« 2017/4/17~20花の中を行く京都一周トレイル | トップページ | 2017.4.23野北岩場訓練(教育部) »

2017年4月25日 (火)

2017年4月23日 天山

Photo_25

山行年月日・・・平成29年4月23日(日) 快晴 グレードA

山行参加者・・・9名(女性メンバー5名 男性メンバー4名)

山行コース・・・天神=金立SA=佐賀大和IC=国道263号(川上峡)=
        国道323号=県道37号=昭和バス停:天山登山口(市川集落)
        =県道290号=七曲峠(天山登山口)・・・天山山頂(九州自然歩道)
        【昼食・散策】・・・七曲峠=古湯温泉=佐賀大和IC=基山PA
        =天神

 佐賀大和ICを下りて、国道263号を北上。早速川上峡春まつりの「鯉のぼり」の
歓迎を受ける。約300匹?の鯉のぼりの姿は実に壮観だ!
Photo_4

 国道263号から国道323号へ、そして古湯温泉入口から県道37号へ、更に
市川集落(昭和バス停:天山登山口)で左折して県道290号線に入る。
 道幅は一部狭い所もあるが、離合箇所もあり、安全運転で七曲峠に到着。
しかし佐賀大和ICを下りてからここまで「七曲峠」の案内標示がなかったし、
「七曲峠」にも表示がない。『ここが七曲峠ですか?』と尋ねる登山者もいた
ようだが?
Photo_5
 この「天山」標示からスタートします。しばらくは階段状の登りが続き、そして
新緑が美しい樹林帯へと入ります。
     (参考・・・「天山」標示の、道路の反対側が『彦岳』の登山口になります。)
3

 見上げているのは、「山桜?」「ヤマツツジ?」それとも「新緑の木々」ですか。
心地良い春風が吹き抜けていく瞬間です。
Photo_6

 樹林帯を抜け、ミヤコザサ原の続く登山道に入ると展望が開け、脊振山系や
佐賀平野を眺めながら山頂を目指します。しかし山頂までは意外と遠~~~いです。
Photo_8

 山頂まで、あと一歩。Photo_7

 そして1046mの天山山頂に到着です。広大な山頂に大きな「阿蘇 惟直」
(あそ これなお)の墓碑が建立されています。
 日曜日とあって山頂広場は、老若男女の集いの場となっていいます。
Photo_9

 雲一つない最高の山行日和です。山頂からの展望はまさに大パノラマ。雄大な
天山の素晴らしさ、爽快感がタマリマセ~~~ン。
 ゆったりとした気分となったところで「ランチタイム」。
Photo_11

 カラスも天山からの眺望を楽しんでいる? 嫌々美味しいあなたのを狙って
待機中です。
Photo_12

 ゆっくり一時間のコミュニケーションタイムを過ごして下山準備です。まずは
ブログ用の集合写真を用意せねば。沢山の登山者の中から、イケメンの若者に
シャターを依頼。
 どうですか、この笑顔。イケメン効果が出ていますかネ?
         ・・・残念ながら帽子の影で、満面の笑みは測定不能か
Photo_22

 下山は、往路コースをもどります。春!足元の花々を愛で、新緑を味わい、
のんびりと、ゆっくり歩いてスタート地点の七曲峠へ。
Photo_14

Photo_15

 「ちょっと振り向いて」・・・左奥の山が「彦岳」です。
Photo_23

 七曲峠に戻ってきました。
Photo_18

 古湯温泉で汗を流して帰ります。
Photo_19

 素晴らしい山行日和に恵まれた天山のお土産は、登山道で出逢った野花と
若葉です。『天山はまさに春でございました。』
Photo_20

Photo_21

                          Written by/つぎちゃん

|

« 2017/4/17~20花の中を行く京都一周トレイル | トップページ | 2017.4.23野北岩場訓練(教育部) »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017/4/17~20花の中を行く京都一周トレイル | トップページ | 2017.4.23野北岩場訓練(教育部) »