« 2017年4月23日 天山 | トップページ | 2017年4月30日 糸島4座縦走 »

2017年4月27日 (木)

2017.4.23野北岩場訓練(教育部)

2017.4.23野北岩場訓練(教育部) 天候:晴れ

参加者:19名(男性9名・女性10名)

快晴で風もなく山に行きたいような天気だ。海岸に下りる道は濡れていないので歩き易かったがやはり急だ。海岸に着くとCLのNさんから今日の訓練内容の説明。いつもは①ロープワーク②岩場の歩き方③岩場のトラバースの3班に分けて訓練を行うが、今回は初心者と経験者の二つに分けて行うとのこと。

Dscn8710_2

トラバースを行う岩場で安全確保用のロープを張るCLのNさんと次回CLのMさん。

Dscn8707_2

歩き方の講師はSAのIさん。初心者が岩の上を歩き回ります。下に下りずに岩の尖った所に靴の土踏まずを乗せて行きます。意外と難しい。

Dscn8711

ここでは大きな岩の登り方。足を置く場所の見つけ方や登る際の重心移動の仕方など講師の話を真剣に聞いています。

Dscn8718

受講生も実地訓練しますが、なかなか思うように行きません。

Dscn8716

こちらでは経験者のロプワークが始まっています。エイトノット、グローブヒッチ、ムンターヒッチ、ボウラインノット、ラビット結びなど色々な結び方を練習。経験者なのでお互いに教え合いながらの訓練です。

Dscn8724

初心者は岩場を移しての訓練です。登山道の岩場が狭く横も岩が迫っているため、このトラバースは慎重な歩きが求められます。

Dscn8738

トラバースの後、大きな岩を下ります。足場の見つけ方など、登りよりも下りが難しい。

Dscn8728

経験者の岩場のトラバースです。安全のために張ったロープに、カラビナをかけ安全確保をしながら、登って行きます。スタートはかなり急な岩場ですが、さすが経験者のKさん、難なく登って行きます。

Dscn8732

経験者がコースを周回していきます。安全のためサポート役のMさんが見守ります。

Dscn8735

経験者が次々と周回コースを回って行きます。

Dscn8745

一息ついてお昼です。日差しが強く暑いと言う声も。この中で思わぬハップニングが。SAのIさんがなんとお茶をたて始めたのです。みんなびっくり。私も一服させて頂きました。

Dscn8746

午後からは初心者のロープワーク。初めてロープを扱う人もいるのでYさんからロープの基本的な話から始まりました。色々な結び方を習いましたがやはり四苦八苦です。練習用ロープはしばらく貸すので、家でしっかり練習するようにと念を押されていました。全員持って帰ったので期待しましょう。

Dscn8751

いよいよ最後の岩場のトラバースに挑戦です。このような岩場も初めてですし、カラビナの扱いも初めて。サポーターから架け替えの指導を受けながら登って行きます。

Dscn8759

皆さん、何度か挑戦しました。今回はサポート役もしっかり付いて、無事回りきりました。

Dscn8752_2

最後は経験者のクライミングです。登るだけでなく、下りは懸垂下降の練習もしました。

Dscn8761

集合写真です。今回は初心者と経験者を分けて訓練しましたが、意外とこれが良かったと言う声が多かったようです。 by.akira






|

« 2017年4月23日 天山 | トップページ | 2017年4月30日 糸島4座縦走 »

教育システム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年4月23日 天山 | トップページ | 2017年4月30日 糸島4座縦走 »