« 2019年5月4日(土) 四王寺山 | トップページ | 2019年5月6日(月) 犬ヶ岳から求菩提山縦走 »

2019年5月 6日 (月)

2019.5.5(日) 令和元年らんたん教室・第1回・四王寺県民の森

山 域: 福岡県・四王寺山
日 時: 2019年5月5日(日)
天 気: 晴れ 気温:17度
参加者: 計30名【内訳  初級コース10名(男性5名・女性5名) リーダーコース7名(男性3名・女性4名)講師13名(男性8名・女性5名)】

Rs_dscf2085

あだると山の会では、

 ①危険から身を護る安全登山技術を習得する。
 ②交流を通じて参加者の仲間意識を創り育てる。
 ③会運営を担うことが出来る人を育てる

……という観点から、年度を通じて
「らんたん教室」を開催しています。


コースは

 初級 :登山経験年数の短い新入会員、及び基礎を復習したい既存会員など誰でも参加できます

 リーダー養成コース :初級コースの終了を原則にAグレード山行のリーダー養成をめざします


……ということで、2019年度もらんたん教室の第1回が開催されました。


Rs_dscf2041

第1回は、集中講座。山で必要な知識・技術を1日かけてみっちりと学びます。

Rs_dscf2043

天候は快晴ですがちょっと寒いです。
なんじゃもんじゃの花がとても綺麗に咲いていました。



■開講!!

Rs_dscf2047


9:00 会長・副会長より開講の挨拶。いよいよ開講です!!



■山行計画・日帰り装備

9:15 まずは講師のA・Hさんから山行計画についての講義がありました。自分の力に合わせた山行に参加することから、そういった山行を計画し、下見し、計画、実施するところまで総合的な講義がありました。

Rs_dscf2051

9:50 次は講師A・Cさんから、日帰りの装備の説明がありました。

三種の神器(登山靴・雨具・ザック)からヘッドランプ、緊急連先や持病を記したカード、緊急時の薬やサバイバルキットの入ったピンチバックの中身、ヘッドランプと予備電池の必要性から、ツェルトやエマージェンシーシート、その他あると便利なグッズや、テクニックなどの講義が、実際の山行に使っている実物を使って説明がありました。

これはためになる!!


■読図・地図とコンパスの見方と使い方

Rs_dscf2061

11:15 つづいて受講者は頭と手を使った実技訓練に突入。講師はM・Nさん。

まずは、地図をみること、距離感、コンパスの使い方、磁北線の引き方、等高線の見方、整地の仕方、進行方向の特定など、みっちりと地図に必要な講義です。

GPSやYAMAPなどデジタルデバイスなど山でルートや位置を確認する手段は便利になってきましたが、だとしても、紙の地図とコンパスの基礎を学んでおくことの重要性が説かれました。

やってみると、これがむつかしい!!!


■緊急時の応急処置

Rs_dscf2070

13:05 午後からは、登山中に起きる、事故・病気・ケガへの対処を学びます。講師はO・MさんとF・Iさん。

まずは緊急時の対応について、リーダーが役割を与えて、記録・処置・連絡など、あわてずおちついて事にあたることを学びます。過去の教訓がかたられただけあって実に説得力があります。

そして、人工呼吸の基礎的な対処、登山中の健康管理、三角巾と新聞紙を使った骨折時の対処方法、骨折・捻挫時のテーピングまで、内容が盛りだくさん!

これらを覚えておくか、全く知らないかで、まさに生死にかかわります。

今すぐ身につけられなくても意識して技術を習得していきたいですね!


■ロープワーク

Rs_dscf2075

Rs_dscf2079

14:10 S・Kさん、K・Jさんを中心にして、会の熟練メンバーとともに、山で必要なロープワークと、テントやツェルトの設営を学びます。

山で必要なロープの結び方、カラビナの扱い方など、まさに山の会ならではの実技訓練です。

初級は
 クローブヒッチ
 ムンターヒッチ
 ダブルエイトノット
 エイトノットフォロースルー(通し八の字)
 ボウライン
 簡易ハーネス
 カラビナの架け替えのセット

リーダーコースは
 フリクションノット
 オートブロック
 クレイムハイスト
 フィックス・ロープの支点の作り方

……と目が回りそうなほどの技術が講義されました。これらは今覚えるわけではなく1年をかけてじっくり・確実に覚えていきましょう! 年度末には卒業試験がありますからね!



■テント&ツェルト設営・撤収

Rs_dscf2085

15:30 ロープワークの次はテントとツェルトの設営体験です。初級受講者は大きなテントを共同で設営し、リーダー受講者はペアでツェルトを設営、さらに撤収まで行います。

すばやく、テキパキと! やってみるとこれが大変です。


■まとめ・補足・次回の説明

16:05 実技訓練が終わったら、補足説明、質疑応答、次回のらんたん教室の説明がおこなわれ、無事終了となりました。



いやぁ、頭から知識があふれだすほど盛りだくさんの内容でしたね。
ちゃんとおぼえきれるのでしょうか…… 
とてもドキドキします。



次回は6月9日。九千部山(くせんぶやま)で読図の実践です!

|

« 2019年5月4日(土) 四王寺山 | トップページ | 2019年5月6日(月) 犬ヶ岳から求菩提山縦走 »

教育システム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年5月4日(土) 四王寺山 | トップページ | 2019年5月6日(月) 犬ヶ岳から求菩提山縦走 »