« 2017.10.26(木) 御前岳~釈迦岳 | トップページ | 2017.11.2~3 歴史探訪 秋の吉備路 風土記の丘 »

2017年11月 1日 (水)

2017年10月27日(金) 平尾台(リンドウ・ウメバチソウ)

参加者15名(男性3名・女性12名)    天気 晴れ    グレードH
 
天神8時出発です。渋滞気味の中、平尾台の自然観察センターを目指します。
次の日(10/28日)には台風22号の影響で雨予報が出ているので、センター長
さんが「今日は秋の花ラストチャンスかもしれませんね~」と仰っていました。
又”ノコンギク”と”ヤマジノギク”の見分け方を教えて頂きました。茶ヶ床駐車場
に移動して、ストレッチ体操の後散策出発しました。今日はお客さんが多いです。
 
P1020534  
10:30 身体をほぐして行動に備えます。爽やかだけどちょっと?暑いかな?
 
P1020535_2
10:40 茶ヶ床駐車場横の散策路から入ります。皆さん地図とカメラとスマホ
と花図鑑のコピー(先程観察センターで100円で購入)を手に、登山道脇を
右を向いたり左を向いたりしながら歩きます。YAMAP作るのかな~?
 
P1020536
早速花々出現です。シマカンギク(島寒菊・キク科) センターで・・菊の原種
だ・・と教えて頂きました。ただ島地は好まず山地に多いそうです。名前が変?
 
P1020537
リンドウ(竜胆・リンドウ科)は平尾台全域で見られます。
 
P1020538
ハバヤマボクチ(葉場山火口・キク科) 先の白い部分は花粉です。アザミの
花と同じ仕組みだそうです。ハバヤマボクチも全域で見られます。
 
P1020539
皆さん熱心に花図鑑コピーと照らし合わせています。石灰岩の間を進みます。
 
P1020590
ヤマラッキョウ(山辣韮・ユリ科) ヤマラッキョウも沢山咲いています。ただ
ヤマラッキョウはこの辺りだけしか咲いていません。土の好みでしょうか?
 
P1020548
ヤマジノギク(山路野菊・キク科) 茎上部の葉は線形でちょっと菊らしくない?
このキクも全域に咲いています。
 
P1020594
ヒナヒゴタイ(雛平江帯・キク科)絶滅危惧種だそうです。後ろは大平山です。
 
P1020598_2  
茶ヶ床より(中峠方向から)ゆっくり歩いて約60分です。四つ辻分岐に出ました。
右手が急坂、左手に5分で”リンドウ・ウメバチソウの丘”(勝手に名付けています)
があります。まずはリンドウの丘に行きます。
 
P1020553
四つ辻から5分、目の前の丘まで・・・。
 
P1020554
草むらに見えますが、この中にリンドウ・ウメバチソウ・センブリ・等かたまって
咲いています。ウメバチソウはここだけで見られると思っていましたが、もう一カ所
群生地があるそうです。センターで教えて頂きました。後で寄って見ま~す。
 
P1020567
ウメバチソウ(梅鉢草・ユキノシタ科) 緑色のピレピレ?している物は花粉を
出さない仮雄しべと呼ばれているものだそうです。面白いですね~。
 
P1020541
これ以上は無理?と思える程多くの花冠が1本の茎についています。
 
P1020571
(白)センブリ(千振・リンドウ科) 苦味健胃薬として知られている薬草です。
名前は千回振り出してもまだ苦いという意味だそうです。
 
P1020613
ムラサキセンブリ(紫千振) こちらは薬用にはならないとか・・・。今年は?
ムラサキセンブリが全域に咲いていますが、特にウメバチソウの群生地に
一緒に沢山咲いているのです。相性が良いのでしょうか?
 
P1020556
さあお花鑑賞の後は、四つ辻に戻って来ました。
今日一番の難所!?の急坂を上がります。
 
P1020559_2
う~ん??別に難所ではありませんね~。皆さんスイスイ登って行きます。
やはり”あだるとメンバー”は鍛えています。素晴らしい
 
P1020562
急坂上がった四方台で昼食です。お食事中失礼しま~す。パチリ
 
P1020563
う~ん花も良いけど、やはり花よりダンゴかしら?美味しそうですね~。
 
P1020564
お料理上手の先輩方・・・集会の時は何時もお世話になっていま~す。
いつもご馳走をありがとうございま~す。今日はどんなご馳走ですか?
 
P1020565
美味しそうですね~。T.さん×を出していますが、すみませ~ん、もう撮っちゃい
ました。
 
P1020566
T.さんの楽しい?お話で盛り上がりましたよ。あらっ?!お一人お顔を公開
出来ない方がいらっしゃるようです。ごめんなさ~い。
 
P1020561
S.さんちょっと離れて・・・邪魔されずにランチを楽しんでいらっしゃいますか?
 
P1020570
13:00 昼食後、センターで教えて頂いたウメバチソウの群生地に寄って、
元のコースに戻って来ました。左前方は貫山ですが、今日は登りません。
先の四つ辻を右折します。
 
P1020573_2
九電の電波塔。左奥は偽水晶山、もっと奥に本物の水晶山があります。
中奥は苅田アルプス(苅田町で勝手に名付けているようですが・・)です。
雲が無ければ右手に由布岳が綺麗に見えます。防火帯に沿って右折します。
 
P1020574
右折したら茶ヶ床方向(前の山の向こうですが)が見えて来ます。今から
左手の小さなピークを越えて唐手岩・真正面下に見えている広谷湿原経由で
茶ヶ床駐車場へ戻ります。
 
P1020578
秋のセンボンヤリ(千本槍・キク科) 春に可愛い花を咲かせる(春の)千本槍
は知っていましたが、秋に花が開かない(閉鎖花と言うそうです)千本槍がある
とは!!知りませんでした。この写真はもう”そう果(種)”になっています。
 
P1020579
広谷台(510m)というピークに来ました。平尾台のHaさんが・・初めて踏んだ
ピーク・・だそうです。それで記念写真を撮りました。
P1020580
 
P1020581
広谷台から10分強で唐手岩の上に出ます。ここから右下へ下ったり上ったり・・。
 
P1020583
広谷湿原の方に下って来ました。下から唐手岩を見上げています。
 
P1020587
約15:00です。あと10分強で茶ヶ床です。皆様お疲れ様でした~。
「今日のコースはHコースでは無くてH☆コースだわ~」と言われましたが、
ヒヤリーハットも無く、全員平気なお顔で茶ヶ床駐車場に戻って来ました。
良いお天気とメンバーに恵まれて素晴らしい山行になりました。
           さんくす♪(o ̄∇ ̄)/ by / Fusako I. 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 2017.10.26(木) 御前岳~釈迦岳 | トップページ | 2017.11.2~3 歴史探訪 秋の吉備路 風土記の丘 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017.10.26(木) 御前岳~釈迦岳 | トップページ | 2017.11.2~3 歴史探訪 秋の吉備路 風土記の丘 »