« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月21日 (火)

2015.7,19(日)宝満山(夏山安全登山祈願祭参加)

参加者 19名(男性6名女性13名)
天候 のち
大変暑くなりそうな天候でお昼頃には雨の予報もあり。
竈門神社にてリーダーよりマナー袋の配布について説明がありました。
P10402715
山のトイレを考える会からの要請です。
P10402742
あまりの蒸し暑さに水場あたりですでにぐったり。
体を冷やして登り始めますが、しばらく苦しいのぼりが続きます。

遠くから救急車の音が聞こえると思っていたら…どんどん近づいてきて
救急隊員の方たちが追い越していきます。
やがてヘリも飛んできて、何があったのかは結局よくわかりませんでしたが、
夏の宝満山は危険がいっぱいです。
私たちも無理しないようにゆっくりゆっくり
P10402751
百段がんぎが一つの山です。
P10402771
それでもなんとか11時からの神事には間に合って、山頂は人で埋まっていました。
みんなで手分けしてマナー袋を配りました。
P1040280
11時安全登山祈願の神事が始まりました。
神主さんは涼しい顔でしたが、炎天下、吹き出る汗に団扇を使いながらの
祝詞を拝聴いたしました。(神様ごめんなさい)

最後にお神酒と記念のタオルをいただいて終了。

キャンプ場で昼食後下山。雨が落ちてきて遠くで雷も。
滑らないように注意しながら集中して下山しました。

雨と汗でぐしょぐしょでしたが、今年の夏山は安全に過ごせることと
思います。         by:tsuzuki














| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

7月10日~14日(火) 早池峰山・岩手山・姫神山

  早池峰のトイレ見学と夏の高山植物
参加者 12名(210)
7/10 福岡空港=仙台空港=盛岡  市内観光
Dscf6859
仙台駅から東北新幹線の「はやぶさ」
秋田新幹線「こまち」が盛岡まで走ります。
九州新幹線、山陽新幹線では見られない車体です。
Dscf6861
北上川の河川では市民ボランティアの手入れの
いきとどいた花壇が迎えてくれました。
北上川は白鳥の飛来地。合流する中津川には
鮭の遡上地があり、畔の深沢紅子「野の花美術館」
盛岡城址を見学しました。

7/11 盛岡=岳=河原の坊…早池峰山…小田越=岳
Dscf6863
盛岡から早池峰山行きの登山バスには早朝6時
から長~いザックのラインができてます。
1時間30分バスに揺られ河原の坊に着きます。
Dscf6872
わが山の会の自然保護部の活動での
トイレ事情の見学。
ヨーロッパアルプスのエーデルワイスに一番
似ていると言われるハヤチネウスユキソウに
あえるでしょうか。
何度かの渡渉しながら沢沿いを登りはじめ
高度があがり、青空と稜線が見えはじめました。
Dscf6887
山頂近くは岩場があり、ロープも下がっています。
Dscf6896
岩は蛇紋岩ですべる処もあり気がぬけません。
先頭のSL。頑張りますね。
Dscf6875
登山道の隅。逢えました
ハヤチネイスユキソウ
Dscf6878

Dscf6879
チドリ。オダマキ。花が次々と
「花の早池峰山」なんです。
Dscf6880
ウラジロヨウラク
Dscf6883
ミヤマアズマギク。
Dscf6884
地味なんですが、固有種。ミヤマヤマブキショウマDscf6900
13時。花との出会いを楽しみながら登頂です。
Dscf6902
山頂には避難小屋と3ヶのトイレブース
21年間担ぎ降ろしていたトイレも2014年から
携帯トイレ専用のトイレになった。
総担ぎ降ろし人2.417人。量は9.446.015kg。
Dscf6903
山頂直下、御田植場の花畑には
コイワカガミの群落
Dscf6904
ミヤマシオガマ
Dscf6905
コオバイケイソウ
Dscf6906
長いハシゴもあり、ひとりずつ・・・
ゆっくりなんて言ってはいられません。
パレードになっていました。
Dscf6908
下山途中のトイレブース。
メンバーの男性はナルゲンボトルにしていました。
お茶と間違わないようにね。
Dscf6909
小田越の下山口には回収ボックスが設置。

