« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

2018年11月29日 油山十六景前半

11月29日(木) 晴れ
参加者 11名(男性4名 女性7名)

昨日に続いて福岡市の低山。市民の森となっている油山に超詳しいKさん。
油山十六景というのが昭和の初めに制定されているとのことで今回はその
前半部分です。
後半はすでに終わっていて前半は雨のため延期となっていました。

油山は昔は椿油を取っていたのが名前の由来で昔から親しまれてきた里山です。

P1030395
1番六地蔵
今はあまり訪れる人もいないようで藪漕ぎ状態でした。
P1030398
明治の廃仏毀釈で頭を斬られて頭部は石ころです。

次に油山観音へ向かいます。
P1030403
紅葉も残っていて山の中のお寺は風情があります。
P1030404
最近作られた物らしいけど山頭火の句碑がありました。

「けふは霰にたたかれて」  良いですねえ!

P1030405
境内の石畳

P1030407

四番新羅式石門
P1030409

P1030415
五番光が滝
P1030416

水がないので光らない!
P1030418
二番坊住跡、庵がいくつかあったんですね。
P1030419
三番椿西国師学寮跡。1500年頃ここはたくさんの若いお坊さんが
修行してたらしい。

P1030422
七番浩然台。今はただの植林地

この辺りから本格的に登りになりしばらくあえぎながら稜線にでる。

P1030425
八番妙見岩 昔はここで雨乞いしたらしい
今はすぐ高いところに登りたがるSさん登頂

P1030429
九番国見岩 こちらはHさん登頂

あだるとの元気な女性達

あちこち見ながら山頂に着いたらちょうどランチタイム。
みんなで記念撮影です。

P1030432


山頂から一目散に下り
リーダーから「歩き足りないでしょうから」の愛の鞭で前回見た
十三番白波の滝へ向かいます。

1543535316973
紅葉も残ってきれいでした。

1543535284558

管理センターへ寄り、八朔など入手して最後の六番油谷へ向かいます。
P1030445
椿油を採るための一面の椿林です。椿の花の咲くころにまた来よう!。

日頃知られていない油山の魅力いっぱいの山行でした。
         by:tsuzuki


























| | コメント (0)

2018年11月28日叶岳~高祖山~鐘撞山

11/28(水) 曇り

参加者 11名(男性3名女性8名)

 福岡市近郊の山として気軽に登ることの出来る馴染みの山域です。
この日は前日の天気予報が曖昧で「降るかもしれない、降らないかもしれない」
状態でしたが、リーダーの念力?で雨に降られることなく、快適な縦走日和でした。

P1030377
地下鉄姪浜駅に集合してバスで叶嶽神社入口で下車

P1030378
よく整備された鳥居の道を登っていきます。

P1030383
1時間弱で叶嶽登頂
神社奥宮があります。

P1030387
高地山三角点

P1030388
氷室だそうです。奥が深い様子
防空壕にしてはこんな山の中で用をなさないと今まで思っていましたが
今回氷室と聞いて納得。

P1030389
高祖山で昼食、鐘撞山まで来ました。

P1030390
西区の方面の展望。ぼんやり霞んでいます。

予定通り2時13分のバスに乗ることが出来て姪の浜へ。
行きも帰りも同じ運転手さん(女性)貸し切り。お世話になりました

                      by:tsuzuki















 

| | コメント (0)

2018年11月27日 (火)

2018年11月25日(日)  福智山

       福   智   山   山   行

山行年月日★゜・。。・゜☆平成30年11月25日(日) 晴れ グレードA☆
山行参加者★゜・。。・゜☆14名(女性メンバー10名 男性メンバー4名)
Photo_12
 カメラマンに最高級の笑顔です。ではこのメンバーがたどる今回のコースは?

天神=福岡都市高速=福岡IC=国道201号線=田川直方バイパス=上野(あがの)
登山口・・・(白糸の滝ルート)・・・白糸の滝・・・おおつが林道出合・・・(急登)・・・八丁
(ススキ原)・・・福智山・・・上野越(あがのごえ)・・・鷹取山(たかとりやま)・・・上野
越・・・(上野越ルート)・・・上野登山口=直方いこいの村=天神

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

 
スタートして約15分、落差25メートルの「白糸の滝」が見えてきました。美しい滝
ですネ。滝の側にある不動明王像の前の登山道を通り、サアこれから急登が続きます。Photo_2

 落葉樹と照葉樹の木々が混じる樹林帯の登山道を、ただひたすら登ります。Photo_3

 随分と急登を苦労しながら登って来ました。登山口から約2時間です。ヤットどっし
りとした福智山山容が見えてきました。
  でも山頂までは、もうしばらくかかりそうです。頑張らないと。

Photo_4

 山頂は沢山の登山者で大賑わい。900mの山頂は風が強く、寒い。風を避けて
の昼食です。温かい飲み物が嬉しかった!。
 そして下山前に、この大きな福智山山頂標識と共に、いつもと変わらない記念
撮影です。
Photo_5

 下山は上野越ルートをたどり、上野越から鷹取山を目指します。茶褐色系色彩
は秋から冬に変化しつつある風景でしょうか。でも遠~~~くは何故か霞んでる?
Photo_6

 落ち葉を踏みしめ、灌木林の登山道を下ります。名残りの紅葉が「いい感じ」Photo

 ここが母里太平衛の居城だった鷹取山山頂です。広々とした山頂に何故か
全員くつろいだ雰囲気です。でも、もうそろそろ出発しないと。Photo_7

 出発地点の上野登山口までの登山道で、このような「赤や黄色の♪:;;;:♪:;;;:♪
とくちずさみたくなるような鮮やかな風景に出逢いました。紅葉・黄葉の色彩に、感動
のため息が聞こえてくるようです。
Photo_8

 で、今回の福智山山行の山のお土産は、小さいけれど、美しい赤い実です。
足元にも紅葉に負けない赤があったのですヨ。
Photo_10
   超素晴らしい「福智山山行」でした
                             Written by/T.Koike
 
 



| | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

2018年11月13日(火) 佐賀・鷹取山

参加者12名(男性1名・女性11名)    天気 晴れ     グレードH
佐賀県三養基郡みやき町北部山田地区にある鷹取山(403.5m)を目指します。
鷹取山は龍造寺隆信幕下の山城があったと言われています。鷹取山は富士山形
の端正な形で、佐賀平野を一望出来る山城だったようです。
P1110767
8:00天神出発して、9:30鷹取山登山口になる山田水辺公園駐車場に到着。
体操後リーダーから説明を聞いて出発です。
P1110804
約1時間の上りですが、途中倒木などが有り・・・メンバーの身体の柔らかさが
素晴らしいスイスイとのっ越して行きます。
P1110776
登山道で曲輪土橋跡等々往時を偲び・・・10:50鷹取山登頂です
P1110782_2
頂上から南側が開けています。佐賀平野・筑後川等々遠望出来ます(・∀・)イイ!
P1110774_2
頂上は山城の跡で大岩が散在しています。楽しい昼食タイムで~す。
P1110797_2
11:25下山開始しました。順調に下ります
P1110810
登山道脇にハダカホオズキの赤い実を見つけます。朱赤が美しいですね~
P1110821
鷹取山裾野のハゼの植樹地に寄ります。江戸末期佐賀藩の財政を助ける為に
ハゼの木が植えられロウソクが作られたそうです。
P1110824
ハゼの植樹地から東側に”山田町ひまわり園”が見えます。
さあ今からひまわり園に行きますよ~
P1110827
山田町ひまわり園です。「10万本咲いています」との事ですが、本当かな~?
皆さん感激で激写です。ケイトウの赤とひまわりの黄色が映えます。
P1110834
う~んなかなか美しい  秋咲きのひまわりだそうです。1つの種に1輪の
花が付くそうです☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
P1110833_2
夢中で撮ります。素敵な写真が撮れたようです。   後ろは鷹取山です。
          ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;
ひまわり園見学後、イチョウの巨木で有名な神社を参拝し、神社前で
”ぼた餅”を頂きます・・・幸せな気分で・・・天吹酒造に向かいます
          ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;
P1110846
元禄年間創業以来300年の歴史を持つ天吹酒造。平成25年に国の登録有形
文化財に、佐賀県有形文化財に登録されたそうです。花酵母での酒造りが研究
されているそうです 花酵母って初めて聞きました・・・o(*^▽^*)o
P1110852
ここも又凄い 帰路道の駅「さざんか千坊館」に寄りました。駐車場から約5分
・・・国指定天然記念物千石山サザンカ自生北限地を散策
一重の白花サザンカ(ツバキ科)の自生地です。千石山南斜面に2,208本の
純林を形成しているそうです。その実からは髪油や食用油が絞られるそうです。
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:う~ん素晴らしい・Hコースは凄いな~☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*
と独り言を(?)言いながら帰路に就きました。
皆様ありがとうございました~さんくす♪(o ̄∇ ̄)/  by/ Fusako I. 

| | コメント (0)

2018年11月14日 (水)

山行計画リスト(2018年12月15日~2019年3月17日)

山行計画書リスト20181215日~2019317日)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
 

出発日

 
 

終了日

 
 

山域

 
 

グレード

 
 

CL

 
 

SL

 
 

1215()

 
 

 

 
 

宝満山

 
 

A

 
 

池松

 
 

城戸

 
 

1215()

 
 

1216()

 
 

由布岳お鉢巡り

 
 

B

 
 

井上晃

 
 

中里

 
 

1216()

 
 

 

 
 

アイゼン・ワカン歩行練習 教育部主催

 
 

 

 
 

河野

 
 

麻生

 
 

1218()

 
 

 

 
 

六ケ岳

 
 

H

 
 

森川

 
 

黒瀬

 
 

1220()

 
 

 

 
 

福岡再発見(西区古墳巡り)

 
 

H

 
 

酒井

 
 

 

 
 

1222()

 
 

1223()

 
 

忘年登山(竜岩自然の家)

 
 

A

 
 

萩原

 
 

毛利

 
 

1224()

 
 

 

 
 

昭和の森~三郡山

 
 

A

 
 

都築

 
 

小池

 
 

1228()

 
 

 

 
 

忘年山行

 
 

A

 
 

平石

 
 

八尋

 
 

16()

 
 

 

 
 

高良山 (初詣)

 
 

H

 
 

調

 
 

山口善

 
 

16()

 
 

 

 
 

背振山(新春登山)

 
 

A

 
 

河野

 
 

桜庭

 
 

112()

 
 

113()

 
 

八戸宮と戸田山

 
 

H

 
 

 
 

坂田

 
 

113()

 
 

 

 
 

四王寺山

 
 

A

 
 

池松

 
 

庄野

 
 

117()

 
 

 

 
 

長谷山(嘉麻市)

 
 

W/H

 
 

福島

 
 

岡田

 
 

119()

 
 

120()

 
 

冠山(冬山技術講習山行)

 
 

A

 
 

 
 

 

 
 

119()

 
 

120()

 
 

冠山(冬山技術講習山行)

 
 

B

 
 

有馬

 
 

 

 
 

120()

 
 

 

 
 

三郡縦走トレーニング

 
 

B

 
 

山口收

 
 

猪原

 
 

123()

 
 

 

 
 

権現山/野母埼

 
 

W/H

 
 

高松

 
 

細迫玉

 
 

125()

 
 

 

 
 

長谷~立花4

 
 

A

 
 

深堀

 
 

鍋山

 
 

126()

 
 

127()

 
 

⑦らんたん教室(冬山講習) 久住山

 
 

リーダ

 
 

熊野

 
 

鍵山

 
 

126()

 
 

127()

 
 

⑦らんたん教室(冬山講習) 久住山

 
 

初級

 
 

井上敏

 
 

井上晃

 
 

21()

 
 

 

 
 

扇が鼻

 
 

A

 
 

鍵山

 
 

小壁

 
 

22()

 
 

23()

 
 

次郎丸嶽・太郎丸嶽・龍ケ岳

 
 

A

 
 

池松

 
 

河野

 
 

24()

 
 

 

 
 

姫島とカキ小屋

 
 

W

 
 

福島

 
 

古崎

 
 

210()

 
 

 

 
 

久住山/星生山

 
 

B

 
 

河野

 
 

能登原

 
 

211()

 
 

 

 
 

矢筈山~風師山

 
 

A

 
 

原口

 
 

光行

 
 

217()

 
 

 

 
 

小倉辻と綾羅木考古博物館

 
 

H

 
 

岡本

 
 

酒井正

 
 

217()

 
 

 

 
 

涌蓋山

 
 

A

 
 

松尾

 
 

熊野

 
 

221()

 
 

 

 
 

福岡再発見(妙見山と古墳巡り)

 
 

H

 
 

坂井

 
 

 

 
 

223()

 
 

224()

 
 

元越山(天空ロード)

 
 

B

 
 

井上冨

 
 

小壁

 
 

224()

 
 

 

 
 

深江~二丈岳

 
 

A

 
 

渡辺豊

 
 

福田

 
 

227()

 
 

 

 
 

古川岳(佐々町河津桜)

 
 

H

 
 

田中和

 
 

村上

 
 

 

 
 

 

 
 

古川岳(佐々町河津桜)

 
 

W

 
 

内山

 
 

 

 
 

31()

 
 

 

 
 

三池山(臥龍梅

 
 

H

 
 

池松

 
 

猪原

 
 

33()

 
 

 

 
 

⑧らんたん教室(卒業試験)

