« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

第五回 「らんたん教室」 地図上で磁北線の引き方

 第五回 らんたん教室 雨の中でも開催

  ◆日時:9月9日(日曜日)   

  ◆場所:油山管理棟2階 

  ◆参加数:33名

   リーダーコース 5名・ 初級コース 16名・  講師:12名

 当初の計画では、糸島の立石山にて岩場の歩き方、三点支持をする計画でしたが

 前日の天気予報では当日は雨の予報にて急遽、場所の変更を行う。

 当日の実施要領は①地図の磁北線の引き方。②日帰り装備点検。③ロープワーク

 ④危機管理(ハチ)等の実習及び机上学習を行う。

Dscf1692_2

 日帰り装備の点検

   雨具・ヘットランプ・緊急連絡カード・コンパス等

  講師の厳しい点検がはいります。

20180909_101008_4

  日帰り装備で 不必要な物は 没収

  装備は雨に濡れないように ビニール袋で包み増しよう。

Dscf1682

 地図の磁北線の引き方を学びます。

  磁北線? なになになに----

Dscf1683

磁北とは何か

 ・コンパスの針のN極が示す方向---よくわかる

 ・現在は西に傾いている、時々刻と少しずつ変化している。---難しい

Dscf1687_01

 磁北線の引き方--あだると流

Dscf1691_2

 講師の方から引き方を学びます。

  ---の手習い

20180909_103959_4

 ロープワークです。

  クローブヒツチ・ムンターヒッチを学びます。

  何かい 習っても 難しいです。 ロープがからみます。

 20180909_110836

  対象物に自分の体に

   ボーラインノットの結び方です。

    椅子の足に巻き付けて 悪戦苦闘です。

  ◆第六回 らんたん教室

   日時 10月7日(日曜日)

   場所 高祖山・叶岳

   内容 読図実践・道迷い時の対応・ツエルトの使い方

 

 

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

2018年9月15日(土)一ノ峯・二ノ峯(阿蘇)

阿蘇南外輪山 一ノ峯・二ノ峯 秋の花を訪ねて

参加者 13名(4名9名) 晴れのち
コース  天神=益城IC=西原村宮山登山口・・・一ノ峯・・・(雨で二ノ峯断念)


登山口から萩!萩!の中ゆっくり登ります
P1020861_2

一ノ峯が見えてきました
P1020866

マツムシソウの群落!!!
P1020872

見晴らしが良くなって!
P1020874

頂上です!二ノ峯が見えてきました!あと20分・・・でも
空が怪しい~ w(゚o゚)w
P1020879

頂上には大きな亀裂が~w(゚o゚)w w(゚o゚)w
阿蘇大震災の爪痕です 改めて震災の大きさを実感しました
P1020881

にわかにガスに覆われ雨も降り出す!
早々に下山・・・車の中で昼食。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
P1020884
下界は暑く夏の日々、 山は秋、花と共に楽しんだ山行でした 
 

写真が素敵なのは一眼レフでK氏が撮ったから・・・ 
Photo_2
Photo_3
Photo_4
Photo_5
                                                                               by satomi

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土)

2018年9月19日(水) 鶴見岳

Photo_3

山行コース
     天神=玖珠SA=由布岳PA(由布岳スマートIC)=御嶽権現火男火売神社
     (御嶽権現社)下の駐車場・・・御嶽権現社・・・御嶽権現社自然林(べっぷ鶴見岳
      一気登山道)
・・・鶴見岳山頂・・・鶴見岳山上散策・・・鶴見山上駅(別府
      ロープウェイ)
・・・往路コースを下山・・・駐車場=塚原温泉=由布岳PA
     (由布岳スマートIC=山田SA=天神

  御嶽権現火男火売神社(おたけごんげん ほのお ほのめじんじゃ)近くの広場に駐車。
CLのAさんからコース説明・注意点などの周知事項があり、準備体操後出発です。
鶴見岳山頂は雲がかかっているようですが、元気に出発です。
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

 御嶽権現社の苔むして滑りやすい、長い石段を登ります。石段を登りきったところに
イチョウの大木があり、沢山のぎんなんが落ちていて、ぎんなん特有の匂いが漂って
います。
 御嶽権現社で安全祈願を済ませて御嶽権現社自然林の登山道に入ります。2

 御嶽権現社自然林に入ると、途中から「海抜0mから鶴見岳山頂へ一気に駆け
上がる行事の標識【べっぷ鶴見岳一気登山道】」が設置されており、我々はその
指導標識と共に、ジグザグ登山道をゆっ~~~くりと山頂を目指します。
3

 山上駅との分岐を左に進み(右へ進むと鶴見山上駅へ)、しばらく坂を登ると山頂
の電波塔が見えてきます。「七福神めぐり№5の恵比寿天様」が、さっそくお迎え頂き
ました。間もなく山頂です。
4

 鶴見岳山頂標識と共にまずは写真撮影です。青空、白い雲そして鶴見岳の象徴?
電波塔、さらに左奥には名峰由布岳《「鶴見山と由布山」の恋物語は本ブログの最後》
の姿が見えますネ。
 では昼食を楽しんでください。
Photo_4


 山頂に祀られてある「火男火売神社上宮」の石祠に、下山の安全祈願を心で念じ
つつ「鶴見山上駅」に向かいます。別府湾など展望抜群が期待されるところですが、
今回はガスってて残念!条件が良ければ四国まで見えるらしいです。次回に期待
しましょう。
5

 散策を楽しんだ後は、サア、往路コースを下山していきます。「ジャンボ温度計」が
19度を示しています。色づき始めた木々も大空も秋景色の始まりです。
Photo_7

 傾斜のきついジグザグ登山道を下山します。このあたりの木々も間もなく紅葉が
始まることでしょう。
6

 その登山道で、「大きな鶴見岳産どら焼き風キノコ」発見!紅葉と共にキノコの
秋かな~~~。
7

 鶴見山上広場にあった:伝説「鶴見山・由布山の恋物語」の案内板です。
     ちょっとだけロマンティックな気分になって下山します。
  でも疑問が? 大恋愛の結果、湧きだした温泉で最初に産湯をつかったのは?
  ・・・鶴見岳と由布岳の間にある「日向岳」か?勝手に想像する私です。
                                             以上
Photo_6

                                               Written by/T.Koike

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

山行計画リスト(H30年10月13日~11月30日)

2018年10月13日~11月30日の計画リスト

(9月緑憩掲載分)
 

出発日

 
 

終了日

 
 

山域

 
 

グレード

 
 

CL

 
 

SL

 
 

1013日(土)

 
 

1014(

 
 

平家山・南平塚山

 
 

B

 
 

新貝

 
 

参加者

 
 

1013日(土)

 
 

1017(

 
 

谷川岳・巻機山・苗場山

 
 

B

 
 

鍵山

 
 

熊野

 
 

1014日(日)

 
 

1015(

 
 

呼子・子友漁港<夜釣り>

 
 

W

 
 

尾田

 
 

 

 
 

1014日(日)

 
 

 

 
 

平尾台

 
 

A

 
 

鍋山

 
 

井上富

 
 

1016日(火)

 
 

1017(

 
 

大船山・万年山

 
 

A

 
 

高岡

 
 

小壁

 
 

1018()

 
 

 

 
 

福岡再発見・中隅山と愛宕山

 
 

H

 
 

坂井

 
 

 

 
 

1018()

 
 

 

 
 

勝山~四王司山

 
 

H

 
 

 
 

山口善

 
 

1020()

 
 

 

 
 

英山~黒髪山

 
 

A

 
 

井上敏

 
 

平石

 
 

1021()

 
 

 

 
 

清掃登山(若杉山)

 
 

グレド無

 
 

高石

 
 

 

 
 

1022()

 
 

1025()

 
 

奈良を歩く(大和三山・法隆寺)

 
 

H

 
 

羽野

 
 

 

 
 

1023()

 
 

 

 
 

牧の戸峠~西千里浜

 
 

H

 
 

矢田薫

 
 

 
 

1023()

 
 

1027()

 
 

大台ケ原~大杉谷

 
 

B

 
 

山口光

 
 

 

 
 

1026()

 
 

1029()

 
 

石鎚山・伊予富士・寒風山

 
 

B

 
 

井上晃

 
 

中里

 
 

1027()

 
 

 

 
 

赤川~久住山~扇が鼻~赤川

 
 

B

 
 

深堀

 
 

能登原

 
 

1028(

 
 

 

 
 

英彦山(北西尾根周辺)

 
 

A★

 
 

小池

 
 

庄野

 
 

111()

 
 

 

 
 

洗谷

 
 

B

 
 

都築

 
 

山崎

 
 

113()

 
 

114()

 
 

安芸冠山・寂地山

 
 

A

 
 

甲斐

 
 

 

 
 

113.()

 
 

 

 
 

小爪峠・金山ピストン

 
 

A

 
 

猪原

 
 

佐藤和

 
 

114()

 
 

 

 
 

阿蘇十字峠~地蔵峠

 
 

H

 
 

樗木

 
 

狩野

 
 

114()

 
 

 

 
 

阿蘇十字峠~冠ケ岳

 
 

A

 
 

城戸

 
 

 

 
 

114()

 
 

 

 
 

雷山~井原山

 
 

A

 
 

小山

 
 

足立英

 
 

1110()

 
 

 

 
 

雷山自然道

 
 

W

 
 

福島

 
 

野田初

 
 

1110()

 
 

 

 
 

裏宝満

 
 

B

 
 

桜庭

 
 

松永伸

 
 

1111()

 
 

 

 
 

由布岳東登山口~お鉢

 
 

B

 
 

松尾

 
 

鶴屋

 
 

1111()

 
 

1112(

 
 

両国山・中山仙境・田原山

 
 

A★

 
 

深堀

 
 

鍵山

 
 

1114()

 
 

 

 
 

机上学習(冬山登山講習)

 
 

無し

 
 

河野

 
 

 

 
 

1115()

 
 

 

 
 

福岡再発見(福岡植物園と鴻単山)

 
 

H

 
 

坂井

 
 

 

 
 

1117()

 
 

 

 
 

福智山(白糸の滝コース)

 
 

A

 
 

能登原

 
 

吉永嘉

 
 

1118()

 
 

 

 
 

糸島二見ケ浦~桜井神社

 
 

W

 
 

尾田

 
 

 

 
 

1118()

 
 

 

 
 

野北(岩登り) 初級

 
 

初級

 
 

山口收

 
 

木下

 
 

1120日(火)

 
 

 

 
 

足立山~小文字

 
 

A

 
 

中村

 
 

中市

 
 

1112日(水)

 
 

 

 
 

二丈岳

 
 

A

 
 

酒井八

 
 

萩原

 
 

1123日(金)

 
 

 

 
 

カラ迫岳

 
 

H

 
 

坂田

 
 

是枝

 
 

1123日(金)

 
 

1124日(土

 
 

祖母山

 
 

B

 
 

河野

 
 

参加者

 
 

1124日(土)

 
 

 

 
 

鷹巣山(岩稜の登下降) 初級

 
 

B

 
 

中里

 
 

増田

 
 

1125日(日)

 
 

 

 
 

九大の森

 
 

W/H

 
 

池川

 
 

井上ち

 
 

1128日(水)

 
 

 

 
 

叶岳・高祖山・釣鐘山

 
 

A

 
 

山口光

 
 

野田三

 
 

1129日(木)

 
 

 

 
 

油山十六景 その1

 
 

A

 
 

児島

 
 

稲盛

 
 

1130日(金)

 
 

 

 
 

清水山(オルレ)

 
 

H

 
 

調

 
 

矢野

 

| | コメント (0)

2018年9月17日(月・祝日) 英彦山

         祈 り の 道 ・ 英 彦 山 

 別所駐車場から、英彦山表参道を通り、奉幣殿への急な石段を登ります。
奉幣殿で山行の安全登山を祈願し、玉屋神社・鬼杉コースをたどります。
1_3

山行参加者・・・11名(女性メンバー4名 男性メンバー7名)

山行コース・・・・天神=八木山バイパス=別所駐車場・・・奉幣殿・・・玉屋神社
          ・・・鬼杉(昼食)・・・〈材木石〉・・・〈鎖場〉・・・南岳(石祠)・・・
          中岳(英彦山神社)・・・北西尾根コース・・・〈バンガロー〉・・・
          別所駐車場=しゃくなげ荘=八木山バイパス=天神

 台風・豪雨などで、一部崩壊した足場の悪い登山道もあります。慎重に、慎重に
進みます。
2

 垂直にそそりたつ断崖絶壁の岩に組み込まれた「玉屋神社」です。そのスケール
の大きさにビックリ。ここでも厳しい修行が行われたのでしょうか。
 次は英彦山の巨木「鬼杉」へ向かいます。
3

 「鬼杉」に向かう登山道で可愛らしい白い花を見つけました。「アケボノソウ」か?
木陰に咲く花は、チョット寂し気な風情がありますネ。4

 「英彦山の鬼杉」です。ベンチも設置してありますので、ここで昼食をとります。
きっと沢山の登山者が見上げたこの鬼杉が、「私は、皆さんの安全登山を祈る優しい
杉ですヨ」とメンバーに語りかけているような、英彦山のシンボルツリーのひとつでしょう。
Photo

 南岳を目指すガレ場の厳しい登山道が続きます。そして更にクサリ場が続きます。
でもクサリ場を登りきったら南岳が待っているかも。
6

 で、ここが三角点のある南岳(1199.5m)です。ここまで安全に登りきったメン
バーは石祠の神様と共に笑顔で、「に~~~」
8

 修験の山の厳しさを十分味わいながらメンバーは南岳から中岳山頂を目指します。
英彦山神社上宮に参拝した後、その御社を見上げると、屋根が風雨で壊れています。
1200mにある社としては、日本最大級の社であるらしいが、厳しい自然には耐えら
れなかったようです。
 ベンチなどが整備された山頂広場でしばし休憩します。 
Photo_2


 山頂広場から北西尾根コースを辿って、スタート時点の別所駐車場を目指します。
背丈以上に伸びたススキ道を、秋を感じながら進みます。その途中には台風で立ち
枯れてしまった杉の大木が痛々しい姿を見せています。
9

 帰り道の北西尾根コースで見つけた「白いキノコ」と「赤いキノコ」が今回の英彦山
山行のおみやげです。落葉樹の養分を十分に吸収した紅白キノコです。
「可愛らしい?」
10

 巡礼の登山道は、史跡があり、厳しい岩場があり、美しい樹林帯があり、そして
鬼杉のような巨木を見上げながらの満喫した英彦山山行の一日でした。
 「メンバーの皆さん、お疲れ様です。CL、SLのお二人に、ご苦労様でした
                    Written by/T.Koike

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

ブログ引っ越しのお知らせ

| | コメント (1)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »