« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

2018年1月28日 白岳~松尾岳~立花山~三日月山

Photo

山行年月日平成30年1月28日(日) 曇りのち雨  グレードA
山行参加者12名《女性メンバー7名 男性メンバー5名》
山行コース大権現登山口・・・白岳・・・松尾岳・・・立花山・・・立花山大クス
            ・・・クスノキ原始林・・・三日月山・・・立花山登山口=
            三日月山霊園東屋(昼食):解散

 『別格の寒気が日本襲来!』 『数年に一度の大寒波!』 『過去最強の寒気団!』
と連日の気象予報士のコメントにもめげず、山好きのメンバー12名が立花山に集合。
 立花山の数多い登山口の中から、今回は「大権現登山口」からスタートです。
鷲尾大権現登山口まで、チョット歩きます。
Photo_2

 先ずは、今日のCLからコース等、周知事項があり、準備体操で登山態勢を整え
「鷲尾大権現」様の鳥居を潜り、いざ出発!
Photo_8

2

 鷲尾大権現様の鳥居を潜った途端に、早速急登。白岳山頂まで続きます。
一歩一歩前進するのみ。
Photo_9

 桜並木の急登を
Photo_10

 大きく根を張った木々の側を通り、 
Photo_7

 ここが白岳山頂です。猫🙀の島で有名な相島が見えます。
Photo_5

 山頂は「カノコソウ」の群生地として保護されています。春には可愛らしい白い花が
見られるようです。
Photo_11

 次の目的地・松尾岳を目指します。艶のある緑の葉っぱと赤い実をつけた「アオキ」
が両側に見られます。
Photo_12

 ここが松尾岳山頂です。玄界灘にうかぶ「大島・地島」が見えます。
Photo_13

 松尾岳山頂での楽しい会話です。「おしゃべり、失礼、コミュニケーションも安全
登山の重要な知識習得の機会かも知れませんヨ。」
Photo_6

 今回の縦走ルートの主峰・立花山へ。登山道には大きく成長した木々が次々に
登場してきます。
Photo_14

 福岡市街地と博多湾の展望が楽しめる立花山山頂に到着です。山頂広場でしばし
休憩です。
Photo_15

 立花山に登れば、やはりここに立ち寄らなければ。「ソ~~~森の巨人たち
100選のメンバー・立花山大クス」君です。立花山の主役か?Photo_20

 しかし残念ながら、大きくそびえ立つ大クス君の全身をカメラに納めることは
不可能。どっしりとした大樹に元気をもらって、三日月山を目指します。
Photo_16

 三日月山頂へ向かう縦走路は、まさにクスノキ街道だ。右に、左に、クスノキの
巨木が迎えてくれます。Photo_21

Photo_18

Photo_19

17

 最終地点・三日月山頂に到着です。今日の参加メンバーが登場です。
まずCLのFさんとA班です。
Photo

 次はSLのIさんとB班です。
Photo_2

 残念ながら雨が降ってきました。冷たい冬の雨です。早々に下山します。
楽しみの昼食は三日月霊園東屋で。温かい食事が、暖かい飲み物が嬉しいです。
Photo_7

・・・そして、食事後解散です。
     雨にも負けず、冬の寒さにも負けず、今日も皆さん、お疲れ様

                                Written by/つぎちゃん




| | コメント (0)

2018年1月23日 (火)

2018.1.21 油山~荒平山

参加者 22名(男性9名女性13名)

天候  晴れ

 冬の近場の低山ということで気軽に参加できる場所、お天気もよさそうで参加者多数!
前日の夜までキャンセルと申し込み者の出入り激しくリーダーは苦労されたようです。
8か月ぶりに療養されていたNさんの参加で新年の山にふさわしい門出でした。
おめでとう!Nさん

花畑園芸公園前のバス停前の広場で体操後出発。
冬の空気が心地よい。

Img_20180121_092645

春は桜のトンネルです。

Img_20180121_093241_2
園芸公園の猪よけ柵を過ぎると山道に入ります。
Img_20180121_101010
植林帯を登って低い柵を乗り越えると展望がよくなり油山遠望。
Img_20180121_101031
登山道になっているのにこの柵を乗り越えて…
いつも不法侵入している気分です。
Img_20180121_102129

蠟梅の花と空の青さと

Img_20180121_102231
早春に咲く花は可憐です。
Img_20180121_102250
山茶花がまだ満開
Img_20180121_102311
落花の絨毯も素敵
Img_20180121_103258
のんびり歩いて中央展望台へ。
Img_20180121_103820
中央展望台
Img_20180121_103827
福岡の街並み一望。我が家も見えるかな?
暖かいので霞んでます。

Img_20180121_104827
つり橋を渡って
Img_20180121_113156

正面階段を一直線に登り山頂。山頂は海から吹き上げてくる風で寒い。

この辺りまでは想定内!
ここから先は…??

Img_20180121_124640
道はどんどん下って下ってまた少し登ると荒平山。
Img_20180121_122616
山城だったらしい。軽く昼食。
Img_20180121_131144
荒平山からさらに下ってもうすぐ早良口という手前で左折。
道らしい道ではないし、いきなり古いロープ。
所々送電線の保守のためのゴム階段をたどって鉄塔巡りです。
Img_20180121_132601

下った分だけ登りあがって油山山頂近くの縦走路へ出ました。
キャンプ場へ下り
Img_20180121_152458

管理事務所まで戻り、園芸公園でストレッチをして解散でした。
市民の森油山なかなか奥が深くて楽しめました、と言いたいところですが
お正月明けに股関節の筋を痛めてリハビリ中の私にはなかなかきつかったですね。
でも近くていつも遊ばせてくれる油山に感謝です。

今回は歩行時間が長かったので買えませんでしたが、園芸公園では無農薬
柑橘類を、管理事務所ではシイタケを売っています。
                      by:tsuzuki





















| | コメント (0)

2018年1月20日 (土)

2018.1.18 御所が岳

 参加者 男性1名女性8名
前日にかなりの降雨があり、午前中は雨雲が残っているような感じでしたが
段々晴れてきました。

二日市に集合して車で1時間半ほど走り、行橋市とみやこ町の境にある
山というより史跡です。
このところ歴史付いている私ですが、最近訪れた岡山吉備路の鬼が城に
似ていると感じていたら時代もほぼ同じ7世紀頃の山城でした。
国の史跡にも指定されていてとても良く保存されていて貴重な場所です。
四王寺山にもよく似ています。
Img_20180118_104629
この駐車場に車を停めました。
Img_20180118_110507

すぐに神籠石。
文字から神のいる場所かしら?と思っていましたが、城壁(土塁)のことらしいです。
7世紀に作られて今もこんなにきれいに残っています。

Img_20180118_113507
最高峰のホトギ山で。短いけど急でした。
Img_20180118_115859

Img_20180118_120129_2
Img_20180118_120212
石室に弘法太子様

Img_20180118_121209
中門は石組がきれいに残っています。どこから石を持ってきたのでしょうか。
Img_20180118_123415
四王寺でも見た屯口です。
Img_20180118_124917

景行天皇が7年間ご在所された景行神社。礎石もよく残っています。
Img_20180118_130852
西門は崩れたところも多い。
Img_20180118_132057
静かな池に出ました。
Img_20180118_132220

よく整備されて池の中に回廊ができていました。

登山とは言えないけれど、静かな雰囲気のとても落ち着いた散策ができました。
                          by:tsuzuki

































| | コメント (0)

2018年1月19日 (金)

2018/1/13(土)~1/14(日)  くじゅう山域(冬山・雪山登山技術と装備・雪上歩行)

教育部実技山行計画(らんたん教室初級コース)と(リーダー養成コース)合同でくじゅう山域(おにぎり山付近)で実施、2.3日前からの大雪で絶好の訓練日となりました。

初級コースは雪山での歩き方またワカン、アイゼン装着での歩き方を訓練しました。

翌日は宿(くじゅうヒュッテ)から指山への登攀実施、リーダー養成コースは三俣山へ。

参加者 初級コース 12名  リーダー養成コース 7名

Img_0808
九重青少年自然の家にて準備、途中チエーンを装着してきました。

Img_0811
訓練場のおにぎり山へ、積雪のめぐり合わせラッキーでした

Img_0813

早速ワカン装着の練習です。



Img_0828
雪山初めての IさんにKさん 
Img_0849

雪が膝まであり練習にはもってこいの場所でした。
Img_0821_2
リーダーコースの人達が上がつてきました、流石に足取りがかろやかですね・・・
Img_0862

雪の壁をよじ登って!中々進みません、講師も孤軍奮闘です。
Img_0876

雪山に馴れてきたのか昼食時はあまり寒さを感じませんでした。
Img_0880
Img_0882

今度は講師を先頭にアイゼンの歩行練習です。
Img_0886

食事前にFさんの講義(行動食の取り方、低体温症,凍傷について)、中々食事にありつけません。みっちりと鍛えられます。
Img_1045

やっと食事にありつけました、小鉢が沢山に鍋料理、おまけにイノシシ料理までサービスして頂きました。
Img_0925
今日はいよいよ実践です。

Img_0931
新入会員の方は雪に感動です。

Img_1018

三俣山が目前に!
Img_1019

阿蘇五岳もクッキリ、樹氷も綺麗、冬山に虜になりそう。
Img_0954
風邪気味のHさんヒュッテから大曲までの散策で雪を堪能。

Img_0968
上泉水

Img_0989
くじゅうヒュッテの二階から、三俣山を!

Img_1009

大曲経由指山へ帰りは長者原経由で所要時間6時間30分(リーダーコースは4時間)本当にお疲れ様でした。宿の女将さんがだんご汁で慰労して頂きました。新入会員の方も今回の雪山教室大満足のようでした。これからもしっかり雪山を楽しんでください。講師の方もご苦労さまでした。

                                         by/kokabe






|

2018年1月12日 (金)

2018.1.7(日) 福智山(筑豊新道を歩く)

2018.1.7(日) 筑豊新道を歩く。 天気:曇り

参加者:22名(男性12・女性10)

曇ってはいるが時々陽がさす。福智山ダム湖畔の神社からの登山口もあるが、今日は更に上のダムまで上がる。

この軌跡はA.Mさんからの提供です。

Cid_bfde8fa990c64af29df5c370bc519_2

今日はK.Nさんの音頭でラジオ体操です。

Img_1380

暫くは渡渉もある沢の横を歩きます。

Img_1386

Img_1387

上りが始まります。

Img_1389

Img_1391

Img_1395

所々ロープを張った岩場も出て来ます。

Img_1397

Img_1404

直登のルートでガレ場もあるので、下りには使わないで下さいとの注意書きもあった。事故で亡くなられた方もいるらしい。

Img_1412

雪は殆ど無かったが、小屋近くになると少し雪が。

Img_1414

Img_1415

山頂にて。

Img_1418

雲はあるが空気が澄んでいるので見晴らしは良かった。

Img_1419

しかし山頂は流石に寒いので荒宿荘小屋まで下りてお昼を。

Img_1422

下山はからす落の分岐から大塔の滝へ。

Img_1424

Img_1423

Img_1427

大塔の滝にて2班

Img_1429

1班

Img_1431

3班

21img_1430

下山口には登山靴を洗うブラシが5本程置いてあり、有難く使わせてもらった。

22img_1432

無事下山。

23img_1433

新春登山ではあったがアイゼンを装着することも無かった。福智山は自然が一杯でルートも沢山あり、私の好きな山だ。 by.akira

| | コメント (0)

2018.1.7

| | コメント (0)

山行計画(H30年2月11日~4月7日)

2018年2月11日~4月7日の計画リスト

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
 

出発日

 
 

終了日

 
 

山域

 
 

グレード

 
 

CL

 
 

SL

 
 

211()

 
 

 

 
 

九千部山(平等寺から)

 
 

A☆

 
 

菊永

 
 

松永伸

 
 

211()

 
 

 

 
 

御前岳~釈迦岳

 
 

 
 

福永

 
 

麻生

 
 

214()

 
 

 

 
 

大牟田市内散策

 
 

 
 

古崎

 
 

 
 

218()

 
 

 

 
 

油山十六景(後半)

 
 

 
 

児島

 
 

楢崎

 
 

218()

 
 

 

 
 

涌蓋山(地蔵原登山口から)

 
 

 
 

井上敏

 
 

鍵山

 
 

222()

 
 

 

 
 

佐世保&伊万里梅園散策

 
 

 
 

高松

 
 

参加者

 
 

225()

 
 

 

 
 

羽金山~雷山

 
 

A☆

 
 

渡辺豊

 
 

田中良

 
 

225()

 
 

 

 
 

三郡縦走

 
 

 
 

高石

 
 

能登原

 
 

228()

 
 

 

 
 

高祖山

 
 

 
 

岡田

 
 

梅津

 
 

34()

 
 

 

 
 

城山と那珂川町散策

 
 

 
 

城戸

 
 

岡本

 
 

34()

 
 

 

 
 

四王寺山(大野城市から)

 
 

 
 

山口善

 
 

参加者

 
 

34()

 
 

 

 
 

十坊山~二丈岳

 
 

 
 

山口收

 
 

吉永喜

 
 

34()

 
 

 

 
 

英彦山

 
 

 

 
 

河内山

 
 

菊永

 
 

34()

 
 

 

 
 

英彦山

 
 

 

 
 

井上富

 
 

児島

 
 

310()

 
 

 

 
 

十坊山~浮岳

 
 

A☆

 
 

渡辺豊

 
 

高石

 
 

311()

 
 

 

 
 

地島

 
 

 
 

吉永洋

 
 

福島

 
 

311()

 
 

 

 
 

戸城山(田川郡赤村)

 
 

 
 

森川

 
 

矢野

 
 

311()

 
 

 

 
 

多良岳~経ヶ岳

 
 

 
 

田中良

 
 

小池

 
 

314()

 
 

 

 
 

鬼ヶ鼻

 
 

 
 

古川

 
 

太田

 
 

317()

 
 

318()

 
 

周防大島

 
 

HA

 
 

河内山

 
 

池川

 
 

318()

 
 

321()

 
 

武尊山山麓スノーシュー

 
 

A☆

 
 

河野

 
 

参加者

 
 

318()

 
 

 

 
 

金山(三瀬峠から)

 
 

 
 

鍋山

 
 

河島

 
 

320()

 
 

 

 
 

佐渡窪

 
 

 
 

樗木

 
 

木下

 
 

321()

 
 

 

 
 

牧の山~青螺山~黒髪山

 
 

 
 

都築

 
 

鍵山

 
 

324()

 
 

 

 
 

天拝山

 
 

 
 

内山

 
 

鹿児島

 
 

324()

 
 

325()

 
 

脊振西部縦走(十坊山~雷山)

 
 

 
 

松尾

 
 

参加者

 
 

325()

 
 

 

 
 

浅間山~岳滅鬼山

 
 

A☆

 
 

鶴屋

 
 

参加者

 
 

326()

 
 

 

 
 

片縄山~油山

 
 

A☆

 
 

城戸

 
 

原口

 
 

329()

 
 

 

 
 

大平山(甘木市)  

 
 

 
 

羽野

 
 

野田初

 
 

329()

 
 

 

 
 

十坊山

 
 

 
 

佐藤

 
 

調

 
 

41()

 
 

 

 
 

油山~荒平山

 
 

 
 

小山

 
 

窪山

 
 

42()

 
 

45()

 
 

筑波山・三毳山

 
 

 
 

矢田薫

 
 

参加者

 
 

42()

 
 

 

 
 

福智山

 
 

 
 

花井雄

 
 

黒瀬

 
 

45()

 
 

 

 
 

江田船山古墳と肥後民芸村

 
 

W

 
 

福島

 
 

岡本

 
 

47()

 
 

 

 
 

蛤岳

 
 

 
 

児島

 
 

坂田

 

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »