« 2017/3/20(月・祝)  三郡縦走   (トレーニング) | トップページ | 2017/3/30 佐谷神社~若杉山~前砥石山~昭和の森 »

2017年3月30日 (木)

2017/03.12(日)~03.15(水)戸隠高原スノーシュートレッキング

参加者  男4人 女2人 計6人

3月12日(日)  晴れ
福岡空港(FDA204便)=松本空港(ジャンボタクシー)=戸隠スキー場・スノーシューレンタル=中社・社殿見学=横倉旅館泊

P3120003_2
今回は福岡空港から松本へジェット機利用です。

P3120004

ブラジル・エンブラエル社製で定員90人ほどの旅客機です。座席いはほぼ満席でした。


P3120007_2
ジャンボタクシーにて2時間ほどかけ戸隠高原へ向かいます。
車窓からは北アルプスが望まれ飽きない車中でした。


P3120011
戸隠スキー場着。ゲレンデ横にあるレストラン兼レンタルショップにてスノーシューを借りました。ガイドさんもここから派遣されます。

P3120014
ショップの息子さんが,宿への送りがてら戸隠中社の社殿を案内してくれました。
戸隠神社は宝光社・中社・奥社などからなる、神社の集合体だそうです。

P3130019
今日と明日お世話になる、かやぶき屋根の横倉旅館です。元は宿坊だそうです。雪に埋もれています。

3月13日(月) 快晴
戸隠中社=戸隠森林植物園入口…ミズナラ大王の木…随神門…奥社…鏡池…植物園入口=中社・戸隠そば昼食(山口屋)…戸隠神告げ温泉…横倉旅館泊

P3130020
植物園入口でスノーシューを装着し、いよいよトレッキング開始です。ここから奥社へ参道が続いています。

P3130025
途中ガイドさんの説明を聞きながら湿原に分け入って行きました。
ダケカンバの立派な木ですね。

P3130028
「大王」と呼ばれているミズナラの大木です。こちらの湿原では一番の大木だそうです。


P3130032
見事な杉並木を通って「随神門」到着。ここから奥社へ急な登りが始まります。雪崩注意です。

P3130037
戸隠奥社の到着です。2mを超す積雪で、写真左の社殿は雪の下です。
山伏さんが戸隠の岩峰群に向けホラ貝や横笛を吹いて、修行されていました。ミュージック付きの参拝となり、得した気分になりました。座っていらっしゃる方が山伏さんです。


P3130053_2
戸隠連峰岩壁群の絶景。最高のビューポイント、鏡池につきました。湖面は氷ついて雪に覆われています。写真の方が今回、自然観察を中心に案内していただいたガイドさんです。

P3130052_2
メンバー皆、素晴らしい絶景に写真を撮りまくっていました。

P3130059
トレッキング終了後、遅い昼食となりましたが名物戸隠そばを頂きました。


3月14日(火) 曇り 山はガス濃し
宿=戸隠スキー場越水ゲレンデ=第3・第6リフト乗車…瑪瑙山1748m…スキー場横から戸隠キャンプ場に向けてトレッキング=戸隠中社(昼食)=斑尾高原・東急ホテルタングラム泊

P3140064
スキー場のリフトを利用して瑪瑙山山頂を目指します。ガスが深くかかり展望がありません。

P3140068
瑪瑙山山頂を出発。ホワイトアウトです。20m先も見えません。

P3140072_2
深い積雪の尾根をひたすら下ります。
P3140078
キャンプ場に向け道なき道を3時間ほど下り、本日のトレッキングは終わりました。


3月15日(水) 晴れのち曇り
ホテルタングラム=斑尾高原山の家=希望湖・周辺トッレキング=山の家=ホテルタングラム(昼食・入浴)=松本空港FDA207便=福岡空港・解散

P3150087_2
斑尾高原山の家から車で5分ほど、希望湖そばの車道除雪終了点から出発です。さすがに日本有数の豪雪地帯です。

P3150090
希望湖(ノゾミコ)到着です。やはり湖面は氷結し雪に覆われています。

P3150092
この湖は東山魁夷画伯の絵画に描かれたことで有名な場所だとガイドさんから説明を受けました。

P3150099
湖を横断して先の小高い丘に向かいます。

P3150104
丘の上にやってくると前方には妙高山の雄大な山容が見えてきました。

P3150113
妙高山をバックにメンバー全員で記念写真。終わりよければすべてよし。
by jun

|

« 2017/3/20(月・祝)  三郡縦走   (トレーニング) | トップページ | 2017/3/30 佐谷神社~若杉山~前砥石山~昭和の森 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017/3/20(月・祝)  三郡縦走   (トレーニング) | トップページ | 2017/3/30 佐谷神社~若杉山~前砥石山~昭和の森 »