« 2019年3月21日(木・祝日) 井原山 | トップページ | 2019年3月22日(金)~25日(月)能登半島 雪割草 »

2019年3月28日 (木)

平成31年3月24日(日)  外海・出津地区探訪      夕陽が丘・協会・文化村周遊

 参加者  男性 2名  女性11名  計13名

今回は長年会で活躍された1993/3月入会の本田さんの送別会を兼ねて海の綺麗な長崎の外海へ。

空も海も歓待したのか紺碧の海に紺碧の空の下綺麗な海岸線を眺めならの散策ができました😃

観光案内版で「恋する夕暮れ」キリシタンの歴史と美しい夕陽に彩られる外海地区。苦難に満ちた

キリシタンの史跡が残る黒崎・出津エリアや隠れキリシタンと小説『沈黙』ゆかりの場所や遠藤周作

文学館等周遊してきました。

Img_8440

枯松神社 日本には三カ所しかないと言われるキリシタン伝道士を祀った神社

Img_8448 

遠藤周作文学館 ここからの展望は抜群

Img_8468

本田さんお疲れ様でした、今後とも益々のご健康お祈りいたします. 

 文学館前庭にて。

Img_8446

道の駅 夕陽が丘そとめ   ここでバイキング昼食  新鮮なさしみ等味付けも最高。

Img_8491

遠藤周作の小説「沈黙」の舞台となった黒崎にある赤レンガの美しい教会

Img_8498

Img_8513

出津文化村を散策

Img_8525

ド・ロ神父ゆかりの場所  出津協会

ド・ロ神父記念館Img_8538

遠藤周作の名作「沈黙」にちなんで建立。写真には写っていませんが「人間がこんなに哀しいのに主よ海が余りに碧い

のです」と刻まれています。

Img_2227-640x413_2

 場所は違いますがこの写真は私の友人が撮ったものです、青い海がオレンジ色へと染まりやがて紫色

になっていくのではと一人想像しています。

                      by/kokabe

 

 

 

  

|

« 2019年3月21日(木・祝日) 井原山 | トップページ | 2019年3月22日(金)~25日(月)能登半島 雪割草 »