山行報告

2018年9月20日 (木)

2018年9月17日(月・祝日) 英彦山

         notes祈 り の 道 ・ 英 彦 山 note

 別所駐車場から、英彦山表参道を通り、奉幣殿への急な石段を登ります。
奉幣殿で山行の安全登山を祈願し、玉屋神社・鬼杉コースをたどります。
1_3

山行参加者・・・11名(女性メンバー4名 男性メンバー7名)

山行コース・・・・天神=八木山バイパス=別所駐車場・・・奉幣殿・・・玉屋神社
          ・・・鬼杉(riceball昼食)・・・〈材木石〉・・・〈鎖場〉・・・南岳(石祠)・・・
          中岳(英彦山神社)・・・北西尾根コース・・・〈バンガロー〉・・・
          別所駐車場=しゃくなげ荘spa=八木山バイパス=天神

 台風・豪雨などで、一部崩壊した足場の悪い登山道もあります。慎重に、慎重に
進みます。
2

 垂直にそそりたつ断崖絶壁の岩に組み込まれた「玉屋神社」です。そのスケール
の大きさにビックリ。ここでも厳しい修行が行われたのでしょうか。
 次は英彦山の巨木「鬼杉」へ向かいます。
3

 「鬼杉」に向かう登山道で可愛らしい白い花を見つけました。「アケボノソウ」か?
木陰に咲く花は、チョット寂し気な風情がありますネ。4

 「英彦山の鬼杉」です。ベンチも設置してありますので、ここで昼食をとります。
きっと沢山の登山者が見上げたこの鬼杉が、「私は、皆さんの安全登山を祈る優しい
杉ですヨ」とメンバーに語りかけているような、英彦山のシンボルツリーのひとつでしょう。
Photo

 南岳を目指すガレ場の厳しい登山道が続きます。そして更にクサリ場が続きます。
でもクサリ場を登りきったら南岳が待っているかも。
6

 で、ここが三角点のある南岳(1199.5m)です。ここまで安全に登りきったメン
バーは石祠の神様と共に笑顔で、「に~~~」
8

 修験の山の厳しさを十分味わいながらメンバーは南岳から中岳山頂を目指します。
英彦山神社上宮に参拝した後、その御社を見上げると、屋根が風雨で壊れています。
1200mにある社としては、日本最大級の社であるらしいが、厳しい自然には耐えら
れなかったようです。
 ベンチなどが整備された山頂広場でしばし休憩します。 
Photo_2


 山頂広場から北西尾根コースを辿って、スタート時点の別所駐車場を目指します。
背丈以上に伸びたススキ道を、秋を感じながら進みます。その途中には台風で立ち
枯れてしまった杉の大木が痛々しい姿を見せています。
9

 帰り道の北西尾根コースで見つけた「白いキノコ」と「赤いキノコ」が今回の英彦山
山行のおみやげです。落葉樹の養分を十分に吸収した紅白キノコです。
「可愛らしい?」
10

 巡礼の登山道は、史跡があり、厳しい岩場があり、美しい樹林帯があり、そして
鬼杉のような巨木を見上げながらの満喫した英彦山山行の一日でした。
 「メンバーの皆さん、お疲れ様です。CL、SLのお二人に、ご苦労様でしたwink
                    penWritten by/T.Koike

| | コメント (0)

2018年8月22日 (水)

2018年8月19日 涌蓋山

Photo_3
                        (涌蓋山の山頂標識とマツムシソウ)

sun山行年月日・・・平成30年8月19日(日) 晴れ グレードA☆

sun山行参加者・・・11名(女性メンバー2名 男性メンバー9名)

sun山行コース・・・・天神carcarcar=山田SAmoneybagtoilet=九重IC=地蔵原登山口・・・
           涌蓋山山頂(昼食riceball)・・・地蔵原登山口=馬子草温泉spa
           山田SAmoneybagtoilet=天神