 
 

リーダ

 
 

麻生

 
 

藤井

 
 

33()

 
 

 

 
 

⑧らんたん教室(卒業試験)

 
 

初級

 
 

小山

 
 

菊永

 
 

34()

 
 

 

 
 

大山町(梅林)

 
 

W

 
 

河内山

 
 

吉永洋

 
 

37()

 
 

 

 
 

草枕コースを歩く

 
 

H

 
 

 
 

都地

 
 

37()

 
 

 

 
 

雷山(ヒイラギナンテン鑑賞)

 
 

A

 
 

児島

 
 

野田三

 
 

38()

 
 

310()

 
 

伯耆大山(雪山)

 
 

B

 
 

井上敏

 
 

熊野

 
 

38()

 
 

39()

 
 

柳烏帽子山/岩宇土山/上福根山

 
 

B

 
 

深堀

 
 

井上冨

 
 

310()

 
 

 

 
 

古処山~馬見山(トレーニング)

 
 

A

 
 

能登原

 
 

高石

 
 

311()

 
 

314()

 
 

奈良を歩く(東大寺から西大寺)

 
 

H

 
 

羽野

 
 

 

 
 

317()

 
 

 

 
 

羽金山~雷山縦走

 
 

B

 
 

渡辺豊

 
 

毛利

 

 

 

| | コメント (0)

2018年11月13日 (火)

由布岳東登山口(お鉢めぐり)

由布岳東登山口 お鉢めぐり   グレードB

◎山行年月日: 2018年11月11日(日)
◎参加者   : 9名 (男5名、女4名)
◎コース: 天神出発7:00 = (九州自動車道) =(大分自動車道) =
       由布岳スマートパス
       =8:40由布岳東登山口9:00 ・・・ 9:55日向岳分岐10:00 ・・・
       ・・・11:30東登山口分岐・・・ 11:40東峰12:05・・・マタエ12:20・・・12:45西峰
       12:55・・・・13:15お鉢最下点・・・13:47東登山口分岐・・・・15:30東登山口到着
◎報告
 天気は秋晴れ、絶好の登山日和
 久しぶりの由布岳お鉢めぐり、 期待と緊張の両方を抱いて出かけました。
     Img_9446
東登山口から見上げる由布岳
今日はあのお鉢をぐるりと回ってきます。
Img_9444
東登山口からのルートは、山頂下150mあたりから鎖場やロープが張られた
急傾斜が続きます。
野北での岩場トレーニング成果の発揮どころですね。
お鉢めぐりは今回初というメンバーが5名でしたが、
皆さん問題なく通過していました。
Img_9441
東峰到着。
昼食を終えて、さあこれからいよいよお鉢めぐりだよ。
Img_9432
今日はほんとにいい天気
九重連山、阿蘇の山々もはっきり見えていました。
Img_9431
向こうのピークが西峰ですね   
今回は時計回りにまわりました。

Img_9430

マタエ-東峰間は他の登山者で大混雑でした。
Img_9433
西峰に上りあがるのに屏風岩のトラバースがあったのですが、
緊張の連続で写真をとり忘れてしまい、画像がありません。
西峰で集合写真
まだまだ難所が続きます。
緊張感をもっていきました。
Img_9435
やっかいな岩場の連続でした。
Img_9438

上るより下りる方が技術がいります。
慎重に進んでいきます。
Img_9450

Img_9451


Img_9449

 
由布岳のお鉢は、その高低差が100mほどもあり、間近にみるとすごい迫力です。
Img_9439
出発して6時間半で登山口に帰ってきました。
最高の天気のもと、スリル満天の山行ができました。
今回は、ハーネス、ヘルメットを装備し、危険箇所は自己ビレイをするなど、安全登山を第一としました。
おかげでヒヤリハットもなく、楽しく山行を終えました。
帰福してからのビールが美味しかったこと(◎´∀`)ノ
またご一緒しましょうね。
Photo by kanako and akira    ,   Written by Matchan
 

| | コメント (0)

2018年11月12日 (月)

2018年10月「大台ケ原~大杉谷」

  日 時:2018年10月23日(火)~27日(土)
    場所:大台ケ原/大杉谷
  参加数:10名(男:3名・女:7名)
 23日 阪九フェリー(新門司⇒泉大津) 船泊 一等  夕食はコンビニ弁当
 24日 泉大津~近鉄に乗り換え~奈良交通に乗り換え~大台ケ原着
      東大台ケ原周回(日出ケ岳・正木ケ原・牛石ケ原・大蛇嵓)
 25日 日出ケ岳…シャクナゲ坂…堂倉滝…七つ釜滝…桃ノ木山の家泊
 26日 平等嵓…千尋滝…大日嵒…大杉登山口…タクシー==近鉄特急==阪九フェリ泊
  紅葉の時期は過ぎていましたが 所々に色づいた木々が楽しませてくれました。
   この山域はスギ・ヒノキの植林が目を引き、一本一本が大切に育てられている。
 大杉谷は原生林の中を滝と渕、そして大岩壁伝いを自己ビレーを取りながら慎重に進む。
  七ツ釜滝・千尋滝・堂倉滝・与八郎滝・ニコニコ滝等が連続する滝と渕を眺めながら
 足元に注意をしながら下る。
  マイッタ---黒部の上ノ廊下・下ノ廊下にも引けを取らない難所です。 Dscf1748_3  
長い長い道のりでした。幾つ乗り物を乗り換えたろうか!
Dscf1751
  日出ケ岳 1695m 百名山?
Dscf1769
大蛇嵒  怖いです!
Dscf1792_2 
 堂倉滝
Dscf1798
  岩壁を慎重に歩きます。 自己ビレーです。山の会の教育が生きています。
Dscf1804
 隠滝?  見事です 落差があります。
Dscf1806
 岩壁の隙間から水がポタポタと落ちてきます。
Dscf1808
 時どき 岩肌から 水が滴ります
Dscf1816
  大崩落を縫うように岩を超えていきます
Dscf1820
 またまた 岩壁を自己ビレーで 安全にわたります
Dscf1823
Dscf1825   
七ツ釜滝です。
Dscf1829
 桃ノ木山の家
Dscf1802
 シシ渕です。
 
Dscf1843
 このような 岩壁が続きます 足元は狭く 濡れています
 
 平等嵒  至る所に このような嵒が掛かっています。
  登山道は 整備されていますが 思ってた以上に厄介です。
   今回は 天気に恵まれました。
  大台ケ原付近は 年間の雨量は日本一だそうです。
   計画される場合は 天候にきおつけて計画してください。
   前日の雨の場合は 山行中止 停滞が良いでしょう。
   自己ビレーをマスターしてください。       
                                     (記 YK)
 

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

2018年10月27日(土) 久住山赤川~扇ヶ鼻

参加者・女性6名      天気 晴れ      グレードB
7時天神出発し、九重方面目指します。道中・・おむすび山北西面麓のすすきヶ原
の輝きが素晴らしかったです。又一目山麓の紅葉に”うわ~!綺麗!”を
連発しながら・・・9:30前に赤川登山口に到着しました。
P1110708
9:40赤川温泉駐車場を出発しました。
P1110717
10:10林道に合流・・・衣服調整と水分補給です。赤や黄が美しい。
P1110718_2
真っ赤な落ち葉の絨毯です。カサカサと気持ち良い響きを楽しみながら歩きます。
P1110723
ずーっと赤い絨毯の上です。爽やかです。
P1110724
11:05 コースの半分辺りから・・(以前は直登していた)・・右へ少し下ります
木道を渡ってかなり長い階段が上部まで続きました。上に近づくと風がかなり
冷たくなりました。晴れているのですが、急に初冬の気配?を感じます。
P1110725
11:38 やっと元の登山道に合流しました。ここからの眺望(久住山南面)は
いつ見ても美しいですね。素晴らしい(・∀・)イイ!
P1110736
12:15 久住山到着しました。風が強くて寒い!! 他の3人の方々はとにかく
上着!上着!と上着着用に必死↗?  素人カメラマンも寒い!寒い!と震え
ながら「誰か立ってぇー・お願い~**」と・・立って下さった方をパチリっ
風の避けられる所を見つけ昼食休憩です。ホット落ち着けた一時でした。
P1110737
12:55 すっかり冬支度で下山開始です。ただ眺望は素晴らしい。
P1110756
14:00 扇ヶ鼻です。ここから赤川へ下山です。
P1110765
扇ヶ鼻からの下りは油断禁物・・・昨日の雨で道が濡れています。
私の後ろに来ていた登山者の方が大きな大きな音を立てて滑り転けて
しまいました。お気の毒で・・”大丈夫ですか~?”・・と声を掛けたものの・・。
慎重集中で下らねば・・と気持を引き締めます。
15:55予定より少し早く下山口に無事到着です。帰路楽しい会話も弾み
高速道路の渋滞もありましたが、無事天神に帰着致しました。
皆様ありがとうございました♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪
                         さんくす♪(o ̄∇ ̄)/ by/ Fusako  I.

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »