« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

2017/6/22 豊前市探訪  アジサイ鑑賞ウオーキング&築城町観光

参加者  12名  天候 晴れ
 
豊前市 岩屋活性化センター~卜仙の郷(昼食)~本庄の大楠~築城町の旧蔵内邸~船迫窯跡公園と。特に旧蔵内邸の(国指定名勝)説明には飽きることなく感嘆しました。未だの方は是非行ってみて下さい。
 
Fullsizerenderjpg_2
活性化センターの責任者の方から枝川内アジサイランドの説明を受けウオーキング開始。
因みにここのアジサイは15000本強あるそうです。
Fullsizerenderjpg
アジサイと田園のコントラストが!田舎しか見られない風景です。
Img_7378jpg
Img_7381jpg
天気も良し、アジサイも綺麗し・・・
Img_7384jpg Fullsizerenderjpg_3
カメラマンのKさん、熱心に撮影です、撮影後の映像を見せてもらいましたが、さすがアングルの目の付け所が違います。
 
Img_7529jpg Img_7530
蕎麦の生育が日照り続きで今一でした。
Fullsizerenderjpg_5
Img_7532jpg_2
近くにあった岩洞窟へ、天井に彫られていた絵は、天女かな
Fullsizerenderjpg_a
国指定天然記念物  本庄の大楠
Fullsizerenderjpg_456
この大楠は全国での巨樹の中では日本で4番目だそうです
 
Fullsizerenderjpg_abc
記念撮影
Fullsizerenderjpg_6
国指定名勝  旧蔵内邸
Img_7475jpg_789
熱心に説明して頂きました。特に各部屋ごとの異なった手作りの欄間、凄い職人さんがいたもんだ。
Fullsizerenderjpg_2_2
庭園にはもう萩の花が。
Fullsizerenderjpg_11_2
最後に船迫窯跡公園で説明をうける
Fullsizerenderjpg_12
ここは瓦の乾燥場所だったとか。
Fullsizerenderjpg_13
堂がえり窯跡  すごく大きい
今回はCLの肝いりで昼食を挟んで4ケ所を回りました。4ケ所とも見応えのある場所で企画されたCLのTさん、本当にご苦労さまでした。
今回運転協力を頼まれたKは初めてのグレードWの参加でしたが盛沢山の観光ができ大変満足しました。また帰りには同乗者のHさん。Yさん、Nさんの入会時からの豪快な話が聞けて楽しい運転でした。
                                       by/kokabe

|

2017年6月24日 (土)

山行計画 7月緑憩掲載予定分

山行計画 7月17日以降の計画リスト
「山行計画書」掲載リスト(7月緑憩掲載予定分)                                                   
 

出発日

 
 

終了日

 
 

山域

 
 

グレード

 
 

CL

 
 

SL

 
 

717()

 
 

 

 
 

裏宝満

 
 

 
 

高石

 
 

松下

 
 

720()

 
 

 

 
 

雨ヶ池

 
 

H☆

 
 

矢田薫

 
 

片小田

 
 

723()

 
 

725()

 
 

白山

 
 

 
 

藤井

 
 

山口光

 
 

725()

 
 

729()

 
 

南アルプス(北岳~間ノ岳~農鳥岳)

 
 

B☆

 
 

松永伸

 
 

参加者

 
 

730()

 
 

 

 
 

多良岳

 
 

 
 

小池

 
 

参加者

 
 

730()

 
 

 

 
 

小爪沢

 
 

初級

 
 

安永

 
 

増田

 
 

7月下旬

 
 

 

 
 

佐世保鹿子前散策

 
 

 
 

尾田

 
 

参加者

 
 

8月上旬

 
 

 

 
 

槍ヶ岳(表銀座コース)

 
 

B☆

 
 

井上敏

 
 

鍵山

 
 

8月上旬

 
 

 

 
 

七ツ釜

 
 

 
 

尾田

 
 

参加者

 
 

82()

 
 

 

 
 

井原山

 
 

 
 

庄野

 
 

吉時

 
 

83()

 
 

 

 
 

御前岳山麓

 
 

 
 

岡本

 
 

横山

 
 

83()

 
 

88()

 
 

唐松岳~五竜岳~鹿島槍ヶ岳

 
 

B☆

 
 

高尾

 
 

藤井

 
 

86()

 
 

 

 
 

脊振山域(らんたん/初級)

 
 

 

 
 

安永

 
 

渡辺豊

 
 

86()

 
 

 

 
 

脊振山域(らんたん/リーダー養成)

 
 

 

 
 

井上晃

 
 

藤井

 
 

811()

 
 

 

 
 

御前岳~釈迦岳

 
 

A☆

 
 

鍵山

 
 

中村

 
 

811()

 
 

 

 
 

金山(花乱の滝コース)

 
 

A☆

 
 

山口收

 
 

参加者

 
 

820()

 
 

 

 
 

平尾台

 
 

 
 

福永

 
 

楢崎

 
 

820()

 
 

 

 
 

内住峡

 
 

初級

 
 

中里

 
 

猪原

 
 

821()

 
 

825()

 
 

甲斐駒ヶ岳・仙丈岳

 
 

 
 

井上富

 
 

 
 

821()

 
 

825()

 
 

霞沢岳~大滝山~蝶ケ岳~常念岳

 
 

 
 

佐藤

 
 

熊野

 
 

825()

 
 

 

 
 

猟師山~合頭山(やまなみハイウェイから)

 
 

 
 

羽野

 
 

内山

 
 

825()

 
 

 

 
 

猟師山~合頭山(スキー場から)

 
 

 
 

高尾

 
 

参加者

 
 

826()

 
 

 

 
 

恐ヶ淵

 
 

中級

 
 

河野

 
 

参加者

 
 

827()

 
 

 

 
 

古処山~馬見山

 
 

A☆

 
 

有馬

 
 

木下

 
 

9月上旬

 
 

 

 
 

五ヶ山

 
 

 
 

森川

 
 

坂井

 
 

93()

 
 

 

 
 

涌蓋山

 
 

 
 

高石

 
 

菊永

 
 

94()

 
 

 

 
 

鞍岳~ツームシ山

 
 

 
 

河内山

 
 

村上

 
 

95()

 
 

 

 
 

新入会員研修(会事務所)

 
 

 

 
 

安永

 
 

 

 
 

99()

 
 

 

 
 

足立山~小文字山

 
 

 
 

鍋山

 
 

田中良

 
 

910()

 
 

 

 
 

頭巾山~三郡山~内住峡~前砥石

 
 

 
 

深堀

 
 

猪原

 
 

910()

 
 

 

 
 

田原山(らんたん/初級)

 
 

 

 
 

樗木

 
 

渡辺豊

 
 

910()

 
 

 

 
 

田原山(らんたん/リーダー養成)

 
 

 

 
 

中里

 
 

福永

 
 

911()

 
 

 

 
 

油山

 
 

 
 

稲森

 
 

是枝

 
 

9月中旬

 
 

 

 
 

戸谷ヶ岳(川崎町)

 
 

WH

 
 

尾田

 
 

参加者

 
ファイルのダウンロード
下記をクリックしてください

| | コメント (0)

山行計画 6月11日以降

山行計画リスト

2017年6月11日以降の計画リスト

「山行計画書」掲載リスト(6月緑憩掲載予定分
 

出発日

 
 

終了日

 
 

山域

 
 

グレード

 
 

CL

 
 

SL

 
 

611()

 
 

 

 
 

油山(遭難対策・救急処置)[教育部]

 
 

 

 
 

新貝

 
 

熊野

 
 

614()

 
 

 

 
 

机上学習(気象)

 
 

 

 
 

新貝

 
 

甲斐

 
 

615()

 
 

 

 
 

星塚山とグリーンピア八女

 
 

WH

 
 

田中和

 
 

山口善

 
 

617()

 
 

618()

 
 

扇ヶ鼻・大船山

 
 

A☆

 
 

小壁

 
 

鍵山

 
 

618()

 
 

 

 
 

砥石山~三郡山~宝満山

 
 

 
 

高尾

 
 

楢崎

 
 

618()

 
 

 

 
 

油山(らんたん/初級)

 
 

 

 
 

児島

 
 

渡辺豊

 
 

618()

 
 

 

 
 

油山(らんたん/リーダー養成)

 
 

 

 
 

河野

 
 

福永

 
 

622()

 
 

 

 
 

枝川内(豊前市)

 
 

 
 

高松

 
 

中市

 
 

624()

 
 

 

 
 

油山~荒平山

 
 

 
 

菊永

 
 

鍋山

 
 

625()

 
 

 

 
 

江田船山古墳と肥後民芸村

 
 

 
 

福島

 
 

岡本

 
 

629()

 
 

 

 
 

四王寺山

 
 

 
 

片小田

 
 

横山

 
 

6月下旬

 
 

 

 
 

利尻山・礼文島・宗谷岬

 
 

 
 

都築

 
 

小壁

 
 

7月上旬

 
 

 

 
 

会津駒ヶ岳・燧ケ岳・至仏山

 
 

 
 

熊野

 
 

参加者

 
 

71()

 
 

72()

 
 

九重(らんたん/初級)

 
 

 

 
 

楢崎

 
 

渡辺豊

 
 

71()

 
 

72()

 
 

九重(らんたん/リーダー養成)

 
 

 

 
 

熊野

 
 

新貝

 
 

72()

 
 

 

 
 

三日月山~立花山~松尾山~白岳

 
 

A☆

 
 

深堀

 
 

花井悦

 
 

76()

 
 

 

 
 

机上学習(沢登り講習)

 
 

 

 
 

中里

 
 

 

 
 

79()

 
 

 

 
 

扇ヶ鼻~久住山

 
 

 
 

木下

 
 

調

 
 

79()

 
 

 

 
 

久住山~中岳~天狗ヶ城

 
 

 
 

松永伸

 
 

吉永喜

 
 

712()

 
 

 

 
 

雨ヶ池

 
 

H☆

 
 

矢田薫

 
 

片小田

 
 

717()

 
 

 

 
 

裏宝満

 
 

 
 

高石

 
 

松下

 
 

720()

 
 

 

 
 

五ヶ山

 
 

 
 

森川

 
 

坂井

 
 

720()

 
 

725()

 
 

針ノ木岳・蓮華岳・赤沢岳

 
 

 
 

甲斐

 
 

参加者

 
 

723()

 
 

725()

 
 

白山

 
 

 
 

藤井

 
 

山口光

 
 

725()

 
 

729()

 
 

南アルプス(北岳~間ノ岳~農鳥岳)

 
 

B☆

 
 

松永伸

 
 

参加者

 
 

730()

 
 

 

 
 

多良岳

 
 

 
 

小畑

 
 

小池

 
 

730()

 
 

 

 
 

小爪沢

 
 

初級

 
 

安永

 
 

増田

 
 

7月下旬

 
 

 

 
 

佐世保鹿子前散策

 
 

 
 

尾田

 
 

参加者

 
 

8月上旬

 
 

 

 
 

槍ヶ岳(表銀座コース)

 
 

B☆

 
 

井上敏

 
 

鍵山

 
 

8月上旬

 
 

 

 
 

七ツ釜

 
 

 
 

尾田

 
 

参加者

 
 

82()

 
 

 

 
 

井原山

 
 

 
 

庄野

 
 

吉時

 
 

83()

 
 

 

 
 

御前岳山麓

 
 

 
 

岡本

 
 

横山

 
 

83()

 
 

88()

 
 

唐松岳~五竜岳~鹿島槍ヶ岳

 
 

B☆

 
 

高尾

 
 

藤井

 
 

86()

 
 

 

 
 

金山(花乱の滝コース)

 
 

A☆

 
 

山口收

 
 

 

 
 

86()

 
 

 

 
 

脊振山域(らんたん/初級)

 
 

 

 
 

安永

 
 

渡辺豊

 
 

86()

 
 

 

 
 

脊振山域(らんたん/リーダー養成)

 
 

 

 
 

井上晃

 
 

藤井

 
 
ファイルのダウンロード
下記をクリックしてください
「2017611.docx」をダウンロード

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

2017年 らんたん教室 第2回リーダー養成コース・初級コース

2017年6月18日(日曜日)   天気:はれ

場所:油山市民の森

参加:リーダー養成コース 受講生5名・講師/担当者11名  計16名

   初級コース 受講生9名・講師/担当者8名  計17名

内容: 午前中 リーダー養成コース (リーダーのロープ活用法)

          初級コース(歩き方・ストックの使い方)

        午後 : あだると山の会の生い立ち   ・ゴーゴー体操

1_9

SI講師より 歩き方の基本について説明を受ける。
 

2_13

 歩き方のポイントは姿勢、ゆっくりと、歩幅を小さくこの3つです。

3_7

 段差の下り方の説明   受講生は真剣です。

5

  岩場の歩きかた、水が流れている岩を歩きます。 スベル スベル

Photo_4

 ザックの背負い方。 ①ヒップベルトを締める ②ショルダーストラップ

を引く等々を実演で教えていただきました。

Photo_5

Oさんから、会の生い立ちについて語る。

 登山する中で"何故山の中にゴミがおおいのか"と疑問を抱く中で労山に

参加し自然保護を訴える中で 中高年山の会の結成につながつてきた----

 あだると山の会の由来?  会当初の平均年齢? 参加者からの質問

1_8

  KO講師   机の上で指導  気合いが入っていました。

1_18

   スクワットです。 大腿四頭筋を鍛えます。

5_2

2_22

 股関節のストレッチ

3_8

1_19
腹筋です。 おなかが出て大変です。

 2_24
   腕立て伏せ   上腕三頭筋を鍛えます。

  本日の実技では ゴーゴー体操が一番 大変でした。

  日頃 鍛えていないために 明日は 筋肉痛か----

 

第3回 らんたん教室

   日時 7月1日~2日  場所 泉水キヤンプ場

  内容 テント設営・ツエルトの張り方/使い方・共同装備について・山小屋で

      の注意すること。

  献立  夕食:カレーライス     朝食:雑炊(餅入り)

 
                 リーダー養成と初級コースの人たちと共同です。

     初級コースのお手伝いをして頂ける方を募集しています。

            報酬なし。ボランティアです。
    

  

|

2017年6月17日~18日九重(扇が鼻・大船山)

参加者 9名(4)
天気   晴れ(ガス)
 梅雨入りというのに雨はほとんど降らない。おかげで九重特有の
ヌルヌル黒土は免れたのですが…
今年は花の当たり年で九重連山は花で埋め尽くされて幸せな山行でした。

17日 瀬の本の登山口の道路には数台の車が止めてあり、私たちも
仲間に入れさせていただく。
P1000864_2
鎖を2本くぐり、しばらく林道を行きます。
P1000866_2
急な馬酔木の林の中の登山道を過ぎると扇が鼻が見えてきます。
P1000868_3
気持ちの良い林
P1000871_3
岩井川岳分岐で
P1000877_4
どうだんツツジの背丈が低くなってくると
P1000879_2
扇が鼻山頂です。霞んでいますがどこもかしこもピンク
こんなに沢山咲いているのは初めてですね。
P1000881
私も見てね。
P1000884
昨年もそうでしたが、ササの花が咲いています。
P1000885_2
夜の食事準備もあるので超特急で下山。下のほうには小ガクウツギが
沢山咲いていました。

 18日 昨夜は心地よいベランダでBBQ&持ち寄り料理で宴会。
みんなしっかり飲んで食べて、朝も5時起床。
予定より早く出発です。
P1000892
お世話になりました。
P1000888
とても素敵な場所です。
P1000893
登山口にも予定より早く着きました。
P1000894
手作り感あふれる標識
P1000901
新緑の森の中バイケイソウが咲いていました。数年に一度しか花を付けない
と言われていてお会いできたのはご縁ですね。
P1000906

過酷な自然環境の中で頑張って…
P1000914
どんどん急登になっていく山道。瓔珞ツツジに出会えた!カワイイ
P1000920_2
ほんとにかわいい

P1000926
このコース大好きなリーダーが大船山の奥座敷と呼ぶ広場に出ました。
ここまで岩の所は良いのですが、土が流されて年々荒れていきます。
P1000929
長老二人。長でなく超元気二人です。
P1000933
山頂直下の御池。水が少し少ないのですが本当にきれいな場所です。
P1000941
山頂で
P1000939
山頂から
P1000935
色とりどりの花たちの中で白どうだんは目立ちますね。
P1000951
帰りは米窪経由で風穴のコースをとりました。
ドウダンツツジのトンネルとミヤマキリシマと歓声のあげっぱなし。
P1000961
米窪の謎?底まで降りた人はいるか?なぜ水がたまらないか?
北海道だったら羆が遊んでいそうです。
P1000966
米窪のヘリから分かれての下り道は土が流されていて昔と比べてものすごく
歩きにくい道となっています。
もういやと叫ぶころ風穴に着きました。この辺りは緑が目に沁みます。
P1000977
駐車場あたりでひっそりとシモツケも咲いていました。
と花尽くしと盛りだくさんの山行でした。

         by:tsuzuki


























| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

2017年6月3日(土)~5日(月) 三瓶山・吾妻山~比婆山

参加者9名(男性5名・女性4名)     天気 快晴     グレードA☆
 
6月3日(土)・天神~国民宿舎三瓶荘~孫三瓶山往復~三瓶荘宿泊
天神7:30出発で島根県を目指します。晴天の中、車の少ない中国自動車道を
進みます。安佐SAで昼食。昼食後は”国民宿舎・三瓶荘を目指して走ります。
 
