« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

2016年5月26日 井原山

         井原山へ「サイハイラン」に会いに行く
Photo_13

山行コース
JR波多江駅瑞梅寺登山口(キトク橋)・・・【鍾乳洞コース】
       アンノ滝・・・アンノ滝分岐・・・【水無林間歩道】瑞梅寺川源流・・・
       林間歩道分岐・・・水無分岐【水無谷ルート】・・・オオキツネノカミソリ
       群生地・・・縦走路水無分岐・・・井原山山頂・・・【井原山自然歩道】
       石灰露岩帯・・・水無尾根分岐・・・・アンノ滝分岐・・・アンノ滝・・・
       瑞梅寺登山口(キトク橋)JR波多江駅

 爽やかな新緑のトンネルの下、豊かな自然を観察しながら進みます。森林浴に
最高の登山道です。
Photo_14

Photo_15

Photo_16

 「あッ 見つけましたね、サイハイランを!」 感激の一瞬です。やや地味な花姿
ですが、武将が持つ采配を連想させる勇壮な名前でもあります。
Photo_17

Photo_18

 前日までの雨で、沢も水嵩が増しているようです。その沢を渉ること数十回?
井原山の渓谷美のひとつである「アンノ滝」に到着です。激しく流れ落ちる姿が
今日は一段と華麗に見えますね~~~。
Photo_19

Photo_20

 雄大な滝を見た後は、瑞梅寺川源流にも立ち寄って、井原山が造り出す自然水を
チョット試飲。
 更に水無林間歩道を進むと、「サイハイラン」の軍団が待っていました。
草陰に目立たないように、しかし凛とした立ち姿です。「サイハイラン」の姿にメンバー
も「ラッキー」という顔つきで楽しんでいた様子です。
Photo
                                   (瑞梅寺川源流で美味しい一杯の天然水を)

Photo_2
 (花の咲く様子が、武将が合戦の際に振る采配に似ていることから命名されたらしい)

 「サイハイラン」を観賞した後は、「オオキツネノカミソリ群生地」で有名な「水無谷
ルート」を進みます。、「オオキツネノカミソリ」の咲く時期にはまだ早いので、登山者
も全くいない。沢の音と小鳥のさえずりを聞きながら、新緑が更に美しさをます登山
道を歩いて行きます。
Photo_3

Photo_7

 休憩した後は、尾根道までの急斜面に挑戦です。焦らずに、ゆっくりと歩きましょう
か。山頂での楽しみな昼食が待っていますよ。
Photo_8

Photo_9
   (尾根道で出逢った、咲き始めたばかりのヤマボウシ君です。まだ緑系の帽子です。)

Photo_10
               (見慣れた井原山山頂の標識を囲んでVサイン)

 下りは、「井原山自然歩道」を登山口まで戻ります。途中には「石灰露岩帯」等新し
い出逢いの場所があるようです。そんなところを楽しみながら、足元を注意しながら、
「いざ出陣、失礼、さあ出発!」 今回は「サイハイラン」観賞で「戦国時代の采配に
思い馳せたものですから」
Photo_14

Photo_15
                            (早速出現しました石灰露岩)
Photo_13

 次に登場するものは、
Photo_16
          (りょうめんシダ。葉の表と裏の葉質が似ていることから命名)

Photo_17
          (俗称蛇いちご。美味しいそうに見えますが実際はマズイらしい)

Photo_18
       (エゴの花を撮影するのは非常に難しいので手もとに登場願いました)

Photo_20
(タツナミソウは葛飾北斎の浮世絵の🌊(波)を思い起こされることから命名されたと、皆さん知ってました?)                                       

 以上井原山自然観察のほんの一部です。
そしていよいよ終点です。爽やかな自然林を抜ける山行も終わりです。
Photo_21

Photo_22
                                by/つぎちゃん



































| | コメント (0)

2016年5月25日 (水)

2016年5月21日  涌蓋山一周コース

今回は八丁原地熱発電所下の公共駐車場に置き一周コースを試みる。

参加者  7名 5名  計 12名

Cimg0705
初めての涌蓋山、素晴らしい、感激、感激  さて私は誰でしょう

Cimg0709

この風景写真、メンバーは違えどブログの写真で見たことがありませんか?



Cimg0725
Cimg0727

ちょっと早いかもしれないと思っていたミヤマキリシマの開花、もう八分~満開の花まで。

ラッキーでした。

Cimg6405523
岳からあと一登りで山頂

Cimg0734
山頂(v^ー゜)ヤッタネ!!

Cimg0740burogu
らんたん教室の講師、Sさん早速100円ブルーシートで女性のために日よけづくり。

Cimg0743
山頂は全く日陰の場所なし、これなら安心。素早くセットできるのでらんたん教室の皆さん

この分もマスターして下さいな

Cimg0752
ここから眺める涌蓋山の風景は最高です。登るだけでなく途中振り返って見て

Img_2304
みそこぶし山頂、今回の女性参加者です。
Fullsizerender522
Fullsizerender521

みそこぶし山から少し歩いた処、一番の見どころでした。

Img_2369

一周コース、最後はパスする山でしたが生真面目なCLさん、最後まで目的を達成しました。

***下山後筋湯温泉の名物湯、打たせ湯で汗を流し、玖珠の食堂で乾杯***         

   CLのKさん、運転手の方、お疲れ様でした(/ ^^)/アリガトネ      by/kokabe











| | コメント (0)

2016年5月22日 (日)

2016年5月19日 糸島4座縦走

     糸島4座(二丈岳・女岳・浮嶽・十坊山)縦走

予定コース=JR筑前深江駅・・・二丈岳登山道・・・二丈岳・・・真名子ランド
        ・・・女岳自然歩道・・・女岳(昼食)・・・荒谷峠・・・浮嶽・・・
        白木峠・・・十坊山

 今日のスタート地点は、JR筑肥線の「筑前深江駅」です。天気は快晴、
暑くなりそう。「熱中症」対策は万全です。
Photo_22

 JR筑肥線の踏切を渡り、収穫間近の麦畑を見ながら、登山道入口まで
進みます。
Photo_2

Photo_5

 登山道入口で、CLから周知事項があり、準備体操を終えて、2班に分れて
出発です。
 新緑が今日の山行を魅力的にしてくれそうな気がします。
Photo_7

 二丈岳の本格的な登山道に入り、頂上まで急登が続きます。水分補給をして
ゆっくりと、ゆっくりと頂上を目指します。
Photo_9

Photo_8

 大きな岩の二丈岳山頂です。眼下には玄界灘の雄大な展望が広がり、感動の
光景です。素晴らしい!しばし休憩して次の「女岳」を目指します。
Photo_10

Photo_11

 二丈岳山頂から真名子ランドまで一気に下ります。真名子ランドでチョット体力
アップを図り、女岳を目指します。
 健脚メンバーばかりですから、まだまだ元気です。
Photo_14

Photo_15

                        (真名子ランドを出発です。)
Photo_13

 真名子ランドの「つばき橋」を渡り、女岳自然歩道を通り、山頂へ。女岳山頂では
「カノコソウ」に囲まれて、楽しい昼食です。しっかり体力をつけて最終地点を目指
しましょう。
Photo_2

Photo_4

Photo_3

Photo_5
                        (カノコソウが女岳山頂で大歓迎)

 浮嶽を目指すため、またまた縦走ルートを下って荒谷峠まで。木漏れ日は
ほんとに気持ち良いものですね。途中を楽しみながら歩きましょう。
Photo_8

Photo_9

Photo_10
                           (荒谷峠に到着です)

 さて今回の4座の最高峰「浮嶽(805m)」は荒谷峠からは目の前です。新緑の
自然林の中、「筑紫富士」を呼ばれる秀麗な浮嶽の山頂での素晴らしい展望を
期待しながら一歩一歩進みます。
Photo_11

Photo_12
                         (白龍稲荷神社を通過)

Photo_13
                  (浮嶽神社上宮の鳥居が見えてきました)

Photo_14
                  (浮嶽山頂です。リラックスしています)

 山頂での展望を楽しみ、山歩きの喜びを味わって後は、最終地点の十坊山へ。
その十坊山の登山口である白木峠まで、淡々と、淡々と下っていきます。
Photo_15

Photo_16

Photo_18

 白木峠へやっと到着です。糸島4座縦走を謳歌する予定でしたが、少々時間が
進み過ぎたようです。今回はここ白木峠までとして、十坊山までは次回の楽しみ
としましょう。「皆さん~~~お疲れ様」
Photo_19

 新緑の木々の下に咲いていた、白い清楚な花々の姿を披露して、今回の山行
報告を終了です。
Photo_20
                                by/つぎちゃん













