« 2019年5月1日(水) 九重:黒岳 | トップページ | 2019.5.5(日) 令和元年らんたん教室・第1回・四王寺県民の森 »

2019年5月 5日 (日)

2019年5月4日(土) 四王寺山

Photo_11
 🎶山行コース⇒ 大宰府政庁跡・・・(坂本八幡神社)・・・大石垣・・・水城口城門跡・けいさしの井
        ・・・広目天礎石群・・・大城山(410m)・・・毘沙門堂・・・八ツ波礎石群・・・
        県民の森センター(昼食)・・・猫坂礎石群・・・馬責め・・・岩屋城跡・・・春の森・・・
        大宰府政庁跡

  皐月晴れの5月4日、大宰府政庁跡が本日のスタート地点です。新元号「令和」となって、一躍
全国区となった≪坂本八幡神社≫の前を通ります。
 手書きの御朱印をいただく人々、参拝の順番待ちをする人々で長蛇の列です。メンバーはその
列の間を縫って新緑の四王寺山を目指します。
Dsc05911 

 爽やかな自然林の登山道を進み、大石垣を経由して、急坂を登り詰めると展望の良い登山道
です。宝満山、三郡山などの、馴染みの山々が展望できます。俳句の春の季語で「山笑う」と
いう表現があるらしいのですが、山肌が新緑で、「山笑う」に相応しい山の明るさを感じる展望
です。
Dsc05927
 
 本日のCL・Kさんから「水城口城門跡」「けいさしの井」などの各史跡の説明を受けながら、
さらに新緑の登山道を進みます。三十三石仏のひとつ「27番札所・如意輪観音菩薩」では、
それぞれ表情の異なる三面の優しいお顔がメンバーの心を和ませます。Dsc05934

 四王寺山地最高峰の大城山(おおぎやま)山頂ですが、樹木に囲まれて展望は良くありません。
近くの毘沙門堂で安全祈願をして「県民の森センター」を目指します。センター休憩舎で昼食です。
Dsc05941

 昼食後は、「猫坂礎石群」などの各史跡を巡って、スタート地点の大宰府政庁跡を目指します。
左下の建物が「県民の森センター」です。新緑の木々の中に、赤色のもみじが一段と鮮やかに
見えます。
Dsc05957

 木漏れ日の美しい登山道が続きます。岩屋城跡経由で、ナラ、カシなどの木々の登山道を進ん
で、古代山城史跡巡りの散策コースは間もなく終点です。Dsc05969

 新緑の四王寺山をバックに、「都督府古跡」石碑を囲んで集合写真です。
4月に入会したYさんは、今回が山行初参加とのこと。「参加の感想はいかがでしたか?」
Dsc05974

 ここからは、「令和」で賑わう《坂本八幡神社》風景です。大伴旅人さんも、静かな集落だった
のが、「令和」の二文字で、有名になり、この人出に「ビックリ❢」していることでしょうネ。
 記念すべき「令和元年五月四日」の手書きの御朱印をいただきました。九州一の繁華街の天神
経由で帰ります。
Photo_13 

Photo_12
                        ✒Written by/小池😃




                    

 

|

« 2019年5月1日(水) 九重:黒岳 | トップページ | 2019.5.5(日) 令和元年らんたん教室・第1回・四王寺県民の森 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年5月1日(水) 九重:黒岳 | トップページ | 2019.5.5(日) 令和元年らんたん教室・第1回・四王寺県民の森 »