13:45島根県”国民宿舎・三瓶荘”到着。
P1010712
三瓶荘に到着。急いで登山の準備です。約14:00登山開始です。
 
P1010714
三瓶荘のすぐ後ろ・・・標高500m弱の女夫松登山口から孫三瓶山に登ります。
 
P1010718
登山口入った所で”サイハイラン”発見! ウワ~久しぶりです~。
 
P1010803
ピンク色が美しい”タニウツギ(谷空木)” (スイカズラ科・タニウツギ属)
別名紅空木だそうです。北海道から中国地方まで分布。九州では見られない。
 
P1010720
タニウツギやクロモジの木を鑑賞している内に、孫三瓶山(907m)ピークです。
 
P1010722
15:13孫三瓶山から周回コースで下山します。鞍部に(前方は子三瓶山)
十字路が見えますが、今日はあの四ツ角を左に下ります。 明日は前方の
子三瓶山から下って来て、あの四ツ角をこちらから見て右に下る予定です。
山斜面にピンクのタニウツギがちょうど九重のミヤマキリシマのように山肌
を飾っているのですが、色がお上品なせいか写真では見えませんね(残念)。
 
P1010730
18:00より嬉しいディナータイム。今日一日お疲れ様でした~。ありがとう
ございました~。カンパ~イ  美味しいお料理頂きま~す
 
6月4日(日)・女三瓶山~男三瓶山~子三瓶山~室の内池~吾妻山ロッジ
P1010736
8:15ハレ晴れの中、東の原三瓶山登山口にやって来ました。
 
P1010740
8:20登山開始です。登山道の事情から往復リスト利用になりました。
 
P1010744
8:40リフト上駅下車。白いタニウツギ(シロバナウツギ)発見!
 
P1010747
8:52リフト上駅の左に位置する太平山(854m)頂上。前方右に女三瓶山~
左に男三瓶山。女三瓶山頂上の電波塔は松江~米子~浜田テレビ・FM放送
等を結ぶ固定局だそうです。
 
P1010750
9:25女三瓶山(957m)という事で、 女性メンバー4名で並びました。
 
P1010749
女三瓶山ピークから見た左の孫三瓶山(昨日登った)と右の子三瓶山です。
今日はこの二つの山の鞍部から(あの四ツ角から)手前に見える火口湖
(室の内池)方向に下ります。池からリフト上駅に登り上がって終点です。
 
P1010752
女三瓶山から男三瓶山に向かいます。いったん下ります
登山道脇には山ツツジ・タニウツギ・ハタザオ・グミ・コマユミ・・・等々各種
植物が出迎えてくれます。
 
P1010755
タンナサワフタギ(ハイノキ科・ハイノキ属)花は真っ白です。雄しべが長くて
遠目にはフワフワ綿毛のように見える時もあります。秋には黒紫色の実。
 
Photo
P1010759
どうも上手に撮れません。ダイセンクワガタ(ゴマノハグサ科・ルリトラノオ属)
ミヤマクワガタの一種で大山や三瓶山で見られる鳥取県の固有種だそうです。
雄しべ2本雌しべ1本が長く突き出ているのが個性的ですね。岩場が好きみたい。
 
P1010765
10:40避難小屋到着。リーダーがグレープフルーツを配給。行動食等口に
して一休憩です。
 
P1010766
11:00男三瓶山(1126m)です。男性メンバーあだると5人衆。
 
P1010771
さあ男三瓶山から子三瓶山を目指します。ここは雲上の散歩道という感じですが、
この先が大変なガレ場の急坂でした慎重!慎重!
 
P1010777_2
急坂の途中で”カマツカ(鎌柄・バラ科・カマツカ属)を見ました。材が硬くて
折れにくいので、鎌の柄に使われたそうです。秋には赤い実(食用可)。
 
P1010780
男三瓶山からの急坂を終え、子三瓶山への登りになります。
 
P1010782
12:20今日最後のピーク子三瓶山(961m)(・∀・)イイna-
 
P1010783
子三瓶山よりあの四ツ角 を目指して下ります。前方は孫三瓶山。
 
P1010786
13:10鳥地獄と呼ばれている物騒な場所を通過して、室ノ内池畔に到着。
昼食タイムです。
 
P1010790
14:10リフト乗り場上駅に戻って来ました。一人づつリフトに乗って駐車場に
戻ります。 この後広島県の休暇村吾妻山ロッジに移動です。
 
P1010791_2
18:00休暇村吾妻山ロッジで夕食タイムです。皆様お疲れ様でした~。安全
山行にカンパーイ温かい天ぷらが美味しい。この後次の日(6/5日)の山行
に付いての打ち合わせがあり、明日に備えて準備する。ここは標高1000m。
 
6月5日(月)・ロッジ~吾妻山~烏帽子山~比婆山~立烏帽子山~福岡
P1010798
6:00 今日は2班に分かれて交差縦走となりました。2班は5名で、ロッジの裏
から登山開始。ロッジ裏の池ではミツガシワの大群生、ミズバショウは4月に咲く
そうです。もう葉が大きくなっていました。
 
P1010802
6:20 ロッジ側を振り返って、朝日の当たる美しい光景にうっとり・・・。
いいですね~。何と!この山も美しいタニウツギや他花々でいっぱいでした。
 
P1010804
アカモノ(ツツジ科・シラタマノキ属)もここでもいっぱい花盛り。頂上まで
ず~っと咲き続いていました。
 
P1010807_2
6:55 吾妻山ピーク(1239m)です。頂上は広島県と島根県の県境です。
山名はイザナギノミコトと妻のイザナミノミコト伝説によるそうです。
 
P1010809_3
吾妻山よりいったん下り、大膳原と呼ばれている草原を進みます。ここには
キャンプ場があります。眼前の烏帽子山~比婆山を目指します。
 
P1010812_2
8:20 ちょっと変な(?)烏帽子山頂上(1225m)に着きました。変則四つ角
にこの標識が立っています。この標識から東側に少し入った所が頂上のような
雰囲気でしたが・・・。
 
P1010815_2
そこに古代信仰の名残ではないかとされている条溝石(じょうこうせき)と呼ば
れている石があります。縦の溝が真っ直ぐに比婆山御陵を指しているそうです。
 
P1010817_3
8:45 比婆山御陵の山域に入って来ました。
 
P1010819_2
 
P1010821_2
御陵とされている神域です。ブナ林の中にこの辺りだけイチイの木があります。
 
P1010824_2
約8:50 2班に分かれたパーティーは比婆山(1264m)で感激の再会と
なりました。今回初めて撮ったメンバー全員の集合写真です。一時この周り
の散策を一緒に楽しみました。  9:20お別れしてそれぞれの方向へ・・・。
 
P1010847
9:35 私達2班は天然記念物ブナ純林帯に突入です。
 
P1010845_2
爽やかなブナ林の中、足取りも軽く・・・。
 
P1010861
10:20 とうとう最終ピークである立烏帽子山(左前方)と池の段と呼ばれて
いる展望台との分岐に来ました。美しい光景です。感激 (・∀・)イイ!ne-
 
P1010858
今日歩いてきた山域を振り返ってみました。左手のピークが吾妻山、いったん
下って大膳原と呼ばれている草原状の道を歩きました。右手の奥に隠れている
烏帽子山に登り返して、右手前の比婆山御陵の山域を経て、純ブナ林を楽しん
で、今立烏帽子山手前に着きました。
 
P1010864
10:38 最終ピーク立烏帽子山(1298m)到着。日差しが強くなってきました。
ワクワクさせて頂いた興味深い山行でした。ここで終わりと思うとちょっと残念。
 
P1010867_2
10:55立烏帽子山駐車場に下り立ちました。カーナビを頼りに庄原かんぽの
郷へ向かい、入浴・昼食の後現地解散となりました。
素敵なワクワク山旅でした。リーダー・皆様にひたすら感謝さんくす♪(o ̄∇ ̄)/
                   ( by/ Fusako I.  )
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

2017.6.4(日)井原山(洗い谷コースから))

参加者17名(男性7名女性10名)
天気  晴れ

 井原山瑞梅寺奇特橋駐車場に集合。
駐車場は道路にまで車があふれていて満車状態です。
最近トイレも改修されてとても快適になりました。人気の山です。

車道を少し戻り、洗い谷登山口入口からしばらく舗装道路を登っていきます。
途中に可愛い家。
最近入会されてMさんのお宅だそうです。
しばらく行くと温室のあるとても素敵な家、
外人さんご夫妻のお住まいみたい。
「保育園かな?」男性の発想?

やがて登山道へ入ります。
Img_20170604_090914
すぐに堰堤があります。雨はずっと降ってないのに水豊富。

Img_7084

何度も沢を渡渉しながら進むので水が少なくて助かりました。

Img_7088
渡渉…
Img_7094
岩を乗り越え…
Img_7100
小さな滝もいっぱい
Img_7101_6
ほとんど沢登り

ロープのある岩登りが連続

少し青空も見えてきたのですがまだまだ…

Img_7109
二段滝の脇を木の根につかまりながら直登
Img_7111_2
だんだん水も少なくなってきてまもなく縦走路に合流かな?と期待したのですが…
最後の沢の二俣で右へ行くべきところを左へ。
笹薮の藪漕ぎが長く、やっと縦走路?と道らしきところに
でたのですが、縦走路ではなく、これが長く…でも細いけどちゃんとした道
いったいどこに出るの?
昨年は3回このコースを歩いたのですが今回含めて4回とも
全く違う場所で縦走路に出会いました。????
Img_20170604_120323
山頂は風があり爽やか。ランチしてると汗が引いて寒いほどでした。
帰りは一目散にアンノ滝コースを下り、
あまり写真を撮る余裕もなく、お花がきれいというわけでもなく
Img_20170604_142618_2
ひたすらマニアックなコースを全員満足して終了。










































| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

2017年6月3日(土) 平治岳

Photo_2

山行年月日・・・平成29年6月3日(土) 快晴 グレードA☆

山行参加者・・・14名(女性メンバー7名  男性メンバー7名)

山行コース・・・・天神=山田SA=九重IC=男池登山口…かくし水…
          ソババッケ…大戸越し…平治岳南峰・本峰…大戸越し…
          ソババッケ…かくし水…名水百選「男池」…男池登山口=
          九重IC=天神

 ミヤマキリシマが咲き乱れ、ピンク色に染まる平治岳を期待して、天神を出発。
天気は快晴、最高の山行日和。しかし男池登山口は心配していた通り、駐車場は
満杯。なんとか駐車スペースを確保して「いざ出発」
Photo_2

Photo_3

Photo_4

 陽光にまぶしい新緑の樹林帯を進みます。今日は入梅前の貴重な山行日和だ!
Photo_5

Photo_6

 景色が緑からピンク色に一変。大戸越しに到着。ミヤマキリシマの美しさに歓声を
あげるとともに、登山者の多さに更にビックリ! Photo_7

 登頂する前に、ピンク色に染まる山頂を見ながら、先ずはランチタイム。
どこにいる我が「あだると山の会」のメンバーは?
Photo_8

 登山者が途切れることのない?ピンクロードを山頂目指して登ります。
Photo_9

Photo_10

 南峰から本峰まで、目を奪うミヤマキリシマの絶景が更に続きます。平治岳の
ベストシーズンですネ。しかし登山者も多~~~い!
Photo_3

Photo_4

 満足度100%を感じさせる山頂での集合写真を2枚。
Photo_11

Photo_12

 下山途中で、救助ヘリが登場です。大戸越しで何が起こったのでしょうか。
下山道も険しい状況の所もあり、メンバーも十分注意しながら下山していきます。
Photo_13

 ミヤマキリシマの白骨化現象が、原因は? 緑を取り戻すには、相当の年月が
掛かりそうですね。
Photo_14

Photo_15

 ピンク色の平治岳の展望に気分爽快、大満足したメンバー全員、元気に往路
コースを男池登山口へ目指して下山します。
Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_17

 ここが「日本名水百選」の『男池』です。自然林が提供してくれるお水をいただきます。
《水温年中12.6℃ 湧水量1日2万トン お茶・コーヒー・水割りなどに利用》 
疲れた体には、そのまま、グググ~~~と飲むのが最高の名水かも。
Photo_18

 ミヤマキリシマ観賞登山は、男池登山口駐車場で終了です。ゆっくり温泉で
汗を流して、天神へ。至福の一日でした。
Photo_19

 四季折々、くじゅう山群が、それぞれのベストシーズンで皆さんを待っているようです。
次の出逢いはいつ?

Photo

                           Written by/つぎちゃん





















          

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

2017年5月30日(火)九重・下泉水山~上泉水山~黒岩山縦走

参加者14名(男性2名・女性12名)   天気 晴れ   グレードA☆
 
晴天が続く5月下旬、今年も九重連山が賑わう頃になりました。九重長者原
を目指して天神を7:30出発です。基山PAでYさんに乗って頂き、順調に10:00
前に長者原駐車場に着きました。
 
P1010659
標高1000mの長者原の空気は爽やかです。山歩きに備えて身体をほぐした後
10:15登山開始です。「オーベルジュ・コスモス」(以前の国民宿舎コスモス荘)
の裏から登山道に入ります。歩くと暑いかな~?
 
P1010662
沢を横切って、草斜面に取り付き,防火帯に沿って進みます。
 
P1010663
あっ!!ワラビだ~ワラビだ~”と急に隊列が崩れました。既にワラビが袋に
たまっている方もありますね~。素晴らしい!!はやい!!
 
P1010664_2
今晩のおかず・・収穫です。ワラビ狩りって、取り出したら辞められないのです
よね~。楽しくて
 
P1010666_2
柔らかそうで立派なワラビが沢山あるのです。う~ん!?来年のこのコースの
リーダーも決まりかけたようですよ(?)。ワラビ狩りというタイトルでしょうか?
 
P1010668_2
ワラビ狩りも無事終わり・・・11:45下泉水山の岩上ピーク(1296m)に立ちま
した。う~ん!?皆さんしがみついていますか~?
 
P1010669
さあどちらから下りるのかしら?と心配していますか?
 
P1010670
は~い先から下りてくださいね~。 右後方には 涌蓋山が見えていますよ~。
 
P1010672
右手はいまから向かう上泉水山です。結構急登ですね~。左手には星生山と
扇ヶ鼻が見えています。
 
P1010675_2
下泉水山で少し早めの昼食を摂り、今、上泉水山に向かっています。 途中
ミヤマキリシマが美しく咲いています。ただ今日はちょっと暑いですね。
 
P1010677
左手に三俣山~硫黄山~星生山がせまってきました。長者原~牧ノ戸温泉も
見下ろせます。 素晴らしい眺望です。
 
P1010681
このコースのミヤマキリシマは今一番美しい時でした。
 
P1010683
上泉水山ピーク(1447m)到着です。
 
P1010684
ここからOさんは牧ノ戸峠配車の為、Uターンして 下さいます。
すみませんね。私達は黒岩山を目指します-。暑くて喉カラカラです。
冷えた飲み物や果物ごちそう様でした~。さんくす♪(o ̄∇ ̄)/感謝です。
 
P1010695
上泉水山を後にして・・・美しい縦走路を進みます。
 
P1010698_2
他のグループの方々と一緒に歩いています。”牧ノ戸峠に下りたいのに道に
迷ってここまで来てしまった。後ろからついて歩いていいか?”と言われました。
道迷いは怖いですね。
 
P1010699_2
道中脇にず~っとハルリンドウが咲いています。ブルー色が可愛いです。
今日は・・・チゴユリ・アマドコロ・マイズルソウ・コイワカガミ・ヒメハギ・ミツバ
ツチグリ・タニギキョウ等々・・・ 花盛りでした。
 
P1010700
さあもう少しで黒岩山です。ちょっと水分補給です。今日は飲んでも飲んでも
すぐカラカラになります。
 
P1010701
午後の日差しが強い中・・・休憩から・・・出発です。
 
P1010705_2
黒岩山(1502m)頂上。今から牧ノ戸峠へ下山します。
 
P1010708_2
ウスノキ( ツツジ科)・岩間にしっかり根を張って、頑張って咲いています。
黒岩山はマンサクから始まってシャクナゲ・ドウダンツツジ等々美しい植物の
宝庫です。
 
P1010709_2
ツクシドウダン(ツツジ科)・今日はツクシドウダンが満開です。
 
P1010710
牧ノ戸峠目指して下山中。急坂ですが、足場がしっかりしていて歩き良い。
この辺りのミヤマキリシマはまだ蕾みが多いです。
 
P1010711_2
黒岩山より牧ノ戸峠に下り立ちました。今日は思ったより暑かったので、ここから
長者原には車で戻りました。皆様お疲れ様でした~。
 
楽しい山歩きの後は嬉しい温泉です。花山酔でゆっくり温泉入浴・・お薬も
頂いて17:00現地解散しました。 今日は花盛り・ワラビも取り放題・素晴らしい
眺望と・・感謝でしたが、今年度初の夏山登山となりました。無理をせずヒヤリー
ハット無く元気溌剌で帰宅出来た事が最高の感謝でした。お疲れ様でした~
                    ( by/Fusako I. )
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »