Img081_17
 試験問題シートです。  あなたも チエックしてみませんか?

Dscf1301_16

園芸公園の「枝垂れ梅」  受講生のみなさん 卒業おめでとうございました。

初級コースの人達は 来年はリーダーコースに参加してください。

| | コメント (0)

2018年1月19日 (金)

2018/1/13(土)~1/14(日)  くじゅう山域(冬山・雪山登山技術と装備・雪上歩行)

教育部実技山行計画(らんたん教室初級コース)と(リーダー養成コース)合同でくじゅう山域(おにぎり山付近)で実施、2.3日前からの大雪で絶好の訓練日となりました。

初級コースは雪山での歩き方またワカン、アイゼン装着での歩き方を訓練しました。

翌日は宿(くじゅうヒュッテ)から指山への登攀実施、リーダー養成コースは三俣山へ。

参加者 初級コース 12名  リーダー養成コース 7名

Img_0808
九重青少年自然の家にて準備、途中チエーンを装着してきました。

Img_0811
訓練場のおにぎり山へ、積雪のめぐり合わせラッキーでした

Img_0813

早速ワカン装着の練習です。



Img_0828
雪山初めての IさんにKさん 
Img_0849

雪が膝まであり練習にはもってこいの場所でした。
Img_0821_2
リーダーコースの人達が上がつてきました、流石に足取りがかろやかですね・・・
Img_0862

雪の壁をよじ登って!中々進みません、講師も孤軍奮闘です。
Img_0876

雪山に馴れてきたのか昼食時はあまり寒さを感じませんでした。
Img_0880
Img_0882

今度は講師を先頭にアイゼンの歩行練習です。
Img_0886

食事前にFさんの講義(行動食の取り方、低体温症,凍傷について)、中々食事にありつけません。みっちりと鍛えられます。
Img_1045

やっと食事にありつけました、小鉢が沢山に鍋料理、おまけにイノシシ料理までサービスして頂きました。
Img_0925
今日はいよいよ実践です。

Img_0931
新入会員の方は雪に感動です。

Img_1018

三俣山が目前に!
Img_1019

阿蘇五岳もクッキリ、樹氷も綺麗、冬山に虜になりそう。
Img_0954
風邪気味のHさんヒュッテから大曲までの散策で雪を堪能。

Img_0968
上泉水

Img_0989
くじゅうヒュッテの二階から、三俣山を!

Img_1009

大曲経由指山へ帰りは長者原経由で所要時間6時間30分(リーダーコースは4時間)本当にお疲れ様でした。宿の女将さんがだんご汁で慰労して頂きました。新入会員の方も今回の雪山教室大満足のようでした。これからもしっかり雪山を楽しんでください。講師の方もご苦労さまでした。

                                         by/kokabe






|

2017年12月17日 (日)

新宮海岸(アイゼン、ワカン歩行訓練)

2017.12.16(土) 新宮海岸(アイゼン、ワカン歩行訓練)

天気:曇り 参加者:9名(男性3・女性6)

気温は9度とそこまで低くないが、海岸に出ると風が強い。細かい砂が風に飛ばされ口や目に当たる。
男性3名はCL・SL・講師のみで他は女性。女性の方が元気なのかな?

海岸のすぐそばで訓練だ。

Img_1188

玄界灘には白波が立っている。

Img_1187

先ずアイゼンの装着。5分以内にという指示が出る。

Img_1178

装着したら海岸の砂山に向かって歩き始める。

Img_1173

空はどんよりと曇っている。

Img_1174

全員無事下りてきた。

Img_1176

次はワカンだ。アイゼンを外して履き替える。また5分以内の指示が飛ぶ。

Img_1179

装着したかな?

Img_1180

再び砂山に登り始める。

Img_1181

無事課題を完了して集合。冬山を迎える前に家でも練習して下さいね。


Img_1186

風を避け松林に入ってお昼を頂く。

Img_1193

Img_1189

Img_1190

Img_1191

Img_1192

ブログ撮影を兼ねて見に来た私はここでお暇する。雨も降らないようだ。午後は何の訓練をするのかな? by.akira


| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

第5回 らんたん教室「田原山」

  第5回 らんたん教室「リーダー養成コース・初級コース」

 

日時:2017年9月10日(日曜日)

場所:国東半島 田原山(鋸山)

参加者:リーダーコース(受講生6名・講師10名)  初級コース(受講生9名・講師等8名)

講義内容:①ロープワーク・②地図の見方・③三点指示・④岩場の歩き方等

 

