« 2018年4月25日(水) 油山597m 歩きやすい尾根道を楽しむ | トップページ | 2018・4・23(月)~24(火) 磯間岳・開聞岳 »

2018年5月 1日 (火)

2018年4月29日(日) 雲仙普賢岳

 参加者 18名(4名14名)

 天気  

連休に入って高速道路の渋滞を心配しましたが、途中対向線の事故見物の
渋滞少しと西九州道へ分かれの他はほぼ順調に仁田峠に到着。
それでも7時に出発して3時間半かかりました。
日帰り考慮してロープウエイで妙見駅に向かいます。
ここが一番の急登なのでらくち~ん!!
ロープウエイから見える山の斜面はピンクに染まって歓声が上がります。
Dsc_0070
妙見神社前でストレッチをして10:50歩き始め
国見岳の斜面もピンクです。国見岳は今日はパスです。

ミツバツツジ越しに普賢岳が見えてきました。
P10203181

国見岳への分岐を過ぎて下り道。鳩穴への分岐で小休止。11:36
この道は平成新山がまじかに見られるルートですが、数年前に通れるように
なりました。静かな良い道です。
P10203211

雲仙普賢岳の登山ルートとしてはかなり長く通行止めになっていたので
植生も豊かで花もいろいろ咲いています。
P10203231
今回の目的ヒカゲツツジ第一号。
ヒカゲツツジは岩陰にひっそりと咲いていてこそヒカゲツツジです。

P10203301
風穴がいくつかあり、ひんやりします。
昔の人はこれを氷室にしたり、蚕を保存したりしていたようです。
柱状節理がみられます。

P10203361

岩の上にヒカゲツツジ大群。

P10203371

平成新山を見上げながらランチタイム。
大きな噴石がごろごろしていて今噴火したら…
御嶽山を思いますね。
あちこちヒカゲツツジだらけ、よほど土と会っているんですね。

P1020348_2
咲き誇る花たちと景色を楽しんでいたら割と簡単に普賢岳登頂!
全員集合

P10203491
お天気もよく、快適な登山日和
平成新山のドームも少しずつ崩壊しているようで島原に住む人たちには
不安材料ですね。
P10203531
帰路は紅葉谷を通って仁田峠へ。白花ネコノメソウの群落。
途中のもみの木の大木に驚かされました。
覚えきれないほどのたくさんの山野草が咲いていました。
雲仙は自然の宝庫です。

                          by:tsuzuki











|

« 2018年4月25日(水) 油山597m 歩きやすい尾根道を楽しむ | トップページ | 2018・4・23(月)~24(火) 磯間岳・開聞岳 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018年4月25日(水) 油山597m 歩きやすい尾根道を楽しむ | トップページ | 2018・4・23(月)~24(火) 磯間岳・開聞岳 »