« 2017年7月16日~20日会津駒ケ岳・燧岳・至仏山 | トップページ | 2017.07.23(日)~07.25(火)白山 »

2017年7月28日 (金)

2017.7.20 久住 雨が池

曇り時々晴れ 参加者12名(女性9名 男性3名)

 北部九州豪雨の被災状況が刻々と報道される中この計画が出来るのか

実施していいものかと情報を収集したり悩みながらの日々でした。

通行止めになっていた朝倉IC~杷木間の開通と久住山系の登山道の安全を

長者原ビジターセンターに確認し支障はないとのことで実施する事にしました。

九重ICに向かう高速道は災害支援の車両が続々と前後に走っていて事の重大さを

改めて思い知りました。車窓から土砂で埋め尽くされまだ何の手も付けられていない

災害の様子が到る所で見られ心が痛みました

山田SAでは支援の緊急車両が何台も待機中でした。ご苦労様です。

Ame29

長者原から歩き始めてすぐにヒゴタイが開花し始めているが色づきはまだ浅い。

Ame1

この橋を渡れば蓼原湿原です。
Ame2

入口近くにこんなやさしいピンクの花がチダケサシ(乳茸刺)というようです。
Ame9

お目当てのノハナショウブ咲いていました 
Ame7

Ame24

今日あたり九州北部は梅雨明け発表がありそうで熱中症の心配があります。

ここは高原なので少し涼しい。

Ame11

クサレダマ(草連玉)。

カタカナでは印象がよくない名前ですが漢字にすると納得のいく素敵な花ですね
Ame3

 カキランというようです。花の色が柿に似ていることからの名のようです。
Ame25

ユウスゲ。夕方になるのを待って今日にでも咲くのかな

Ame33

いよいよ樹林帯に入ります。
Ame14

山紫陽花。今が盛りのようであちこちにありました。

Ame15

山紫陽花を目の前に少しゆっくりコースの皆さん

Ame16

ショウキラン。葉緑素を持たない珍しい花です。

Ame18

ヒヨドリバナの蜜を吸っているのかな

Ame26

ヒヨドリバナ
Ame17

ヒメウツギかな?
Ame19

イブキトラノオ
Ame20

雨が池に着きました。ゆっくり組はここまでです。

ここにノハナショウブが咲いているのを期待しましたが全くありませんでした。
Ame21

シモツケ
Ame22

シライトソウ
Ame23

登山組は坊がつるまで行きました。

Ame27
向こうは大戸越、北大船、大船山ですね。
Ame28

ノハナショウブを傍に見ながら長者原に向かいます。

Ame34
今日の天気予報では九重付近は雷注意報が出ていて心配しましたが

雨が一瞬だけ降っただけでした。梅雨も明け高温注意報も出そうで今後が

思いやられますがそんな事がひと時でも忘れられる好い一日でした。

                          by yada

|

« 2017年7月16日~20日会津駒ケ岳・燧岳・至仏山 | トップページ | 2017.07.23(日)~07.25(火)白山 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年7月16日~20日会津駒ケ岳・燧岳・至仏山 | トップページ | 2017.07.23(日)~07.25(火)白山 »