参加数33名、大型バスで国東半島の田原山(鋸山)に行きました。

田原山登山口でリーダー養成コース・初級コースに分かれ、 ロープの結び方

(八の字結び・ムンターヒッチ・簡易チェストハーネス等)を行う。斜面を利用しムンター

ヒッチで下降訓練を行った。炎天下の中を田原山(鋸山)に向けて出発。残念ながら

杉林伐採が行われ日陰なし、風もなし、sun  雫岩の上部には 大きな・大きなハチ

の巣がぶら下がっている。

リーダー養成受講生1名 ハチに刺され下山…病院を受診hospital 

 手が大きくはれて可哀そうにお大事に… 

1
 

  簡易チェストハーネス作り方を学ぶ。 真剣です

2_2
 

ムンターヒッチで下降を学ぶ

3
 

講師の方から 簡易チェストハーネスの作り方を学びます。

 間違った結び方は命にかかわります。正しい結び方を覚えてください。


4
  ムンターヒッチで下降を学ぶ  

      講師の方のeyeが光ります。 アドバイスが聞こえますear


5

 怖いです。 でも楽しいです。


018


分岐点で地図とコンパスを合わせています。 読図の実践
6

 

 

  奇岩怪石の景色上部を望む… あそこの岩山でロープワーク実践

7
 

炎天下の中を汗タラタラ----  斜面が続きます

8
 

  大観望を登ります。  

    八方岳に向かうキレットの下降時はザイルで確保しました。

9
 八方岳の登りです。   初級コースの参加者です。

  怖いですsweat01  三点指示ですょsign02  四点指示…

10


11
 

   八方岳山頂   バンザィ…

12
 

   読図です。 下山ルートの確認

Photo2_3

初級コースのみなさん、楽しそうでしたょ。

 でも、炎天下の中での岩山は暑くて暑くて大変でした。

少しは、慣れたましたかsign03   

 

らんたん教室も 残り3回で終わります。最後まで頑張りましょう。

次回は 10月8日(日曜日)

 

  場所 … 高祖山・叶岳

 

  講義内容…読図実践、道迷い時の対応

|

2017年7月 7日 (金)

第3回 らんたん教室「リーダー養成コース・初級コース」

bell第3回 らんたん教室「リーダー養成コース・初級コース」

◆日時:201771()2()

◆場所:泉水キヤンプ場

◆参加数:リーダー養成コース…受講生4名・講師&お世話係7名

        初級コース…受講生8名・講師&お世話係5名

◆講義内容 ①ロープワーク(8の字結び・ブーリン結び・クローブヒッチ・

 ムンターヒッチ) 簡易チェストハーネスの作り方) ②テント設営  

 ③ツェルトの使用について ④地図とコンパスの実技

  ⑤ハイキングでの危機管理等について(POWerPOint) 

1日目)

コンパスの使い方研修、地図とコンパスを実際に使いながらおにぎり山へ

下山後、ロープワーク、ザイルワーク、テント設営、ツェルトの使い方等講習

夕食後、机上学習(ハイキング・縦走での危機管理について)

 夕食メニューはカレーライス(辛口・中辛)

   restaurantイタリアンコンポート(りんごの赤ワイン煮)

(2日目)    

合頭山・猟師山に地図の見方・コンパスの使い方実践、目標を合わせ分岐にく

るたびに地図とコンパスで現在地確認。林道出合(オオヤマレンゲを楽しむ)

 朝食のメニューは残りのカレー・雑炊(餅入り)

 

  一泊二日の日程で登山実技・机上学習・食事の用意等、

          note みんなで みんなで やったっけ ---

Photo_18

  おにぎり山の登山口で 地図とコンパスを目標に合わせます。
Photo_15

    山頂を目指します
Photo_16
 おにぎり山山頂  三座同定で いる場所の確認   eye

Photo_17
 

     歩きかたについて実技です。 登山道ではありません。

  足元に注意です。 足・ストックを使用して足元を確認。
5
   ロープワークを学ぶ   sweat01(´;ω;`)ウウ・・・    
6
  

  いくら習ってもわからん----  なんで----
7
 ムンターヒッチを使用した下降    ( ^ω^)おっおっおっ

8

   テント設営は初めて みんな楽しそうです。 
9

 
   
10
  ストックを使用したツエルトの張り方  よくできました (v^ー゜)ヤッタネ!!

  ばあちゃんnotes 中高年のみなさん なんだか たのしそうですねsign02

11
   立ち木を利用した ツエルトの張り方

12
  食事の前の講和   カンパイ音頭は マダカ--マダデスカ-- 善さん

13
   ビールがぬくもります。  善さんbeer

15
  合頭山に登る分岐です。 みなさん熱心です。

16
  合頭山頂です。   ガスで周りの景色残念です。

18
  黒川林道でオオヤマレンゲに合いました。 

     きれいです。いい匂いです。

17


14_2

   忘れていました。 ガスバーナーの取り扱いについて実習

 

第4回 らんたん教室

 

日時:8月6日(日曜日)  場所:脊振山系(車谷)

  講義内容:沢歩き・渡渉について

  装備:日帰り装備(ビニール袋に入れて濡れないようにしてください)

     カラビナ3個(安全環付き1固)・スリング3本・ 替えの靴下等

     沢靴(なければ運動靴でも良い) 

     靴が濡れますので 登山靴を持参してください。

  詳しいことは 7月例会時に話します。

|