7/12 岳=大迫(おおはざま)=盛岡=渋民
    姫神山
Dscf6910
盛岡からは岩手県の第3セクター
「IGRいわて銀河鉄道」八戸行きに乗り
石川啄木の故郷、渋民で降ります。
Dscf6913
「かにかくに渋民村は恋しかり おもいでの山
 おもいでの川」石川啄木
この日は東北でも30℃を越す暑さ。
こわ坂コースの姫神山1123mを登りました。
移動日で昼からの登山。苦しい~
Dscf6911
女神の姫神山に対し、男神の岩手山。
明日の登頂を期待しています。宜しく
Dscf6917
下山は一本木コース。
直下は大きな岩を踏み越え、跨いで
お尻ですべり下ります。Dscf6922
下りの途中で出会う 一本杉。
上まで写りません。( ゚д゚)ポカーンDscf6926_2
民宿「竹乃家」さん。2日お世話になりました。
今夜は2組のゲストです。
我が12名あだるとチームと単独ゲスト。
200名山一筆書き「田中陽希」さん
Dscf6928_2
誕生日のCLを大迫ワインで祝い
明日は秋田駒ヶ岳までの移動日だという田中さんと
ゆっくり、談笑する事ができました。
田中さんも今日は姫神山を登ってきたそうです。
九州での200名山「英彦山」での再会を約束しました。

7/13 民宿=馬返し…岩手山…焼走り=民宿
Dscf6932
宮沢賢次が何度ものぼった岩手山。
柳沢コース。馬返し登山口には
美味しい水が贅沢に流れています。 力水?
Dscf6939
8合目の避難小屋までは、4時間30分ひたすら
我慢の急登です。
Dscf6935
岩手山も花の山。タマガワホトトギス
Dscf6945
エゾツツジ。癒され~。
Dscf6951
火山活動により全面登山禁止だった岩手山だが
2001年一部解禁され、現在4本の登山道が開かれ
サイレンや赤色灯などが設置されています。  
山中では8合目避難小屋に宿泊できます。 
もあり、2段ベットの部屋 快適そう。
バイオトイレも清潔。
Dscf6952
苦しい登りではお花が応援してくれます。
オオバキスミレ
Dscf6959
不動平からは砂礫の登り1時間。
Dscf6967
お鉢の縁に上がり、西側には御苗代湖と
雪渓の秋田駒ヶ岳。
Dscf6970
約6時間 喜びの山頂。薬師岳2038m
360度の大展望。風は強いです。
Dscf6974
お鉢の中の妙高山。遠くには早池峰山。
Dscf6975
北側の平笠不動避難小屋まで下ると
ハイマツとアオモリトドマツの樹林で山姿は
登り道とは異なった山様です。
Dscf6979
カラマツソウの花道
Dscf6984
さて、お待ちかねのコマクサです。
Dscf6985
あるある100m?は続いたでしょうか群落が
Dscf6988
累々とした焼走りの溶岩流。
Dscf6990
16:25 約11時間かかりお花も山も堪能して
国際交流村登山口に下山しました。
Dscf6993
この日の民宿の窓からの夕日です。
「ふるさとの山に向ひて 言うことなし
  ふるさとの山はありがたきかな」石川啄木

7/14 民宿=石川啄木記念館=渋民=盛岡
    つなぎ温泉=盛岡=仙台=仙台空港=福岡
Dscf6997
後景に岩手山が写るつもりでしたが、
別れが辛かったのでしょう。雲の中でした。
急に暑くなった東北の山で天気に恵まれ
歓待されたような満開のお花達に仙台空港で
牛タンと笹かまでお疲れの乾杯をしました。
            by/M・sato

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

6月28日(日)~30日(火) 岡山県泉山と県立森林公園

参加者(男性2名 女性6名)
6月28日 のち
博多=岡山=津山(宿からの迎えのバス)=県立森林公園…管理センター…
あせび台…もみじ滝…千軒平…もみじ平…県境三叉路…中央園路…六本杉
…中央園路…管理センター=宿

Syu2_2
 森林公園管理センターにて昼食後雨の中を歩き始める。
 津山は晴れていたのにこの辺りは日本海性気候のようで思いもしない雨だった。

Syu3
おたからこう湿原 大きなみどりの葉で埋め尽くされていて花の時期は見事だろうな。

Syu6
雪でも降っているような小さなツルアリドウシの花。群生地が何か所かあった。
こんなにたくさん群生しているのは初めて見た。

Syu8
起伏があるとは分かっていたが結構登ったり下ったりが激しく立派な登山だった。
県立なだけに手つかずの自然が一杯。春の芽吹きと花が咲き始める時に時間を
たっぷり取って再訪したらもっともっと楽しめそうだ。

 6月29日 快晴 
宿=泉嵒(イズミイワ)神社…Aコース登山道入口…福ケ乢(フクガタワ)…
井水山(イミズヤマ1,150m)…中央峰(1,193m)…泉山(1,209m)…笠菅峠…宿Syu1_2
 泉嵒神社から歩きはじめる。
ここから20分ほど舗装道を歩きAコース登山口の標識から入り込む。

Syu4
今日は上天気。皆の顔もいい笑顔。 


Syu3_2
 お目当てのササユリがちらほらと見え始める。
ササとササユリの葉っぱが入り混じっていますが区別がつきますか?

Syu5

Syu6

Syu20


Syu23



Syu7_2
 青空をバックに。 井水山にて。


Syu13_2
泉山に向かって。足元はウツボグサ、ニガナ、シロニガナ、薊が一杯。

Syu14
泉山山頂(1,209m)。遠くに伯耆大山が!

Syu15
山頂を下ると有名な泉山の文字の刈込の場所。その間を通ります。。

Syu22
ヒヨドリソウの群生。森林公園にもたくさんありましたね。

Syu16
笠菅峠。迎えの車がここまで来てくれました。立派な基幹林道でした。

6月30日(火) 曇り
 今日は最終日。奥津渓谷を散策する。
天然記念物 奥津の甌穴群は自然の渓谷が素晴らしい
紅葉の時期は大勢の人で賑わうようだ。Syu2

Syu4


Syu3

 この後津山でB級グルメのホルモンうどんを食べ思い思いに津山城(鶴山城)や
伝統的建造物保存地区を散策し帰路に着きました。
                                  矢田 薫

   

| | コメント (0)

2015年7月 3日 (金)

2015年6月28日(日) 野北岩場訓練

2015年6月28日(日) 天気:晴 参加者:16名(男11・女5)

野北の岩場訓練は昨年から今年の初回も雨続きで、実技訓練が出来ていなかった。そこで急遽6月と7月の2回実施することになりました。16名の内、新しい参加者が10名と多く皆さんの意欲を感じました。

944dscn6946

フィックスロープを張りカラビナの掛け替えをしながら通過する岩です。まるで北アルプスの岩峰です。

944dscn6943

まずはSAのIさんによるロープワークの講習です。Iさんの体は完全ではありませんが口は達者とか?受講生の皆さんもハーネス、カラビナ、スリング、ヘルメットと万全の装備で、真剣な表情で聞いています。

955dscn6949

CLのYさん達がハーケンを打ち、トラバース用フィックスロープを張って行きます。

1030dscn6953

いよいよトラバース開始です。下では安全のため、SAのNさんがアドバイスを行い、見守っています。

1053dscn6957

こちらでは岩場の歩き方、登り方の講習が始まっています。

1119dscn6961

更に岩場の歩き方です。Tさんも段々様になって来ました。後はすぐ波打ち際です。

1120dscn6962

SAが大きな声で何か言ってます。写真を見るだけで何か聞こえて来そうです。

1125dscn6964

こちらでは男性がザックをからってのトラバースに挑戦です。実際にはこれが普通かもしれませんが。

1128dscn6965

ベテラン女性も負けてはいません。果敢に挑戦です。

1142dscn6968

岩場の登り方です。足の置き方、置く場所の見つけ方、重心のかけ方などSAが一つ一つ教えています。何度か繰り返す内に、皆さん上手に登れるようになりました。

1200dscn6969

お腹が空いて来ました。お昼にしましょう。晴れて陽が強くなっていますが、風があり気温も低めなので意外と爽やかです。

1240dscn6970

お昼の後もトラバースに挑戦です。海の傍の岩場と言うのが良く分かります。

1353dscn6976

最後は岸壁の登攀です。男性は全員登り、何度か挑戦する人もいました。新人女性も足元を見ながらしっかり登って行きました。
今回は天気に恵まれ、皆さん、岩場訓練を満喫したようです。ロープワークは時々練習しないとなかなか身に付きません。皆さん、復習をしましょう CL、SAの皆さん、準備、指導などお疲れ様でした。次回は7/11(土)です。天気が良いことを祈ります。    by.A.inoue

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

6月28日 裏宝満~三郡山

2015年6月28日

裏宝満~三郡山  (新緑トレーニング)

◎参加者 17名(男7名。女10名)
◎コース
  西鉄二日市駅8:30=(マイカー)本道寺・・・9:10提谷コース登山口・・・提谷ルート分岐
  ・・・・10:30百日絶食記念碑・シラハケ尾根道分岐・・・紅葉谷・・・10:55金の水
  ・・・・普池の窟・・・・10:20長崎鼻・・・12:20三郡山頂12:50・・・14:00キャンプ場
  ・・・・14:30釣舟岩・・・14:50百日絶食記念碑・シラハケ尾根道分岐・・・シラハケ尾根道・・・15:35提谷コース登山口・・・15:40本道寺
◎ログデータ
  行動時間6時間30分  歩行距離13.6km

Img_4458_2


今回は福岡県で最も登山者の多いといわれる宝満山に行きました。
さぞ人が多いだろうと思いきや、今回のルートはあまり人が使わない提谷ルート。
上りでは誰にも会うこともなく、「これが宝満か?」と疑うような原生林の道を渓流の音に包まれながら、心地よく歩いて行きました。


Img_4448_2

提谷ルートの入口です。途中でシラハケルートと提谷ルートに分かれます。

Img_4400_2

沢沿いの道です。渓流の音に包まれながら進みます。とても涼しいです。
夏場はいいみたいです。

Img_4402_2

大小(小小?)滝いくつもの滝と出会います。

Img_4404

滝があるということは、岩場の上りもあるということでしょう。
しっかりしたロープが取り付けてありました。



Img_4405

本会が立てた案内板です。シンボルマークがカッコイイと思いません?
字も達筆ですねえ。

Img_4408

ほんと、幾つも滝があります。

Img_4410

いくつ滝と出会ったでしょう。
もう、滝の写真を撮るのはやめて、沢の音に浸ることにしました。

Img_4413

『百日絶食記念碑』
一度聞いたら忘れられないこの地名。
俳優の榎木孝明さんが最近30日間絶食実験をやったことに話が及びました。
百日絶食した修行僧はどうなったんだろう?

Img_4422

金の水に到着。

Img_4423

少しぐらいなら大丈夫!気にしない、飲んじゃえ
うーん、美味しい!

Img_4426

約2時間で、いつもの縦走路に取りつきました。
思ったより時間がかかったねえ。
お腹も空きました。

Img_4432

三郡山頂に到着。
ここで昼食をとりました。

Img_4436

宝満山頂下のキャンプ場です。日曜日はいつも登山者で賑わっています。
ここでちょっと休憩した後、シラハケ尾根をめざしました。

Img_4443


釣舟岩です。大きな一枚岩です。やっぱ乗りたくなりますよね。

Img_4444

釣舟岩からの展望です。
けっこうな展望。岩場の先にはハーケンが取り付けてありました。
このあとシラハケ尾根に達し、歩きやすい尾根道を軽快に下って行きました。
いつもと違う宝満山の姿に満足しながら今回の山行を終えました。
帰りは、美人のママさんがいるという噂の焼鳥屋さんでお疲れさん会。
確かに、ママさんは美人で、焼鳥も美味かった。
本日はいいことばかりでした。
                                 by まっちゃん

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »