« 2017年10月27日(金) 平尾台(リンドウ・ウメバチソウ) | トップページ | 2017年11月3日(金曜日・祝日) 経ヶ嶽 »

2017年11月 5日 (日)

2017.11.2~3 歴史探訪 秋の吉備路 風土記の丘

 参加者 美女ばかり8名
 天気  冠雨女CLKさん汚名を返上して2日間快晴

緑憩掲載「風土記の丘 吉備路」の名に惹かれ、何も勉強することなく漫然と
参加でしたが、歴女Kさんの綿密な計画で秋の吉備路満喫でした。

11/2 岡山まで新幹線、岡山駅で桃太郎線(吉備線)に乗り変え吉備津で下車。
P1010819
無人駅です。
吉備津から歩いて吉備津神社へ。
今回参加させていただいた動機として吉備津→吉備津の釜→雨月物語
の連想ゲームがあり、雨月物語の話の内容も思い出せなかったのですが、
「吉備津神社」期待大です。

P1010820

歩いていく途中のマンホールの蓋も桃太郎

P1010822
官弊中社ということで皇室と繋がりがあるのでしょうか。
とても風格のある神社です。
P1010823
この説明にある温羅という人が渡来人で勢力を持っていたのを(多分大和朝廷
からの指令で)吉備津彦命が退治したのが桃太郎伝説らしいです。
P1010825
矢置岩、年月を感じさせます。
P1010829

立派な社殿。出雲大社の作りと同じでしょうか。

P1010836
境内にある大銀杏の大木も、立派な回廊も歴史を感じます。

吉備津の釜は今も火を絶やさないで占ってくれるようでしたが(3000円)
退治された温羅が吉備津彦の夢に出てきて作られたそうで雨月物語が
江戸時代の話かと思われ、それよりかなり前から歴史にあるようです。
ちなみに雨月物語の話では釜が全く鳴らなくてそれは大変な凶の占い
だったとのことです。


P1010838

大変興味深い吉備津神社を後にして、タクシーで造山古墳へ移動です。
タクシーの運転手さんすごく親切。
P1010841
公園から見た古墳。
P1010840
古墳の上は整備されていて広い。吉備路が一望のもと。

P1010844
吉備路を歩いていくメンバー
逆コースから歩いてくるたくさんの高校生たちのグループと出会いました。
ゴールで迎える先生たちはハローウインの扮装で。
時代は変わってます。

P1010847_2
こうもり塚古墳の石棺。

P1010858
備中国分寺
稲刈りが終わり、柿が実り、五重の塔が美しい。

おもてなし館で一休みして作山古墳まで歩きます。
ちょっとした丘はみんな古墳に見えてきました。
奈良の古墳は作ったという感じですが、この辺りの古墳は自然の丘を
利用しているのかなと思えます。
P1010860

たくさん歩いたのでタクシーで総社駅へ向かい、伯備線で高梁へ。
総社市も高梁市も初めて聞く地名でした。



11/3  朝食後タクシーで雲海を見にいきました。
朝起きたら濃霧注意報で雲海は無理では?と思ったのですが、霧の中を
抜けたら晴天。展望台にはたくさんの人人人
見事な雲海で歓声を上げてしまいました。
しばらく待っているとやがて霧の中からなんと!!!
P1010866_2
お城が浮かび上がってきて…  なんて幻想的
P1010869
備中松山城でした。
やがてまた…
P1010872

霧に隠れて…

本当に夢の中の世界でした。
もう少し待てばまた現れるかもしれないけれどタクシーでお城へ向かいます。
P1010881
自然のままの巨石を石垣の中に組み込み、見事な調和です。
P1010883
小さいけれど昔の山城を修復した趣のある城でした。
P1010890_2
二人程足りませんが今回のメンバーです。

高梁の街並みは古い武家屋敷、由緒あるお寺など風情のある町で
映画の撮影にもよく使われているそうで、寅さんにも出てくるそうです。
P1010893
武家屋敷で

P1010894

頼久寺 小堀遠州の庭園

高梁から伯備線で総社へ。
鬼の城(きのじょう)へ向かいます。
いろんなシーンに出てきた温羅の城ということで、鬼の城です。
山城で歩いていてとても四王寺山によく似ていました。
P1010907
よく復元されていて訪れる人も多い場所でした。

P1010899


P1010904


一周したら楽しそうでしたが時間がなくてハイライトのみ。

盛りだくさんの歴史の旅でこの計画を作るのは本当に大変だったことと
思われます。
全て初めて見聞きする場所で、出会った人たちは皆さん親切で
楽しい旅でした。

まだ見たりない人はもう1泊して帰途はそれぞれに解散しました。

                by:tsuzuki












































|

« 2017年10月27日(金) 平尾台(リンドウ・ウメバチソウ) | トップページ | 2017年11月3日(金曜日・祝日) 経ヶ嶽 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年10月27日(金) 平尾台(リンドウ・ウメバチソウ) | トップページ | 2017年11月3日(金曜日・祝日) 経ヶ嶽 »