« 2018年10月24日 牧ノ戸峠~西千里(扇が鼻) | トップページ | 2018年10月27日(土) 久住山赤川~扇ヶ鼻 »

2018年10月31日 (水)

2018年10月28日(日) 英彦山

     英彦山(北西尾根周回コース)紅葉
     

山行年月日・・・平成30年10月28日(日) 晴れ グレードA☆

山行参加者・・・11名(女性メンバー6名  男性メンバー5名)

山行コース・・・・天神=別所駐車場=英彦山青年の家・・・豊前坊登山口・・・
          髙住神社・・・望雲台(クサリ場)・・・北岳・・・南岳(昼食)・・・
          北西尾根コース・・・野鳥の森観察路・・・鷹巣原高原ススキ原
          ・・・英彦山青年の家=英彦山温泉しゃくなげ荘=天神

 「英彦山青年の家」駐車場で、登山体制を整え、豊前坊登山口まで、手入れの
行き届いた杉林を通り抜け、美しい紅葉を愛でながら進みます。豊前坊登山口と
なっている髙住神社は、既に秋の英彦山を楽しむ登山者でいっぱいです。
 荘厳な雰囲気漂う、長い石段を登り、静かなたたずまい中にある髙住神社拝殿に
参拝します。10月は「あだると山の会」の【安全登山月間】です。山行の安全祈願を
しますネ。

2_2

 安全祈願をした後は、絶景を楽しめながらも、少々恐怖感も味わえる「望雲台」へ。
最初の鎖場を登り、次は狭い、斜面の岩道を鎖をしっかりと握りしめて、おそるおそる
通過、二つ目の鎖場を極めるとそこは、絶景の展望台だ。

3
                      (最初の鎖場に挑戦するメンバーです)

 断崖絶壁の望雲台に立つメンバーです。しっかりと鎖を握りしめての写真撮影で
す。笑顔もチョットひきつっているようにも見えますが?
  眼下には紅葉と緑の杉林のコントラストの風景が、実に素晴らしい! そして前方
には11月に「痩せ尾根・岩場の歩行訓練」の場となっている鷹ノ巣山が望めます。

Img_6510

 次は北岳を目指して、ゴツゴツとした岩の登山道を登って行きます。赤や黄に
染まる美しい登山道ですネ。メンバーの足取りも軽快です。

Photo_2

 北岳経由で、中岳山頂を目指し、広々とした登山道を進みます。秋の風情を十分
堪能できるルートです。
 前方に中岳の頂が見えてきました。思わず足取りも軽やかになります。

Img_6544

 中岳山頂手前の鮮やか紅葉スポットです。飽きることのない赤色です。

Img_6551

 中岳山頂に到着です。今日は最高の山行日和に、最高の紅葉日和に、山頂広場
は登山者で一杯です。
 立派な山頂標識と共に「ハイ、チーズ!」

6_2

 下山は「北西尾根コース」をたどります。ススキ原にそびえ立つ1本の杉。
鮮やかな紅葉の景色とは異なる、これもまた秋景色でしょう。

Img_6570

 ススキ原を抜けると急坂が続きますが、その先はフワフワした落ち葉の登山道を
下山します。黄葉した風景もまた美しい秋の英彦山です。

Img_6576
 
 「北西尾根コース」から「野鳥の森観察路」に入ると、ゴロゴロした岩道が続きます。
足元を注意しながら進みます。
 そして視界が開け、一面のススキが群生する「鷹巣原高原」で出ます。メンバーも
この開放的な風景に☻ニッコリです。

Img_6625
 出発地点の「英彦山青年の家」を目指します。今日は秋の英彦山を楽しんだ山行
でした。参加メンバーへ「サンキュー」

 マークの付いた素晴らしい写真は、SLの壁ちゃんの作品です。
    そしてレポーターは、CLの次ちゃんでした。
       
                     

|

« 2018年10月24日 牧ノ戸峠~西千里(扇が鼻) | トップページ | 2018年10月27日(土) 久住山赤川~扇ヶ鼻 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018年10月24日 牧ノ戸峠~西千里(扇が鼻) | トップページ | 2018年10月27日(土) 久住山赤川~扇ヶ鼻 »