« 2018年10月27日(土) 久住山赤川~扇ヶ鼻 | トップページ | 由布岳東登山口(お鉢めぐり) »

2018年11月12日 (月)

2018年10月「大台ケ原~大杉谷」

  日 時:2018年10月23日(火)~27日(土)
    場所:大台ケ原/大杉谷
  参加数:10名(男:3名・女:7名)
 23日 阪九フェリー(新門司⇒泉大津) 船泊 一等  夕食はコンビニ弁当
 24日 泉大津~近鉄に乗り換え~奈良交通に乗り換え~大台ケ原着
      東大台ケ原周回(日出ケ岳・正木ケ原・牛石ケ原・大蛇嵓)
 25日 日出ケ岳…シャクナゲ坂…堂倉滝…七つ釜滝…桃ノ木山の家泊
 26日 平等嵓…千尋滝…大日嵒…大杉登山口…タクシー==近鉄特急==阪九フェリ泊
  紅葉の時期は過ぎていましたが 所々に色づいた木々が楽しませてくれました。
   この山域はスギ・ヒノキの植林が目を引き、一本一本が大切に育てられている。
 大杉谷は原生林の中を滝と渕、そして大岩壁伝いを自己ビレーを取りながら慎重に進む。
  七ツ釜滝・千尋滝・堂倉滝・与八郎滝・ニコニコ滝等が連続する滝と渕を眺めながら
 足元に注意をしながら下る。
  マイッタ---黒部の上ノ廊下・下ノ廊下にも引けを取らない難所です。 Dscf1748_3  
長い長い道のりでした。幾つ乗り物を乗り換えたろうか!
Dscf1751
  日出ケ岳 1695m 百名山?
Dscf1769
大蛇嵒  怖いです!
Dscf1792_2 
 堂倉滝
Dscf1798
  岩壁を慎重に歩きます。 自己ビレーです。山の会の教育が生きています。
Dscf1804
 隠滝?  見事です 落差があります。
Dscf1806
 岩壁の隙間から水がポタポタと落ちてきます。
Dscf1808
 時どき 岩肌から 水が滴ります
Dscf1816
  大崩落を縫うように岩を超えていきます
Dscf1820
 またまた 岩壁を自己ビレーで 安全にわたります
Dscf1823
Dscf1825   
七ツ釜滝です。
Dscf1829
 桃ノ木山の家
Dscf1802
 シシ渕です。
 
Dscf1843
 このような 岩壁が続きます 足元は狭く 濡れています
 
 平等嵒  至る所に このような嵒が掛かっています。
  登山道は 整備されていますが 思ってた以上に厄介です。
   今回は 天気に恵まれました。
  大台ケ原付近は 年間の雨量は日本一だそうです。
   計画される場合は 天候にきおつけて計画してください。
   前日の雨の場合は 山行中止 停滞が良いでしょう。
   自己ビレーをマスターしてください。       
                                     (記 YK)
 

|

« 2018年10月27日(土) 久住山赤川~扇ヶ鼻 | トップページ | 由布岳東登山口(お鉢めぐり) »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。