« 2017.11.20~23 紅葉の京都一周トレイル  | トップページ | 2017年12月2日(土) 車谷植樹地見回り »

2017年12月 4日 (月)

2017年12月2日 古処山

Photo
             《サア~~~古処山山行のスタートです。笑顔がステキ!》

山行年月日。oо○**平成29年12月2日(土) 晴れ グレードA☆

参加者数13名。oо○女性メンバー7名 男性メンバー6名(内運転協力1名)

山行コース。oо○**天神=みなみの里(道の駅)=古処山秋月登山口
              (キャンプ場入口)・・・(九州自然歩道)・・・ツゲ林原始林
              ・・・古処山山頂(昼食)・・・(八丁越コース)・・・国道出合
              ・・・林道分岐・・・秋月街道旧八丁道・・・八丁苑キャンプ場
              ・・・だんごあん・・・古処山秋月登山口=秋月城下町散策
              =みなみの里=天神
              
              
 戦国時代の山城、また山岳宗教の霊場でもあった「古処山」を目指します。
ここから渓流沿いに登って行きます。Photo_3

 平成24年?の大雨で登山道は荒れ、成長した杉もなぎ倒され、
倒木は数知れず。
Photo_4

 ここが七合目、急登が続き、楽しく会話を続けていたメンバー達の会話も、
やや途絶えがち。でも~~~
Photo_5

 どんな困難でも根を挙げないメンバーです。この程度の急登は黙々と歩を進める
のみ。でもカメラマンはチョット、足元がおぼつかないようで、少々ピンボケです。
Photo_6

 見てください、この荒れた登山道を。まだまだ続きます。
Photo_7

 荒れた登山道をヤット通過して、雑木林に入ってきました。しかし美しい紅葉を
期待してここまで頑張ってきましたが残念。落ち葉がびっしりと積もって見上げる
木々は厳しい冬に備えて、もう冬支度体制か。
Photo_8

 古処山の素晴らしい魅力のひとつ、ツゲ原始林を通過中です。古処山のツゲ
は、貴重な原始林として国の特別天然記念物に平成27年3月に指定されました。
木漏れ日がツゲのトンネルを美しく演出しています。
Photo_24


 山頂間近になってきましたが、しばらく岩場が続きます。しかしここまでくれば山頂
までもう一息、足場を注意して登って行きます。 
Photo_10

 スタートしてから約2時間半、途中、ガレ場あり、急登あり、岩場あり、・・・・。
山頂の居心地は最高です。疲れは見せず、カメラに向かって「ニッコリ☻」
Photo_11

 山頂は風もなく、寒くもなく、小春日和のような陽気のもとでの山頂ランチタイム。
おにぎりの一口が、コーヒーの一杯が、頂いたメンバー自家製の沢庵が、頂いた
リンゴが、頂いたチョコが実に美味しい山行での昼時です。
Photo_12

 復路は「旧秋月街道」方面へ下山します。途中にはツゲの古木と共に、様々な
表情の石仏が祀ってあり、その優しいお顔に、メンバーもつい、にこやかに。Photo_13

 復路は、往路コースの厳しい登山道とは異なり、ゆったりとしたコースです。
Photo_14

 その落ち葉に覆われた晩秋の素敵な登山道を「あだると山の会」のメンバーが
独り占めです。整然と並んでスキップでも始めたい、楽しい気分です?
Photo_15

 林道を出て、国道322号線をしばらく進み、「秋月街道旧八丁道」に入ります。
Photo_16

 先人たちが歩いてきた石畳が続く、旧秋月街道をゆったりとした気分で進みます。
途中国道322号を横切り、渓流に沿って「譚空庵(たんくうあん)通称だんごあん」
方面へ
下って行きます。
Photo_17

 その渓流沿いに、太陽の光に照らされて黄金に輝くモミジに、思わずシャッターを
切ってしまいました。澄んだ秋空が覗いて更に輝きが増しているようです。
Photo_18

 「秋月街道旧八丁道」終点です。出発地点の登山口まで、もう少しですヨ。
Photo_19

 予定より早めの登山口到着です。近くの観光スポット「秋の秋月城下町」の散策
が、参加者の満場一致で決定。
Img270


 秋月城下町の散策は、紅葉観賞から。美しい紅葉をいかに美しく再現し、
今年の流行語大賞に選ばれた「インスタ映え」の映像を確保するかどうか、
流行に敏感なのは年齢に関係なし!「おじいちゃん、お・・ちゃん、頑張って」
Photo_20

 真っ赤なモミジ葉を見ながら、多くの観光客が、古都の風情を楽しんでいます。
「アレ見慣れた観光客が!」
Photo_21

 【黒門】
  戦国時代には秋月氏古処山城の裏門、江戸時代には黒田氏が秋月入封の際、
  表門とした。その後「垂裕神社」の神門として現在の場所に移築された。秋には
  黒門の回りのモミジが見事に紅葉します。(観光パンフレットより)
Photo_22
              
【写真はパンフレットからではありませんヨ。自前です】

 甲冑を装着した「あなたは誰?」 モデルをお願いしたら、快く応じていただきま
した。カメラ慣れした秋月藩の心優しき武将です。
Photo_23

  頼もしく槍を構える武将から、
    古処山山行に参加された「あだると山の会」の皆さんへ伝言です。

  素晴らしい秋景色の秋月を満喫できましたか。
     初CLのIさん、ご苦労様でした。
         先輩からのアドバイスを頂きながら、更にまた一歩前進ですネ。
           春の秋月が、また皆さんを歓迎します。
           

                         Written by/つぎちゃん
            
     

 

|

« 2017.11.20~23 紅葉の京都一周トレイル  | トップページ | 2017年12月2日(土) 車谷植樹地見回り »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017.11.20~23 紅葉の京都一周トレイル  | トップページ | 2017年12月2日(土) 車谷植樹地見回り »