 地蔵原登山口をスタートです。前方に威風堂々とした涌蓋山が待ち構えています。
「今日も暑くなりそう」。しかしCLのY氏の指示どおり、メンバーのザックの中には、
前日から冷凍庫で飲料水を凍らせておいたペットボトルが入っており、熱中症対策
は完璧です。
1_2

 しばらくは木漏れ日の登山道をゆっくりと進みます。存在感タップリの黄色の花が
木々の緑をほんのり照らしているようにも見えます。
2

 登山道の脇にうつむきながら、優し気に咲く花の名は・・・?
           その姿にのんびりと歩いて行きたい気分にもなります。
3

 スタート地点から2時間余、厳しい急登にきつい思いをさせられながら黙々と進み、
暑さにも負けず、大展望の涌蓋山山頂に到着です。春夏秋冬、いつの日も涌蓋山
到着記念写真は、
 この堂々たる山頂標識「湧蓋山 標高一五〇〇M」を中心にVサインです。
今日も早速登頂達成の集合写真撮影です。
4

 もう山頂は秋の気配です。ススキが揺れる山頂での楽しい昼食タイムです。
7

 そしてトンボもススキの穂先でチョット休憩か?Photo

 コオニユリの朱色が、背景の山々に映えて、一段と美しさを強調しているようです。Photo_2

 そして、また秋の野花の代表格・リンドウが一輪、ソ~~~と咲いています。
なぜか見とれてしまう貴重な美しさです。
9

 しばし、の~~~びりと大展望を楽しんだ後は下山です。生い茂った草の中に、
小さな石の祠があります。軽く会釈をして、我々は地蔵原登山口を目指して、
登ってきた登山道を下ります。
10

 体全身に汗したこの山行も、温泉で汗を流し、疲れを癒せば、不思議なもので、
次の山行が、また楽しみになるような・・・気持ちになります。
                        penWritten by/T.Koike

| | コメント (0)

2018年8月15日 (水)

8/11(土)~8/12(日) らんたん教室 初級コース

所  くじゅう山域・泉水キャンプ場(小屋泊り)
目的  地図読み、テント設営講習、ツエルト利用方法 等・・・
本来なら7/7~7/8でしたが大雨の為8/11~8/12に変更、お盆前でしたので参加者は13名(講師3名、受講生10名)でした。
当初のコースを変更して涌蓋山のスキー場登山口からみそこぶし山までの往復。
1/25000の地図で登山道での位置と方向、ピークの確認方法、あくまでもコンパスでスマホは厳禁で行った。3班に分かれてS氏指導のもと実施、難しいかったけど何となく理解したようなしなかったようで1日目の地図読みは終了。キャンプ場に帰ってテントの設営、ツエルトの利用方法の実践、まずまず理解できました。自由時間後ビールで乾杯、夕食。今日のメニューは事前に利用者が多いとのことで炊事場が混雑することが予想されたので探し探し近くのスーパーで幕の内弁当注文、カルビーのたれ漬けに野菜を加えて煮込み煮、キャベツ、キュウリの塩麴漬け、朝食はスパゲッティで評判は上々。
二日目はテントの片付けをして天候勘案して当初の予定を変更し合頭山、猟師山へ、昨日の地図読み、位置、ピークの確認を途中途中テストしながら実践、大体皆さん理解できました。
Img_5382
先ず地図を北に合わせて・・・
Img_5383
今何処にいるんでしょうか?
Img_5395
一時の緊張感から解放され笑顔笑顔
Img_5397
ピークは?講師はきびしい・・・
Img_5404
はじめてのテント設営、居心地は上々、嵌りそうcoldsweats01
Img_5414
まだまだ、次はツエルト設置
Img_5420
やっと解放されましたhappy01 乾杯
Img_5434
幕の内弁当では?食担の任務は豪華な肉料理です
Img_5448
翌朝テント干し作業
Img_5460
二日目、今日は絶対にマスターせねばと思いつつ・・・
Img_5486_3
テストです、ちゃんとできた人から進んで下さいcoldsweats02 講師は厳しいbleah
Img_5499_2
やっと終了しました、皆さんご苦労さまでした。 猟師山にて。
Img_5521
帰りにゆけむり茶屋で乾杯、講師のSさん、協力委員の方、食担の方々
ご協力有難うございました。
                                 by/kokabe
 

|

2018年8月14日 (火)

2018.8.12(日)金山沢(坊主滝)沢登り

2018年8月12日(日) 金山沢(坊主滝)沢登り 天気:晴れ
参加者:12名(男性7名・女性5名)

小爪沢が台風で中止のため、2回目の沢登り。ここの沢も内住峡のように広々として明るい。しかし厳しい滝も幾つかあり、皆さん滝の水を浴びながら苦労して登って行った。

Img_2484_2

入渓前に坊主滝の前にて。

Img_2488_2

ハーネス、ヘルメットなどの装備を装着して入渓。

Img_2494

早速滝登りが始まります。上ではベテラン二人がロープで確保しています。

Img_2500

今度はは滑り台のようななめ滝を、お尻で滑りながら深みのある釜に飛び込みます。子供のようにはしゃいで。

Img_2502

 Img_2504_4

Img_2510

ロープを持ちトップで登るKさん。かなり厳しい滝です。後続は確保してもらいますが、それでも水圧が強い。

Img_2515


Img_2517

待ち時間の一休み。

Img_2518

もうすぐ終了点。

Img_2527

猛暑の中の沢登りはやはり気持ち良い。入浴後、帰りの車でポツポツ雨が降り出し、猛烈な雨とカミナリが鳴り始めた。早く下山しておいて良かった。 by.akira

| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

2018年7月19日~23日・飯豊連峰避難小屋泊まり縦走(後半)

(*^-^)参加者7名(男性2名・女性5名)  天気 強風typhoon・曇りcloud   グレードB

three7月21日(土)
切合小屋・・・草履塚・・・御秘所岩場・・・本山小屋・・・飯豊本山・・・高原お花畑・・・
御西小屋・・・天狗岳・・・烏帽子岳・・・梅花皮岳・・・梅花皮小屋(宿泊)

Img_20180721_052316_1_2
5:23切合小屋前にて、今日の長い縦走に向けての出陣式で~す。エイエイオーup
ちょっと雲が怪しく、風が強い。ただ雨は無いであろうとの予報で・・安心です。
昨日のような痛いような刺すような直射日光に当たり続けるよりはずっと良いかも
しれません。 

_dsc0096
小屋を出ると又々お花畑が迎えてくれます。良い気分になった所で・早速雪渓です。

Cimg1512
小屋を後にし・・雪渓を渡り・・急登に入ります。昨日歩いた稜線が見えています。

Img_20180721_055734
早速チングルマ(バラ科・落葉矮性低木)の可愛い群生です。この先ずーっと
ずーっとチングルマ登場します。

Cimg1538
姥権現手前まで来ました。かなりの強風です。

_dsc0112
6:42 強風をこらえてお花畑の中を進みます。
クルマユリ・マツムシソウ・コキンレイカ・ネバリノギラン・ミヤマトウキ・
ハクサンフウロ・ヨツバシオガマ・イブキトラノオ・アキノキリンソウ・ハクサンシャジン
・等々もっともっとtulip

Cimg1537
コキンレイカ(別名ハクサンオミナエシ・・オミナエシ科) 本州の日本海側に
分布する。昨日の剣ヶ峰辺りからず~っと登場しています。ずーっとズーット。

_dsc0115
6:50 御秘所と呼ばれている花崗岩の岩場通過です。両側にコキンレイカです。
昨日も剣ヶ峰の岩場に多く咲いていました。コキンレイカは岩場好きのようですよ。 
ところで、今日は昨日のような厳しい暑さは無くラッキーです。

Cimg1555
8:00 出発から約2時間30分で本山小屋に到着upnote
強風typhoonに飛ばされないよう踏ん張りましたdenim この小屋手前でイイデリンドウ
初登場してくれました。名札付きでしたよ。この後ずっとイイデリンドウ登場します。

Img_20180721_081327
いよいよ飯豊本山に向かいます。先導ありがとうございま~すshoe

Cimg1561
さあいよいよ飯豊本山ですよ~upwardright

Cimg1566

Cimg1567
イイデリンドウ・飯豊のshine星☆と呼ばれています。鮮やかな色美しい姿に感激heart04

Cimg1574
8:30 やって来ましたーnotes飯豊本山(2105.1m) happy01さんくす♪(o ̄∇ ̄)/happy01
     ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Img_20180721_094303_1
飯豊本山より西へ緩く下って行きます。こんな素晴らしい登山道を歩くとは!!
3県にまたがる大山地で、豪雪と季節風の影響で山肌は急峻ですが、稜線上
は残雪と高山植物が豊富なたおやかな地形にもなっているとの事。
厳しさと優しさの共演・競演ですね。

Cimg1609
飯豊本山を振り返って・・・。素晴らしいsign03

Cimg1611
ニッコウキスゲ・コバイケイソウ・の群生・・・。伸びやかに大らかに咲き誇って
います。勿論他の花々も足元に沢山咲いています。素晴らしいの一言sign03

_dsc0162
10:20~10:45 今日の行程中約中間地点にある御西小屋横で風を除けて
japanesetea昼食タイムをとりました。昼食後梅花皮(かいらぎ)小屋目指して出発です。
御西小屋の管理人さんが見送って下さいました。

Cimg1647
御西小屋から梅花皮小屋までの長い縦走路です。凸凹を繰り返しながら進みます。

Cimg1649
雪渓をいくつか踏んでお花畑の中を進みます。右下は切れ落ちています。慎重!

_dsc0174
雪渓が溶けると同時に咲いてくるハクサンコザクラ(サクラソウ科・本州:日本固有種)
です。 可愛いの一言ですね。あちこちに咲いていました。

_dsc0180
キヌガサソウ(ユリ科・本州:日本固有種)です。池塘の側に咲いていました。

Cimg1667
ミヤマウスユキソウ(別名ヒナウスユキソウ・キク科・・本州東日本・日本固有種)
至る所で群生を見ます。

Cimg1677
14:10 烏帽子岳(2018m)到着。梅花皮小屋まで・・後60分強位のよう・・。

Img_20180721_164606
16:46 house梅花皮小屋内にて火を使っていいとの事・・外は強風なので助かります。
楽しい夕食restaurantタイムですが・・う~ん!?私持参の食料は・・何とも言えません。

Img_20180721_1910311
19:10 梅花皮小屋そばから見た美しい夕日です。今日一日の素晴らしい縦走
を終えて感謝・感謝で・・就寝です。 sleepy night   

four7月22日(日)
梅花皮小屋・・・北股岳・・・門内岳・・・門内小屋・・・扇ノ地紙(梶川尾根分岐)
・・・地神山・・・地神北峰分岐・・・丸森尾根・・・飯豊山荘(宿泊)

_dsc0004
一晩お世話になりましたhouse梅花皮(かいらぎ)小屋です。

_dsc0010_2
5:20 飯豊山荘側登山口から梅花皮小屋前に登り上がって来る石転び沢雪渓
(梅花皮沢)コースです。深い谷です。手前の黄色い花はオタカラコウです。
さあ今日は下山日ですが、凄い強風typhoonとガスの中出発です。

_dsc0014
6:00 最初のピーク北股岳(2025m)到着です。周りは真っ白。

_dsc0015
準備段階からよく頑張りましたねshineトレーニング山行でも鍛えられましたね。

_dsc0031
8:30 強風にもめげずガスにもめげず、花々を愛で愛で・・写真を撮り撮り
丸森尾根に入る直前まで進んで来ました。沢山の写真ありがとうcamera

_dsc0035
9:00 丸森尾根下山路に入ってすぐキンコウカ(ユリ科)に出会いました。
丸森尾根はザレ道の凄い急坂でdownwardright気を抜けない集中力を要するコースでした。
・・どのコースも凄いらしいですが・・

_dsc0047
丸森尾根から見える・・各々稜線に競り上がっている険しい尾根尾根が凄い。

_dsc0059
14:40 飯豊山荘前に下山して来ました。リーダー・皆さまお疲れさまでした~heart02
皆様ありがとうございました~。無事下山感謝感謝heart01 素晴らしい山行でした。

Cimg1713
バンザーイ(v^ー゜)ヤッタネ!! CLお疲れ様でした。ありがとうございました~up
渉外等々お手数ありがとう~up 必死で軽量化・・楽しかった~(・∀・)イイ!

_dsc0060
バンザーイ(v^ー゜)ヤッタネ!! 宝満小屋でのご飯美味しかった~riceball 
多めの水を持って下さってありがとう~up 
皆々さんありがとう~upnotes♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

_dsc0063
4日目のお宿「飯豊山荘」お世話になります。言うまでもなく・・温泉spa・ビールbeer
走ります~。美味しい夕食に・・ホットします。感謝感謝☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:

club飯豊連峰はわずか2000m級の山域であっても・・深山幽谷の趣・・雪渓残る
深い深い谷に険しい支尾根が多数派生する何とも見事な山域(山塊)でした。
険しい岩稜・深い谷々とは対照的な可憐、愛らしい延々と続く花々の共演。
相異なる両者の競演にただただ感嘆の声を上げるばかりでした。

five7月23日(月)
飯豊山荘=小国=(米坂線)=米沢=東京=博多

_dsc0071
米沢10:37=つばさ136号=12:48東京 初めての山形新幹線でした。
米沢牛駅弁を頂きました。感謝の興奮冷めぬ内に福岡に着きました。
又近い内にあだると山の会の定例で計画されると良いですね。
(  by/ Fusako  I.  ・   photo/ Kojima   Takaisi    Takaoka   )

 

| | コメント (0)

2018年7月19日~23日・飯豊連峰避難小屋泊まり縦走(前半)

heart参加者7名(男性2名・女性5名)   天気 晴れsun酷暑   グレードB

spadeここ数年間、飯豊連峰に出かける機会を考えていましたが、今年「あだると会
の定例山行」として実施する事が出来ました。酷暑・強風・雪渓・ザレ道の急坂道
等々を乗り越えた山中2泊3日の縦走をご覧下さい。
「日本百名山」によると「殊に感服したのは、その主脈の峰峰がいずれも堂々と
独立して、まるで一城の主のように大きく見えた事である」と評されています。
期待と不安の中・・7人で挑戦ですribbon

one7月19日(木)
bullettrain博多7:33発の「のぞみ8号」で、いざ出発sign01 東京駅から東北新幹線に乗り
換えて福島県郡山駅下車です。磐越西線にて「山都駅」へ。

_dsc0011
17:50喜多方市山都町~川入の民宿「村杉荘」に到着。美味しいお食事・
登山口への送り等々お世話になりました。川入は限界集落となっているそうです。

two7月20日(金)
下南沢登山口・・・剣ヶ峰・・・三国岳(三国小屋)・・・種蒔山・・・切合小屋(宿泊)

_dsc0013_8
5:30いよいよ下南沢登山口から北上縦走です。登山口から花盛りでした。
熊鈴bellをチリンチリン鳴らしながら進みます。

_dsc0021
暑い暑い樹林の中の急登をあえぎあえぎ登ります。とにかく汗が流れ落ちます。
衣服は絞れるほどびしょ濡れです。脱水症が心配coldsweats02 ι(´Д`υ)アセアセ
ただ花はずっと続きます。何とか頑張る内に長坂尾根に合流して一安心。

_dsc0022_2
8:20 合流点から30分位(登山口から約3時間弱で)地蔵山下の水場(峰秀水)
に到着。タオルを冷やして汗を拭きます。あ~気持良いな~down ホット一息。
皆さんのおっしゃるには・・・ここの水が一番美味しかったそうです(・∀・)イイ!

_dsc0031_2
ホットしたのもつかの間です。30分もすると剣ヶ峰の岩稜に入ります。

Cimg1406
三国岳(三国小屋)へと続く剣ヶ峰の岩稜が約1時間20分続きました。

_dsc0032
水分休憩です。とにかく暑いwobbly

Cimg1411_2
この岩稜帯にもお花は両側に沢山咲いています。ず~っと花は続きます。

_dsc0033
あと30分弱で三国小屋です。

_dsc0036
(v^ー゜)ヤッタネ!!三国小屋到着で~すscissors 冷たい飲料水買おうーupと喜んだので
すが、すぐ温まりました。かなしい(ノ_-。)

Img_20180720_101113_1
10:15三国小屋横にて昼食です。村杉荘のお弁当です。日陰でホットします。
トンボが多くて・・顔に寄ってくる虫がいませんでした・・助かりました。

_dsc0034
三国小屋より切合小屋方向です。この写真の中間に見えるなだらかな稜線の
向こう側に切合小屋があります。今から約2時間強進みます。
三国小屋でホットしたのもつかの間。暑さで苦戦しながらの歩きになりました。

Cimg1421
道中両側は花盛りなのです。センジュガンピ(ナデシコ科・中部地方以北に生育・
日本固有)・ミヤマクルマバナ(シソ科・中部~東北の日本海側・日本固有)
アップした画像がぼやけるのが残念ですが、花々の乱れ咲きです。

Cimg1456
12:03 一番後方のピークに三国小屋が建っています。切合小屋までの
中間点を過ぎた辺りです。直射日光に刺されながら?凸凹を越え頑張りました。

_dsc0050
12:15三国小屋を出発してから約1時間45分・・・今日の宿泊地切合小屋・
明日通るであろう雪渓・御秘所岩場・本山小屋・飯豊本山等々はっきり見えて
きました。lovely感動です。

Cimg1467
東北(東日本)の誇るヒメサユリも堪能しましたlovely  日本固有種
(ちなみに西日本代表はササユリです。)
Cimg1472
「~歩く姿はユリの花~」と日本女性の美しさconfident(和服姿でしょうか?)をユリに
たとえています。ユリの華やかでかつ楚々とした清楚な美しさがたまりませんね。

Img_20180720_130307
13:00切合小屋直前に開けた場所に出ました。明日歩く予定の御西岳方面
が見えています。真ん中のピークは大日岳です。手前の花はマツムシソウ・
アキノキリンソウ等・白い花はミヤマトウキ(滋賀県以北に生育する日本固有種)
登山口からずーっと花盛りなのですが、全部の写真を載せられないのが残念
です。ぜひ皆さん飯豊山にいらして下さい。勇壮な山並みと可憐な花々の共演
に1日目から驚いています。これほどの山域は初めてかもしれません。

Cimg1492_3
花々に囲まれた素敵な開けた場所で大日岳をバックにニッコリです(o^-^o)

_dsc0082
13:00過ぎにはhouse切合小屋に到着しました。
ゆっくりザックの整理をし、落ち着く事が出来ました。水場は小屋の真ん前です。
ウェア-の水洗いもOKという事で全員上着等々を水洗いして干しました。

Img_20180720_170917_1
17:10 houserestaurant夕食も終わり・・陽もだいぶ傾き・・そろそろ就寝の準備です。
一人静かに瞑想されていますか?(それとも歯磨きかな?)
皆様今日一日お疲れ様でした~confident sleepy night  

three7月21日(土)
切合小屋・・・草履塚・・・御秘所・・・本山小屋・・・飯豊本山・・・高原のお花畑
・・・御西小屋・・・天狗岳・・・烏帽子岳・・・梅花皮岳・・・梅花皮小屋(宿泊)

縦走2日目です。長くなりますので前半・後半に分けて公開させて頂きます。
今回の写真の元は綺麗にピントが合っていますが、このページに入れると
少々ぼやけます。原因が分からずに・・お許し下さい。
(by/ Fusako I.・ photo/Kojima  Takaisi  Takaoka )・・・後半に続く・・・

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

2018年7/13~17日 鳥海山・月山(花の百名山)

参加者  女 6名 
 今年は梅雨明けが早く好天が期待された東北の花の百名山
  女性だけのパーテイで行ってきました。
7/13 福岡空港からairplane仙台空港レンタカーcar
    東北道~山形道で遊佐町を目指します。
    太平洋~日本海までの陸路横断です。
    山形を通り秋田に近づいても鳥海山は深い霧の中
7/14 朝になってもガスが濃く出発を遅らせました。
    Dscn0537_2
  鳥海山 鉾立登山口 
3連休という事で何台もの車がすでに止まっていました。
Dscn0538
展望台から奈曽渓谷 鳥海山は雲の中
Dscn0541
登山道は石畳みの道です。1時間歩くと雪渓の通過です。
Dscn0542
元気なメンバー達です。ガスもはれてきて良かったですね。
Dscn0550
御浜小屋ときれいなトイレです。日本海も見えてきました。
Dscn0563
外輪山に向け登り、千蛇谷に急下降します。
長い雪渓をつめていきます。ガスが無くて良かった。
Dscn0576
約6時間かかり大物忌神社に到着。今夜の宿です。
個室に泊まる事ができました。
Dscn0546
鳥海山の固有種 チョウカイアザミ
Dscn0588
チョウカイフスマ
Dscn0577_7
宿に荷物を置いて
新山にむかいます。大石が積み重なった道です。
自然の力に脱帽です。
Dscn0579_4
大きな石を飛び越えてくる「おてんばメンバー」
 
Dscn0581
新山登頂。heart04
Dscn0583_2
新山からの下山は胎内くぐりルートを通過します。
いい人に生まれ換わります。
Dscn0584
誕生したメンバーNさん。  おめでとうございます。birthday
Dscn0593
大物忌神社 からの夕日。 明日の晴天を祈願します。
Dscn0597
7/15 sun
新山からの雪渓は早朝、日の当たらない影で硬く、傾斜があり
滑りやすいのでアイゼン使用のトラバースです。
Dscn0596
雪渓を通過。ホットの笑顔のメンバー。
Dscn0600
外輪山の七高山。
数年前はガス・あられ・強風で何もわからないままの登頂でしたが
今日は山の様子がよくわかりました。
Dscn0602
その時、登った祓川方面。 雷雨で1時間あまり待避した避難小屋が
見えています。(嬉)
Dscn0607_2
行者岳~伏拝岳~文殊岳と外輪山を縦走しました。
急坂、梯子などの道で右側をのぞくと昨日歩いた千蛇谷の雪渓を
登る人がアリさんみたいでした。
Dscn0608
外輪山
Dscn0610
御浜小屋まで降りてきました。昨日はガスがかかっていました
今日のは瞳の鳥海湖。
Dscn0614
間もなく登山口です。 鳥海山が見送ってくれました。
ありがとうpaper鳥海山。
明日は月山に登ります。scissors                   by/M・sato

| | コメント (0)

2018年7月23日 (月)

2018.7.21 由布岳

参加者  9名(男3女6)

天気  曇り、時々雨

 連日の福岡の猛暑(と19日の九重の記事でも書きましたが)
九重は木陰を歩いていくからよいけれど、由布岳は上部は樹林がありません。
暑さにかなりの不安を抱きながら参加。

天神集合の折、参加者とCLの間に齟齬があり、出発できるか心配しましたが
無事に由布岳登山口に合流できました。

P10208711
驚いたことに登山口は雨。
雨具をつけるほどでもないけれど、かなり涼しい。
ガスの中のトイレ。立派なトイレができています。

P10208721
由布岳は雲の中。

草原を吹く風が心地よい。

P10208731


新しい標識ができていて、由布岳は外国人にも人気の山。

P10208741
合野越しで一休み。涼しいのでとても楽。

P10208771
ウツボグサがきれい。

P10208801
下ってきた外国人が「上はタイフウ、カゼツヨイ」と教えてくれたので
マタエ直下で休憩。

P10208841
マタエはタイフウです。休まず通過。
ショッキングな看板が立ちましたね。

P10208851
ガスの山頂も風情があります。

P10208861
ミストのせいか花の色が鮮やか。

P10208881
白いホタルブクロ

P10208871
シモツケ、高山植物はシモツケソウですが、これは木。
横にオカトラノオも。

P10208891
ノリウツギも鮮やか


P10208901

集合写真。700番台の人が半数。由布岳山頂の標識が移されていました。

P10208921
こんな色のホタルブクロもありました。

P10208931
樹林帯を行くメンバー

P10208951
降りてきてホッと一休み。

P10208961
野焼きの後の新緑がきれい。

P10208971

四季折々、ルートもいろいろで由布岳はいつも楽しませてくれます。

                           by:tsuzuki

| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

2018.7.19 九重 暮雨の滝から雨ケ池

参加者 18名(男6、女12)

天気   晴れ

 今年の連日の猛暑、家にいても暑いばかり。
ということで九重の暮雨の滝へ涼を求めて、、、
P1020818_2
マイクロバスで大船林道の登山口まで。下山は長者原なので車を回して
いただけて大変ありがたい。

暑いことは暑いけれど木陰はひんやりするし、時折の涼風にホッとしたり。
歩き始めてしばらくは急な登り、急登は短いのがこのコースの利点。
20分ほどで沢沿いのトラバース道をほぼ平坦に歩きます。
沢音がだんだん大きくなってくると滝への分岐。
久しぶりに下ったらとても整備されれ歩きやすくなっていました。

P1020826

滝、爽やか。周りの緑も心地よい。

P1020828
沢に手を漬けたり、水をかけたり…  子供に帰って?

P1020835

樹林帯を抜けると林道からの合流点で坊がつるへ向かいます。

Effect_20180720_120153

坊がつる:九重連山に取り囲まれた貴重な湿原。

P1020847


日陰はないけれど爽やかな空気の下でランチタイム。
ベンチは熱せられて熱々です。

Effect_20180720_120220

坊がつるから雨が池へ。花を愛でながら

Effect_20180720_120239


雨が池の木道
ここは雨が降ると池になるようですが、まだ見たことはありません。

P1020853

雨が池で全員集合
陽射しが暑い!

Effect_20180720_120302
渡りの蝶アサギマダラが遊んでいました。
ここで渡りは止めちゃうの?それとも旅の途中?

P1020864
今回の山行目的、ノハナショウブ

P1020868
ヒゴタイの開花には少し早かったですね。

8月にまた来よう!

P1020869
いつも九重を見守っている「平治号」

      by:tsuzuki  phot by:かずさん&tsuzuki














| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

2018.7.16 内住峡沢登り(初級)

2018.7.16(祝) 内住峡沢登り(初級) 天気:晴れ
参加者:15名(男性10名・女性5名)

今年初めての沢登り。車3台で天神を出発。連日猛暑が続き沢登りにはもってこいの天気だ。登山口でハーネス、ヘルメットなどの装備を装着。2班に分かれて入渓する。水量は思っていた通り多いが水は澄み切ってきれいだ。深みのある釜が幾つもあり、小滝を登ったり釜に浸かったりと、大人の川遊びを楽しんだ。

Img_2296

1班から入渓します。

Img_2309

堰堤で早速水を被るM、Mさん達です。

Img_2313

小滝をロープで確保します。

Img_2326

滑り台で釜に飛び込むI.Jさん。

Img_2328

釜に浸かり悠然と微笑む二人。

Img_2330

この深みにSLがお助けのスリングを出します。

Img_2333

深みの釜を進みます。

Img_2340

岩の流れの中を登ります。

Img_2357

高さのある滝をロープで確保しながら登ります。後ろではPLがそのロープを更に確保しています。

Img_2367_3

入入渓から2時間半程の沢登り。大きな滝はないものの広々とした沢で気持ちが良い。後3回の沢登りが計画されています。涼しい~寒いに変わるかも知れない沢を楽しみましょう。by.akira







| | コメント (0)

より以前の記事一覧