 

 



| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

2016.5.16~19 六甲全山縦走

参加者14名(11)

 数年前六甲全縦走を一日で走破という神戸市主催のイベントへ我が山の会
のメンバーが参加していました。
その時以来、一日では無理だけれどいつか歩いてみたいなと思い、数年前の
友人との有馬温泉旅行の折にも山脈を眺めながらいつかは
いう思いを強くしました。
 今回、このコースを何度も歩いている関西出身のYさんが計画してくださり
が、調べてみるとかなりの部分の舗装道路歩き、そして公称(神戸市)56kmを
二日間で歩けるか?不安を抱えながらの参加でした。

16日 博多駅に集合するも当初予定していたソニックは遅れているとのこと。
集まった人から先に小倉へ向かう。心配したけれど全員がほぼ予定通り
集合でき新門司フェリーターミナルへ向かいます。
P1050192
平城京を模したというフェリーターミナル

P1050193
これから乗り込む阪九フェリーです。

P1050194
今回は1等船室で快適。
お風呂の後は1室に集まって持ち寄りパーティ。豪華です

P1050195
17日早朝 六甲の山々が見えてきました。

P1050197
ポートアイランドからシャトルバスで阪神御影駅へ。
バスを下りたところの店で行動食の買い出し。

お店のおじさん(おじいさん?)に老人会でどこへ行くのと言われ

P1050200_1
阪神電車で須磨浦公園駅へ。
ここはイベントの時は人の波で埋まるそうです。
源平合戦の古戦場だったらしく敦盛の胴塚なんてものがありました。(首は
持ち去られた?)
17歳の美少年だったそうです。(今なら15歳)
哀れを感じてアツモリソウなんて花に名前を付けたのでしょうか。
因みに敦盛を討った熊谷真実は自分の子供と同じくらいの少年の首を
討たねばならなかったことをはかなんで出家してしまったそうです。
クマガイソウという花もあります。

P1050201_1
さっそく舗装道路を歩き始めます。8:45

P1050207_1_2
長い長い行程を理解していない私たちはピークに着く度に記念撮影だ、
休憩だ、などと…  ノーテンキ

P10502111
鉄拐山9:40 (かい、難しい字ですね。)

P10502141_2
遠くに見えるは住宅群。

P10502151
と思っていたら長い階段を下り
P10502161
団地の中に突入。
昔は山だったのをどんどん削り住宅となっているそうです。
団地の中は静かに歩きましょう!
P10502191
まだ笑顔も見られますが、、10:39

P10502241
このコースのハイライト?須磨アルプス馬の背です。
P10502251
たえずタイムと地図を見るリーダー
P10502271
山らしいのはこの辺りだけ?
P10502321
またまた街歩き、妙法寺辺り
P10502341
「髙取山山頂だよ~」「行きたい人は走っていっておいで」
P10502351
いつもこの六甲全縦の→の標識に沿って行かなくてはいけないのですが、
一か所見落とし。道を間違えて、30分ほどのロス。
P10502381
鵯越駅を過ぎた時点で15:15
ここから菊水山、鍋蓋山、摩耶山と厳しい登下降を繰り返し
後4時間は山道を越えていかなくてはならない。
夕食にもありつけないかもしれないし、丁度電車の駅もあるし
ここで見直し。 撤退!を決める。

ホテルに連絡して神戸電鉄有馬線で西鈴蘭台へ向かいホテル手配のタクシーで
ホテルへ向かう。
タクシーの運転手さんはとても親切で観光案内していただきながらホテル到着。
車っていいなあ
明るいうちにホテルに入れてよかった。

P10502411

オテル・ド摩耶。とてもおしゃれでこじんまりしてて夕食も朝食もイタリアン。
と美味しい

年齢相応でした。

18日 朝ホテルの前で準備体操。リーダーから「今日は逃げ道もないし
15:15の宝塚の電車に乗ります。僕についてこれない人はおいていく」
とのきびしいお言葉。
昨日のノー天気な歩きはかなぐり捨てて出発です。8:15
P10502461
ここからは山道と車道が入り乱れリーダーは近いほうを探しながら地図
と首っ引きです。

P10502561
以前泊まったことのある六甲山ホテル。新館はあるのですが、旧館は確か
細雪にも登場のクラシックホテル。老朽化して今は使われていないようです。
部屋はあまりにクラシックすぎて

P10502581
石切り道と言われる道を行きます。おおむね御影石のようでした。
有馬温泉からのロープウエイ駅のすぐ近くが山頂だと思っていたのですが
そこから2.4kmもありました。歩いても歩いても…
P10502631
満開の紅どーだんに癒されながら。


P10502701
やっと六甲最高峰です。11:37
931mとあります。
阪神大震災の時12㎝高くなったそうです。
六甲山は何万年もかけて盛り上がったきたそうですが、12cmというのは
120年分だそうです。

P10502751
今日はかなりやる気を出して歩いているのでおおむねコースタイムで
歩けているよう。
でもかなり疲れてきた~
必死に歩いているのであまり記憶無し

P10502781

ゴールも近くなってきた塩尾寺到着。15:15の電車はちょっと無理かな?

P10502791_2

ここで休むと気力がなくなるので歩き始めますが、ここからが急な下りの
舗装道路40分ほどでで一番つらかったです。

ここを元気に下れるのはやはり若い人順でした。

が、リーダーは強かった!!!

P10502811


当初の予定電車には無理でしたが15:25には阪急宝塚駅に到着。
駅前の宝塚乙女です。

阪急電車を乗り継いでフェリー乗り場へ。2日間の健闘をたたえて船内での
乾杯のビールは格別の美味しさでした。

                 by:tsuzuki












| | コメント (0)

2016年5月14日 (土)

山行計画2016年8月中旬~9月末

山行計画   2016年8月21日~9月末

山行月日    山   域     グレード       備   考


8月21日(日)  三俣山(お鉢めぐり) グレードA☆   夏山を楽しみましょう
8月21日(日)  滝川谷(脊振山系)沢登  グレード中級      
8月24日(水)  糸島海岸       グレードW     アジ釣りと海岸散策
8月27日(土)~28日(日)  
         くじゅう山域       グレードA     初級幕営
8月30日(火)  くじゅう・雨ケ池コース グレードA     ヤマラッキョウ鑑賞

              

9月 1日(木)   万年山        グレードH       初秋の花をもとめて
9月 2日(金)~7日(水)
          穂高岳      グレードB☆       岩稜に挑戦する
9月3日(土)~4日(日)
          経ケ岳~多良岳  グレードA   ツルトビバーク体験

9月3日(土)~4日(日)
         そごう谷 (県連登山学校)
9月6日(火)  天山(岸川ルート)  グレードA    山頂で岸川饅頭を食べよう!
9月10日(土)  黒岳(高塚山)     グレードB    最深部を歩く&展望
9月11日(日)  雷山           グレードA
9月15日(木)  机上学習(会の諸規則と運営)  教育部  (18:30 山の会事務所)
9月16日(金)~19日(月・祝)
                   モッチョム岳、愛子岳、太岳  グレードB  屋久島の山を楽しむ
9月18日(日)  涌蓋山     グレードA☆     マツムシソウ・秋彩眺望
9月21日(水)~26日(月)
           餓鬼岳・燕岳・大天井岳・常念岳 グレードC 槍・穂高絶景展望

9月21日(水) 江里山の棚田ウォーク&彦山登山 グレードH  ヒガンバナ鑑賞
9月24日(土) 犬ケ岳~求菩提山縦走  グレードB 
9月25日(日) 脊振山域    グレードA    読図実践
9月27日(火) 三郡山      グレードA☆  キバナアキギリ

              

10月1日(土) 叶岳と田んぼアート  グレードH
10月8日(土)~9日(日)
         右谷山と寂地山   グレードB

10月29日(土)~30日(日)
         星野村 池の山キャンプ場 グレードH~A☆ 県連創立50周年記念祭典
        Ⅰ
        


| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

2016年5月7日(土)~9日(月) 四国愛媛県・西赤石山

参加者7名(男性2名・女性5名)  天気 晴れ グレードA☆
 
思いがけない熊本地震等により、リーダーYさんのご心痛も大きく、実施
が危ぶまれましたが、何とか実施決定となりました。5/7日の午後7時、
天神に7名集合致しました。1台の車で北九州市小倉港松山行きフェリー
乗り場へ向かいます。港近くで行動食を購入、フェリー乗船手続きもスム
ーズに済み、21:00からの乗船となりました。10人部屋を7名で使わせて
頂きました。船旅は何となくワクワクしますよね。ハヤル気持ちを押さえて
・・・寝なければ~寝なければ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*お休みなさ~い
5月8日(日)午前5:00四国愛媛県松山港に到着しました。
P1000532
5:05松山港・・・おはようございま~す。下船準備です。
 
P1040030
8:15 大正~昭和にかけて銅採鉱の中心であった東平(とうなる)地区
が登山口です。駐車場は満車です。さあ出発です。素晴らしい晴天に
登高意欲大ですよーアケボノツツジが楽しみです。
 
P1000605
今日のコースは第三変電所跡から一本松分岐を経由して兜岩を経て
西赤石山頂上に至るコースを歩きます。下山は西赤石山から南西方向
へ進み銅山超しを経て銅山峰ヒュッテに立ち寄り、少し戻って馬の背
コースから下山口(登山口)へと周回します。
 
P1040081
駐車場から7~8分で一本松へと続く登り口に着きます。
 
P1000535
9:15 橋が古くなって危険なため下の沢を渡ります。
 
P1000537
橋はこんな風です。
 
P1000541
10:56 急登にあえぎながらやっと兜岩直下に出ました。西赤石山
ピークが見えてきました。山肌はピンクですよ~。
 
P1000550
11:11 兜岩と呼ばれている岩場展望所です。東西南北四方の眺め
が素晴らしい。さあここから20分位で頂上かな~?
 
P1000553
11:40 登頂です。さすが銅板で作っています。昔美術の時間に”銅板
のエッチングとかいうのをしたことありますよね~?それを思い出しました。
 
P1000556
ご覧下さい。満足嬉嬉としたメンバーのお顔を見てあげてください。
強い日差しの中で昼食となりました。
 
P1000554
頂上から見る先程経由してきた兜岩展望所です。なかなか面白い
岩場でした。
 
P1000555
さあ西赤石山のアケボノツツジ登場です。
 
P1040060
ここのアケボノツツジは九州のアケボノツツジより小振りで、花色が濃い
く キュートです。九州のアケボノツツジは妖艶なのです。
 
P1000560
12:10 下山開始です。下り始めは岩場の急坂です。大人数の団体
さんと離合しました。団体さんはなかなか進めないようでした。
 
P1040066
12:35 25分下ったところで西赤石頂上を入れて1枚パチリ撮って
頂きました。今日はアマカメラマンが大勢いらっしゃいます。
 
P1000573_2
12:50 コヨウラクツツジ です。本当に小さいですね。可愛い
 
P1000580
トサノ(はっきり分かりません)ミツバツツジ?と言うようです。色がやはり
濃いくてちょっと赤黒い?感じです。
 
P1000584
13:13 ちょっとゆっくり休憩です。コーヒーを一口・・・。
 
P1000585
休憩の後、高原のような素敵な縦走路に出ました。 こんな感じ好きです。
ちょっと目立っている樹木は”カラマツ”のようです。
 
P1000591
13:50 銅山越と呼ばれている分岐に着きました。水分補給です。
 
P1040073
14:30 銅山越しから下り、銅山峰ヒュッテに立ち寄りました。ヒュッテ
の周りにはヒカゲツツジの大木が沢山ありました。
 
P1000598
ヒュッテのそばに”シコクカッコソウ”(サクラソウ科)が美しく咲いて
いました。カッコソウ初めて見ました。
 
P1000601
14:47 ヒュッテに立ち寄りカッコソウを見た後、戻って馬の背コース
から朝の登山口へと周回しました。
 
P1000606
15:35 今朝登山開始した登り口に戻って来ました。皆さん満足した
お顔ですね。素晴らしい山域でした。お宿に向かう途中「別子銅山産業
遺産の里・マイントピア別子」に寄りました。
 
P1000615
西条駅前「玉の家」さんにお世話になります。入浴後18:30より夕食
です。「”カンパ~イ”お世話になりました~。お疲れ様でした~。いい
山でした~。」     夜はぐっすり休みましたよ
5月9日(月) 早朝よりしっかり雨が降っています。全員一致で中止
が決定・・・石鎚山は秋にでも来よう・・・と。元会長のあざやかなスマホ
さばきで、あっという間に帰路のコースとフェリー料金・時刻等々が調べ
られ・・・松山市三津浜港→山口県柳井港行きのフェリー乗船、熊毛I.C.
~福岡への高速道利用が決定う~ん素晴らしいリーダーは予約
済みのお宿やフェリーの解約でお疲れ様です。早速帰宅の準備をして、
お世話になった”玉の家”さんを後にします。
 
P1000617
12:30 あらっ 皆さんどうされましたか~?? 檻の中ですか??
いえいえここは柳井港に向かっているフェリーの展望席なのですよ。
 
P1000619
14:00 後15分位で柳井に着きます。このフェリーには天井で金魚
さんが泳いでいるのですよ。帰って調べた所、柳井市では郷土民芸
品である”金魚ちょうちん”を使った柳井市最大の夏祭り「柳井金魚
ちょうちん祭り」が八月上旬に開催されるそうです。
 
熊毛I.Cから一路福岡に向けて走りました。立花山バス停で2名下車。
天神18:40頃到着。4名は歩き足りないそうで、”天神山”に登りに
行きました。天神山に登る元気の無い運転手は一人寂しく帰りました。
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:あ~楽しかったなぁ~いい山でした~♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;
CL・皆さまありがとうございました~。さんくす♪(o ̄∇ ̄)/
              (photo by/ Kaoru Y.  Fusako I. )
 


| | コメント (0)

2016年5月 5日 (木)

牛斬山~福智山~皿倉山縦走

2016年4月30日~5月1日

牛斬山~福智山~皿倉山  マイテント縦走(o^-^o)
◎参加メンバー  4人(男3、女1)
◎記録
 ●1日目:行動時間7時間、歩行距離約15km
  採銅所駅8:46着・・・9:20牛斬山登山口9:25・・・・10:35牛斬山10:40・・・
   12:00焼立山・・・12:15赤牟田の辻・・・13:20福智山手前860ピークで昼食13:40・・・
   14:00福智山山頂・・・14:20タヌキ水(水補給)14:33・・・16:10 尺岳平(ビバーク)
 
  <牛斬山~尺岳>
Photo


 ●2日目:
行動時間5時間20分、歩行距離14.9km
   尺岳平6:00・・・7:25観音峠・・・9:20市ノ瀬峠9:40・・・10:26権現山分岐10:36・・・
   11:20皿倉山
  <尺岳平~皿倉山>

1

◎アルバム
2年前のこの時期に同じルートを歩きました。
スタートは採銅所駅。なかなか風情のある駅です。
無人駅なので乗車券は列車の運転手に渡しました。
天気は上々、
マイテント担いでまずは福智山を目指しましょう (o^-^o)

Img_5723

牛斬山稜線までは沢沿いをのぼります。沢の水音が心地よいね。

Img_5725

まずは牛斬山に到着。ここから福智山までの尾根伝いの縦走が始まります。

Img_5726

下の写真のような標高差50メートル前後の登り下りが何度も繰り返されます。   

Img_5729

傾斜が急になるほど歩幅を狭くとって歩くようにしました。
フラットフィッテング、重心移動法など、疲れない歩き方をいろいろ工夫しました。

Img_5727

登りもあれば同じだけ下りもあります。
赤牟田の辻を過ぎたところの下りです。
急な斜面を一挙に150m下ります。

Img_5732

ミツバツツジがきれいです。5月の山歩きの楽しみの1つですね。

Img_5737

やっと福智山到着。
日差しも強く、ちょっとしんどかったなあ。ここまで5時間かかりました。

Img_5742

福智山山頂から見る皿倉方面。
明日はあそこまで歩きます。
人間の足って結構すごいね。

Img_5744

福智山から2時間。今夜のビバーク地・尺岳平に到着。
今夜はマイテントでぐっすり休めそうですね。

Img_5780

尺岳山頂からの夕陽です。枯松とのコントラストがなかなかいいと思いませんか。


Img_5782


少しずつ日が沈んでいきます。
地球が回っていることを実感します。しばらくぼーっと眺めていました。

Img_5747_2


さあ、二日目の縦走路です。日差しの照り付ける前日の縦走路と違って、
二日目はほぼ広葉樹の気持ちのいい樹林の中を歩きます。

Img_5756

見上げると山藤が木々を飾っています。

Img_5757

皿倉山の電波塔が見えてきました。目的地はもう目の前です。

Img_5760

ついに到着\(;゚∇゚)/
やっぱり、ビバーク縦走は楽しい!
2つ日間かけて山をたっぷり堪能しました。
みなさん、ありがとうございました。
また一緒に歩きましょうね。

Img_5762

written by matchan 
photo by minechan & matchan

 

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »