« 山行計画リスト(H30年10月13日~11月30日) | トップページ | 2018年9月15日(土)一ノ峯・二ノ峯(阿蘇) »

2018年9月22日 (土)

2018年9月19日(水) 鶴見岳

Photo_3

山行コース
     天神=玖珠SA=由布岳PA(由布岳スマートIC)=御嶽権現火男火売神社
     (御嶽権現社)下の駐車場・・・御嶽権現社・・・御嶽権現社自然林(べっぷ鶴見岳
      一気登山道)
・・・鶴見岳山頂・・・鶴見岳山上散策・・・鶴見山上駅(別府
      ロープウェイ)
・・・往路コースを下山・・・駐車場=塚原温泉=由布岳PA
     (由布岳スマートIC=山田SA=天神

  御嶽権現火男火売神社(おたけごんげん ほのお ほのめじんじゃ)近くの広場に駐車。
CLのAさんからコース説明・注意点などの周知事項があり、準備体操後出発です。
鶴見岳山頂は雲がかかっているようですが、元気に出発です。
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

 御嶽権現社の苔むして滑りやすい、長い石段を登ります。石段を登りきったところに
イチョウの大木があり、沢山のぎんなんが落ちていて、ぎんなん特有の匂いが漂って
います。
 御嶽権現社で安全祈願を済ませて御嶽権現社自然林の登山道に入ります。2

 御嶽権現社自然林に入ると、途中から「海抜0mから鶴見岳山頂へ一気に駆け
上がる行事の標識【べっぷ鶴見岳一気登山道】」が設置されており、我々はその
指導標識と共に、ジグザグ登山道をゆっ~~~くりと山頂を目指します。
3

 山上駅との分岐を左に進み(右へ進むと鶴見山上駅へ)、しばらく坂を登ると山頂
の電波塔が見えてきます。「七福神めぐり№5の恵比寿天様」が、さっそくお迎え頂き
ました。間もなく山頂です。
4

 鶴見岳山頂標識と共にまずは写真撮影です。青空、白い雲そして鶴見岳の象徴?
電波塔、さらに左奥には名峰由布岳《「鶴見山と由布山」の恋物語は本ブログの最後》
の姿が見えますネ。
 では昼食を楽しんでください。
Photo_4


 山頂に祀られてある「火男火売神社上宮」の石祠に、下山の安全祈願を心で念じ
つつ「鶴見山上駅」に向かいます。別府湾など展望抜群が期待されるところですが、
今回はガスってて残念!条件が良ければ四国まで見えるらしいです。次回に期待
しましょう。
5

 散策を楽しんだ後は、サア、往路コースを下山していきます。「ジャンボ温度計」が
19度を示しています。色づき始めた木々も大空も秋景色の始まりです。
Photo_7

 傾斜のきついジグザグ登山道を下山します。このあたりの木々も間もなく紅葉が
始まることでしょう。
6

 その登山道で、「大きな鶴見岳産どら焼き風キノコ」発見!紅葉と共にキノコの
秋かな~~~。
7

 鶴見山上広場にあった:伝説「鶴見山・由布山の恋物語」の案内板です。
     ちょっとだけロマンティックな気分になって下山します。
  でも疑問が? 大恋愛の結果、湧きだした温泉で最初に産湯をつかったのは?
  ・・・鶴見岳と由布岳の間にある「日向岳」か?勝手に想像する私です。
                                             以上
Photo_6

                                               Written by/T.Koike

|

« 山行計画リスト(H30年10月13日~11月30日) | トップページ | 2018年9月15日(土)一ノ峯・二ノ峯(阿蘇) »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山行計画リスト(H30年10月13日~11月30日) | トップページ | 2018年9月15日(土)一ノ峯・二ノ峯(阿蘇) »