« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

2017/3/30 佐谷神社~若杉山~前砥石山~昭和の森

参加者 12名(男性3名女性9名)

天気 晴れ(春霞)

 今年の桜は例年に比べ遅れています。今回、登山口の佐谷神社の
桜も例年だったら満開のはずが、リーダーの配慮も無駄にしてまだ蕾。
P10003612

駐車場からおしゃべりしながら登山口へ。おしゃべりに夢中になり登山口
を見落としか?と思ったのですが大丈夫でした。YAMAP役立ちます。
P10003622
登山口前でラジオ体操。しっかりすると体が温まります。
P10003632
どこまでも続く階段道
P10003652
トラバース道もあり少し緊張
P10003661
思いがけず出たところは本堂?
P10003671
お茶の接待を受けて、次に行く道は梯子?
P10003682
と思っていたら左の岩場へ。渋滞
Img_5968
狭い岩の間をくぐり抜け、、
Img_5970
心悪しき人は抜けられないそう!一人足が挟まって抜けられなくなり
焦って
P10003712
全員無事に若杉山に着きました。
P10003722
若杉山から先は通いなれた縦走路。
ショウケ越えのこの橋が私有地って知ってました??
P10003732
こんな快適な道も。例年だったら白文字の花がきれいなのに今年はまだ。
P10003742
砥石山の山頂で
Img_5986
前砥石の山頂で
P10003771
砥石山を眺めながらしばしの休憩
P10003782
ここから内が畑へ下ります。
希望者は宝満山へ行ってもよいというリーダーの言葉に誰も反応せず。
P10003811
無事に降りてきました。
P10003842
昭和の森の桜、ちらほら開花。
タクシーを呼んで佐谷神社の駐車場へ戻りました。
変化に富んだ楽しいコースでした。

              by:tsuzuki


































| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

2017/03.12(日)~03.15(水)戸隠高原スノーシュートレッキング

参加者  男4人 女2人 計6人

3月12日(日)  晴れ
福岡空港(FDA204便)=松本空港(ジャンボタクシー)=戸隠スキー場・スノーシューレンタル=中社・社殿見学=横倉旅館泊

P3120003_2
今回は福岡空港から松本へジェット機利用です。

P3120004

ブラジル・エンブラエル社製で定員90人ほどの旅客機です。座席いはほぼ満席でした。


P3120007_2
ジャンボタクシーにて2時間ほどかけ戸隠高原へ向かいます。
車窓からは北アルプスが望まれ飽きない車中でした。


P3120011
戸隠スキー場着。ゲレンデ横にあるレストラン兼レンタルショップにてスノーシューを借りました。ガイドさんもここから派遣されます。

P3120014
ショップの息子さんが,宿への送りがてら戸隠中社の社殿を案内してくれました。
戸隠神社は宝光社・中社・奥社などからなる、神社の集合体だそうです。

P3130019
今日と明日お世話になる、かやぶき屋根の横倉旅館です。元は宿坊だそうです。雪に埋もれています。

3月13日(月) 快晴
戸隠中社=戸隠森林植物園入口…ミズナラ大王の木…随神門…奥社…鏡池…植物園入口=中社・戸隠そば昼食(山口屋)…戸隠神告げ温泉…横倉旅館泊

P3130020
植物園入口でスノーシューを装着し、いよいよトレッキング開始です。ここから奥社へ参道が続いています。

P3130025
途中ガイドさんの説明を聞きながら湿原に分け入って行きました。
ダケカンバの立派な木ですね。

P3130028
「大王」と呼ばれているミズナラの大木です。こちらの湿原では一番の大木だそうです。


P3130032
見事な杉並木を通って「随神門」到着。ここから奥社へ急な登りが始まります。雪崩注意です。

P3130037
戸隠奥社の到着です。2mを超す積雪で、写真左の社殿は雪の下です。
山伏さんが戸隠の岩峰群に向けホラ貝や横笛を吹いて、修行されていました。ミュージック付きの参拝となり、得した気分になりました。座っていらっしゃる方が山伏さんです。


P3130053_2
戸隠連峰岩壁群の絶景。最高のビューポイント、鏡池につきました。湖面は氷ついて雪に覆われています。写真の方が今回、自然観察を中心に案内していただいたガイドさんです。

P3130052_2
メンバー皆、素晴らしい絶景に写真を撮りまくっていました。

P3130059
トレッキング終了後、遅い昼食となりましたが名物戸隠そばを頂きました。


3月14日(火) 曇り 山はガス濃し
宿=戸隠スキー場越水ゲレンデ=第3・第6リフト乗車…瑪瑙山1748m…スキー場横から戸隠キャンプ場に向けてトレッキング=戸隠中社(昼食)=斑尾高原・東急ホテルタングラム泊

P3140064
スキー場のリフトを利用して瑪瑙山山頂を目指します。ガスが深くかかり展望がありません。

P3140068
瑪瑙山山頂を出発。ホワイトアウトです。20m先も見えません。

P3140072_2
深い積雪の尾根をひたすら下ります。
P3140078
キャンプ場に向け道なき道を3時間ほど下り、本日のトレッキングは終わりました。


3月15日(水) 晴れのち曇り
ホテルタングラム=斑尾高原山の家=希望湖・周辺トッレキング=山の家=ホテルタングラム(昼食・入浴)=松本空港FDA207便=福岡空港・解散

P3150087_2
斑尾高原山の家から車で5分ほど、希望湖そばの車道除雪終了点から出発です。さすがに日本有数の豪雪地帯です。

P3150090
希望湖(ノゾミコ)到着です。やはり湖面は氷結し雪に覆われています。

P3150092
この湖は東山魁夷画伯の絵画に描かれたことで有名な場所だとガイドさんから説明を受けました。

P3150099
湖を横断して先の小高い丘に向かいます。

P3150104
丘の上にやってくると前方には妙高山の雄大な山容が見えてきました。

P3150113
妙高山をバックにメンバー全員で記念写真。終わりよければすべてよし。
by jun

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

2017/3/20(月・祝)  三郡縦走   (トレーニング)

 三郡縦走(トレーニング) 竈門神社~JR笹栗駅   
 活動距離 18.3km活動時間 8時間30分
 
 天候                参加者 12名 (男 5名 女 7名)
Img_5833jpg1
(CL)Kさんの注意事項と自己紹介
Img_5837jpg2
(SL)Nさん代表で安全祈願
 
Img_5838jpg3
ここで衣服調整
Img_5842jpg1
山頂は通らずキャンプ場から縦走路へ。
Img_5870jpg4
仏頂山  Yさんを偲んで以前皆で画面の裏側にケルンを積みましたが壊れていました。
次回皆さんで何とか考えましょう。
 
Img_5871jpg2
 
天候が崩れそうなので山頂には行かず、暫しの休憩の合間に I さん駆け足で写真撮影。
Img_5862jpg123
前砥石山で昼食、終わると同時に小雨になる。
Img_5877jpg789
縦走路の今の風景、木々の新芽もまばらに!
縦走路は快適だが雪が積もればもっと素晴らしい!! (今年の2月12日)
Img_5860jpg
此処まで所要時間6時間で、まだまだ先がありますよ。(若杉山山頂)
 
Img_5867jpg
若杉の森林セラピーロードを、名杉も横目に!
Img_5876jpg
やっと下まで下りてきました。安心の笑顔かな  これから車道に出て笹栗駅まで、
16時30分篠栗駅着、予定時間より30分速かったそうです。
今回は午後からの雨予報でしたがCLの決断により実行しました。遠征登山でも雨に遭遇することは避けられず、先ず雨具のチェック、手袋のチェック等各々感じた事を生かして次回のトレーニングに挑戦しましょう。
篠栗駅で解散、多人数の方がオアシスでは食事できないとのことで風呂にも入らず早々に帰られましたが2月21日から新しい店がオープンしていました。
生ビールも安く定食ものも美味しかったです。次回は是非利用してみては
                          by/kokabe
 
 

|

2017年3月18日 (土)

2016/3/12-3/1 国5東半島峯道ロングトレイル(修験の道)

国東半島で古くから行われてきた六郷満山峯入入行コース(修験の道)、10コースの中で今回2コースを2日間歩いた。  男3人、女4人 計7人
1目  岩戸寺・・・旧千燈寺・・・西方寺の里・・・六所宮寺    11km  6時間半
2目  六所宮・・・中山仙境・・・販牟礼神社・・・猪群山・・・スパランド真玉
                                        11.5km 7時間半
 
Img_5584jpg1
天神を7時出発、9時過ぎ出発地点の岩戸寺に到着。
 
Img_5594jpg2
今回ノメンバーは足には自信ありげなメンバーが参加しました。
(岩戸寺をバックに)
Img_5611jpg4
五辻不動が岩場の山肌にへばりつくように建っています。ここからは姫島も見ることが
できました。
 
Img_5610jpg5
五辻不動の目前に千燈寺山
Img_5617jpg7
五輪塔群、よくこんなに作れたものです。
 
Img_5622jpg1
県道沿いにある千燈寺、ここで昼食
 
Img_5643jpg3
途中の岩場から余りの展望についカメラ
Fullsizerenderjpga
大不動岩屋、大きな岩の割れ目、外には奇岩が立ち並んでいます。
 
Fullsizerenderjpgb
ミツマタの群生、今がお花が丁度満開でした。和紙の原料として栽培していたのでしょう。
Img_5659jpg
歩いて歩いて終点にやっと着きました
Img_5799jpg
CLの提案で真玉海岸の夕陽を見に、干潮と夕陽の沈む時間に2時間の差があって
下段のような風景、本当は上段のような風景になります。
 
Img_5683jpg
翌日はまた六所神社から出発、中山仙境からの眺望は素晴らしい、新緑と紅葉時には
もっと素晴らしい眺めでしょう。
 
Img_5805jpg88
無名橋を渡れたのは2名だけでした。中、下段の方はポーズのみ
Img_5802jpg
中山仙境の岩場には可愛い仏さんがいたるところに彫られていました。
 
Img_5804jpg99_2
最終地点に近い猪群山、こちらからのコースはご覧の通り階段状の登りでした。
 
Img_5807jpg123456
猪群山の象徴ともいえるストンサークルへ、(猪群山の環状列石)。後はここから1時間強下りスパランド真玉へ。7時間半歩いて16時宿泊地のスパランド真玉へ到着。
今回は皆で地図読みしながらの仏の里、国東半島の奇岩の多い山、古い仏閣、仏像に接し又険しい登山道の歩きがありましたが楽しいロングトレイルでした。
企画されたCLのKさん本当にご苦労様でした。
                                      by/kokabe
 
 

|

2017年3月 9日 (木)

2017.03.03~05伯耆大山

2017.03.03(金)~03.05(日)  伯耆大山(雪山)

参加者 15人(男性5人 女性10人)
天気   3日間共に晴れ

3月3日
福岡天神=中国道=松江道経由=大山町

チャーターバスに揺られてひたすら鳥取県・大山町へ
バス前方に目指す伯耆大山が迫ってきました
P1010434_2

大山寺の旅館街に到着。1m以上の雪が残っています。
P1010441

到着後、近くの斜面で雪上訓練をしました。滑落停止の姿勢を練習中
P1010448


3月4日
宿…夏山登山道…弥山…六合目分岐・行者コース…元谷…大山寺…宿
朝7時。ワカンやピッケルを準備していざ出発です。
P1010458


積雪2mほどの雪の急斜面をひたすら登ります。
雪は締まっていて苦労する事はありませんでした。
P1010464

六合目付近まで来ました。これからは吹きさらしの尾根を登ります。
P1010473

頂上まで急傾斜が続きます。うれしいことに快晴です。
P1010477

ガンバったぞ!弥山頂上だ。全員で記念写真。
P1010481

弥山頂上から剣ヶ峰方面の尾根を望む。
積雪の状態がよく難コースに挑戦するクライマーも見られます。
P1010482

頂上避難小屋にて昼食。雪に埋まっています。
P1010497

登って来た尾根を6合目まで下山。眼下には日本海が望まれました。
P1010510

大山火口北壁。素晴らしい景色をありがとう。
P1010506


3月5日
雪上訓練の後、福岡へ
ヘッドスライディングから滑落停止をするYさん。
P1010536

あまりの天気の良さに、付近を散策しました。日本海が前方に見えています。
P1010537

ピックを突き刺して急斜面を登る練習もしてみました。
P1010540

好天に恵まれた3日間。素晴らしい雪景色の大山を堪能できました。
photo by fusako  edit by jun

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

2017年3月5日伐株山

参加者 7名(男性4名女性3名)
天 気  曇り一時雨

 天気予報が読みにくくリーダーもかなり迷われたようです。
歩いているときは雨に遭うこともなくやや肌寒いものの気持ちの良い
一日でした。
参加者はほとんどの人が初めての山で、私も20年近く前に別の山へ
行くつもりが、雪が深くてバスが進めず急きょここへ変更になってきた記憶
がありますが、山についてほとんど記憶がありません。

P1000330
公民館の駐車場へ車を止めさせていただいて出発。
P1000332
懐かしい里山景色の中をのんびりと歩く。
伐株山が見える。
P1000333
針の耳と呼ばれるピークがみえる。
P1000335
分岐、帰りはここで分かれて下る。確認。
P1000337
針の耳への道、岩峰。何故かお地蔵様の列。
P1000338
城があったらしい。
P1000339

山頂は広々とした草原。ハングライダーのメッカ。
遊具などもあり子供を連れてきたら喜びそう。
P1000342
なんと素敵な休憩処が!!!
男性がお掃除していて「どうぞ休んでいいですよ」とのことで
靴を脱いでランチ。
玖珠町で作ったものらしい。11時から3時まで
男性は管理のため来ているらしい。
P1000343
総ガラス張りの建物からは素晴らしい眺め。360度の展望!
食後にはSLからのコーヒーサービス。
今日は来てないけど車でコーヒーを売りに来る人がいるそうです。
P1000345

建物の中です。

P1000349

山頂にあった像。ヤマトタケルノミコト??
P1000351
草刈りのおじさんにシャッターを押していただきました。

登山道はあるようでしたが、地震で崩れているとかで全部車道歩きが
きつかったですが、のんびり楽しい山行でした。

今回の発見は日ごろほとんど参加されてないYさん。
SLとして車は出してくださる、綿密な行程表作成、道の駅、酒蔵見学(日曜日で
お休みでしたが)温泉と至れり尽くせりのSLぶりでした。
これからいろいろお願いしま~す。

                  by:tsuzuki




















| | コメント (0)

2017年3月 2日 (木)

鷹取山~福智山    2017年2月26日(日)

絶好の登山日和、女性11名、男性7名 計17名で!
 
コース:内が磯ダム登山口・・・鷹取山・・・上野越・・・福智山・・・鳥落とし・・・大塔の滝・・・
福智山ダム (マイカー利用)
 
Img_5327jpg_1
島野神社で安全登山祈願!
 
Img_5328jpg_2
枝打ちされた杉並木を登って生きます。
Fullsizerenderjpg_3_2
鷹取山頂直下の登山道はよく滑りました。
Img_5336jpg_4
鷹取山山頂、眺望が素晴らしい!
Img_5335jpg_5
鷹取山から撮った福智山
Img_5342jpg_a
山頂、目前です。
Fullsizerenderjpg_b
集合写真、あらっ、3名移っていない?
Img_5349jpg_6
下りです
Fullsizerenderjpg_6
大塔の滝  素晴らしい!!
 
Img_5353jpg_8
ここで皆さん靴を洗いました。親切に備付けのタワシが数本置いてありました。
 
Img_5369jpg_11
マイカーに乗るんです。よく洗いましょう。
 
Img_5361jpg
 
皆さん無事に下山できお疲れ様でした。CLの I さんご苦労様でした。
 
(今日の歩行距離10km、歩行時間5時間、標高差826m) 
                                                              by/kokabe
 

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »