« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月27日 (土)

2015年6月21日 由布岳(お鉢巡り)

2015.6.21由布岳(お鉢巡り) 天気:曇り  参加者:7名(男4・女3)

コースタイム
天神7:009:15登山口9:25・・・10:15合野越・・・11:35またえ12:1012:30西峰・・・13:55東峰・・・14:25またえ・・・15:25合野越・・・15:55登山口=入浴=19:10天神(行動時間:6時間半)

CLのMさんが突然のアクシデントで参加出来なくなり、レンタカーの手配などバタバタしたSLでしたが、皆さんの協力で無事出発しました。

924dscn6904

無料駐車場は一杯で反対側の有料に停めました。曇ってはいるものの由布岳の山頂も見えます。草原の中をゆっくり歩きます。

954dscn6906

30分程歩くとヤマツツジがあちこちに咲いていました。花の少ない時期なので気持ちが和らぎます。

1125dscn6911_2

花博士がいないので名前が分かりませんが、葉の緑が鮮やかです。

1132dscn6912

マタエに着きました。人はまばらです。ミヤマキリシマも終わり、梅雨の合間だからでしょうか。お昼を食べ西峰登頂への準備をします。簡易ハーネス、カラビナ、スリング、ヘルメットで身を固めていざ出発。

1210dscn6922

最初から岩場が続きます。鎖のトラバースは自己ビレイをしなくても行けますが、掛けているとやはり安心感があります。全員無事通過しました。

1220dscn6926

ガスに浮かぶ岩峰。登山道のすぐ横にあります。まるで庭園のような趣です。

1219dscn6929

西峰山頂での集合写真。皆さん疲れも見えません。曇りでガスがかかったりしますが、時々青空も見えます。

1256dscn6933

お鉢めぐりに入り更に岩が続きます。しかし皆さん慣れたもの、なんのかんの言いながらスムースに通過してい行きます。

1332dscn6936

東峰の手前の岩肌にミヤマキリシマが可憐な花を付けていました。良くもこんな所に根を張ってという感じです。

1336dscn6939

大岩の上で万歳のOさん。喜びが溢れている笑顔です。北アルプスのつもりかな?

1417dscn6941

東峰からの下りで、もうすぐマタエに着きます。お鉢巡りの緊張感が取れた笑顔になっています。下りも気を付けてね。

1440dscn6942

梅雨の合間と言うのに雨にも会わず、無事登山口に到着。晴男の神通力は今年も残っているのかな?アルプスまで続け。帰りに寄ったお風呂の庭には何種類ものアジサイが今を盛りに咲き誇っていました。
                         photo by.takao&written by.A.inoue

     

























| | コメント (0)

2015年6月25日 (木)

山行計画   2015年6月中旬~9月

山行月日  山         域    グレード   備   考   

                 

6/27       英彦山(奉幣殿~南岳~高住神社)  A☆

     

6/28~30    岡山県泉山&県立森林公園周回          A

          (ササユリ、フラワーロードと奥津渓谷散策ほか) 

6/28      裏宝満~三郡山(新緑・トレーニング) A☆

6/28      野北海岸 岩場のトラバース    初級・中級

7/5       若松・石峰山( 洞海湾と響灘の展望)    H☆
 
7/5      宝満山~若杉山(縦走)トレーニング 12kg以上    B

7/10~14  早池峰山・岩手山・姫神山(自然保護部企画)   A☆

711      野北海岸 岩場のトラバース    初級・中級

7/12     雷山  ヤマアジサイの群落 A

7/13     宝満山(猫谷川新道から)   A☆

7/18~20  野田ケ山 裏大山の山   滝・ブナ・お花畑 B

7/19    宝満山 夏山安全祈願祭  A

7/23~27  北アルプス縦走

        (中房温泉~燕岳~常念岳~蝶ケ岳)   B

7/24~26 島巡り登山 鹿児島県薩摩川内の山

7/24~30  北アルプス裏銀座(長期ロングコース)   B☆

       (烏帽子岳・鷲羽岳・黒部五郎・薬師岳)

7/25~26  福智山  山小屋・テント泊  A

7/26    脊振山(車谷・椎原峠)  A

7/30    井原山麓 キツネノカミソリ鑑賞  H

8/2     小爪谷(脊振山域) 沢登初級 A☆

8/5    八幡岳(佐賀県) キツネノカミソリ鑑賞とソーメンパーテー  W


8/7~11   白馬三山縦走      B☆

        (白馬岳~杓子岳~白馬鑓ケ岳) 

8/9     恐ケ淵(犬ケ岳山系)沢登    中級

9/1~9/5  北アルプス・奥穂高岳  C

9/4~7    南アルプス  甲斐駒ケ岳 ~ 仙丈ケ岳   B

9/18~22  八ケ岳縦走  南八ケ岳~北八ケ岳  B☆

 

      
              山 行 予 告    

10/4~7    白神山地・岩木山・八甲田山  A☆

         (東北の紅葉を楽しむ)

 

| | コメント (0)

2015年6月24日 (水)

2015年6月21日 雲仙 九千部岳

Photo

山行コース・・・・天神=長崎自動車=大村湾PA=諫早IC=田代原
          トレイルセンター・・・北尾根登山口・・・九千部岳山頂
          ・・・吹越分岐(昼食)・・・牧場ゲート・・・木製遊歩道・・・東屋
          ・・・田代原トレイルセンター=雲仙・小地獄温泉=川登SA
          =天神

 片道約3時間のバスでの長旅。I観光バスの運転手のタイミングの良い観光
案内に会話も弾む。到着した田代原トレイルセンターの駐車場は、ヤマボウシ
を観賞する登山者の車で既に満杯。

Photo

 前日までの雨でぬかるんだ登山道を進み、山頂近くになればなるほど岩場に
苦しめられ、時にはロープに助けられながら山頂を目指します。
 下山中の登山者の情報では、狭い山頂は満席とのこと。
Photo_2

Photo_3

 やっと九千部岳山頂に到着しましたが、やはり情報どおり、座るところもなし。
霧の切れ間に見え隠れする、ヤマボウシ群落は今年は裏年にあたるらしくて
山頂からの展望は、やや白さに欠けた山肌でした。でも山頂に立つ感激はどの
ような状況のもとでも嬉しいものです。
Photo

Photo_2

 山頂での昼食はあきらめて下山。しかし下山する狭い登山道でも山頂を
目指す登山者との離合で四苦八苦します。それはまた譲り合いの登山マナー
で切り抜けます。
 そして昼食は田代原トレイルセンターに向かう、分岐点の木々の下で楽しむ。
Photo_3

Photo_4

 長い、長い下山道が続き、滑りやすい岩道を慎重に進みます。途中には、
ヤマアジサイ等の花々が、ヤマボウシに替って楽しませてくれます。
Photo_5

 牧場ゲートを過ぎると木製遊歩道が続きます。途中の東屋でブログ用の
集合写真を撮影します。咲き誇るヤマボウシに負けない笑顔で!
Photo_6

Photo_7

 滑りやすい木製遊歩道を注意しながら、田代原トレイルセンターを目指します。
そして田代原トレイルセンターに到着すると、安全登山で終えたメンバーを、先導
してくれたCLがにっこりと迎えます。 あとは雲仙温泉でゆっくりと。
Photo_8


Photo_9

 この時季、1年で一番ヤマボウシで賑わう九千部岳登山。主役はヤマボウシ
かもしれませんが、シモツケやヤマアジサイだって負けてはいません。登山道
の両脇に咲く花たちを忘れないでくださいナ。
Photo_10
                               by/つぎちゃん

















| | コメント (0)

2015年6月21日 (日)

2015年6月14日 あだると山の会35周年記念山行④班

       あだると山の会35周年記念山行④班

山行年月日・・・平成27年6月14日(日)

山行コース・・・・猟師山・合頭山コース(グレードH)
        
          泉水キャンプ場9:00==9:20合頭山登山口(牧ノ戸峠
          の先の駐車場)9:30・・・10:30猟師山山頂10:40・・・
          11:15合頭山山頂(昼食)11:45・・・12:15合頭山登山口
          12:30==12:40九重観光ホテルで入浴13:30==
          13:40長者原

山行参加者・・・10名(女性:8名 男性:2名)

 降水確率60%であったが、スマホのアプリで雨雲の流れを見ると、雨雲の
端が丁度通過する様子なので、降ったりやんだりを覚悟して泉水キャンプ村を
出発しました。
Photo

Photo_2
               (九重グリーンパーク泉水キャンプ村のカタログを利用)

 結果的に、登山口から稜線の分岐までパラパラとしたが、その後、雨は止み、
曇り空ながらも、雨上がりのおいしい空気と、猟師山では、祖母・傾山、阿蘇の
涅槃像、雲仙・普賢岳の展望を楽しむことができました。
41_2
  猟師山山頂で。標識には『猟師岳』と書かれています。
                   「山」と「岳」の違いはなんだろうか?

 猟師山から合頭山に向かう縦走路で、一列縦隊。

42

 合頭山山頂でも、笑顔の素敵な集合写真です。43

  梅雨の季節、雨上がりの貴重な30分の昼食休憩です。
44

  Photo and Report by/新貝  Written by/つぎちゃん

| | コメント (1)

2015年6月18日 (木)

2015年6月14日 あだると山の会 35周年記念山行⑤班

     「あだると山の会 35周年記念山行」⑤班

山行年月日・・・平成27年6月14日(日) 雨のち曇り

山行コース・・・・⑤班:九州オルレ(九重やまなみコース)
            九重夢大吊橋☞九重やまなみ牧場☞長者原
              12.2km 

 8時にキャンプ場をバスで出発し、九重夢大吊橋へ向かいます。九重夢
大吊橋は長さ390m、高さ173mの人道専用吊橋としては日本一の吊橋
です。今日は,ここの駐車場からスタートです。
Photo_4
                     (九州オルレ〈九重やまなみコース〉観光マップを利用)

 当初は「大崩の辻コース」の予定でしたが、天候不順のため、九州オルレ
(九重やまなみコース)に変更。健脚メンバーで少々物足りない感じ?
Photo_5

 の~~~びりとした時の流れを感じる九重の高原もまた楽しいものです。
Photo_6

 Wコースの①班との出会いも、また今回の記念山行の喜びかも!
Photo_7

 野草との出会いもありました。「イチヤクソウ」という可愛らしい花です。
Photo_9

 いよいよ長者原です。後半の観光マップを片手に、九州オルレ・九重やまなみ
コースはフィニッシュです。
Photo_10
                 (九州オルレ〈九重やまなみコース〉観光マップを利用)

 各コース揃ったところで、解散式の会場「九重やまなみ牧場」に集合です。
Photo_11

Photo_12 
                 Photo by F.K & T.K  Written by つぎちゃん

   「35周年記念行事の実行委員長、副実行委員長
        及び実行委員の皆さん、大変ご苦労様でした。
                      そして有難うございました。」

    5年後の40周年は2020年です。
         「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されます。
             《お・も・て・な・し》の心を忘れずに
                 お互いに元気で40周年も迎えましょうネ。
                                  by/つぎちゃん







 











| | コメント (0)

2015年6月14日 35周年記念山行②班

      あだると山の会「35周年記念山行」②班

山行年月日・・・平成27年6月14日(日) 雨のち曇り

山行コース・・・・②班:九州オルレ(九重やまなみコース) 
           九重夢大吊橋・・・九重やまなみ牧場・・・長者原
             Hコース 12.2km
             
山行参加者・・・16名(女性:11名 男性:5名)


 12.2kmコース出発点の九重夢大吊橋駐車場です。8時30分出発に備え、
準備中です。
Photo_24

 6km時点の木製橋を渡ります。雨もあがり、新緑が一層爽やかに感じます。
Photo_25

 スタート地点から8.5kmの「九重やまなみ牧場」に到着しました。11時半です。
ここで昼食とします。
Photo_26

 雑木林を抜けると気持ちの良い牧草地に出ます。途中、イチヤクソウや
シライトソウが可憐に咲いていました。
Photo_27

 9.5km時点の丸木橋を渡ると一気に目の前が明るく開けます。ミュージカル
「サウンド・オブ・ミュージック」の歌が流れ、主役マリアになったような~~~?
最高の気分で~~~す。Photo_28

  山道を抜けたら又一気に目の前が開け、長者原駐車場が見えて来ました。
11.2kmのビューポイントで全員集合し、写真撮影です。昨日のレクで楽しん
だ『ウルトラマンじゃんけん』の”ビーム・シュワッツ(?)”スタイルがお似合いです。
只今の時刻13時ジャストです。
Photo_29

 さあ、後1kmです。長者原駐車場に向けて歩きま~~~す。あだると山の会
の皆様は”ほんとにお元気! お元気!”です。
 13時25分終点長者原に無事到着です。

Photo_30

      Photo and Report by/Fusako I   Written by/つぎちゃん













| | コメント (0)

2015年6月14日 35周年記念山行①班

      あだると山の会「35周年記念山行」①班

山行年月日・・・平成27年6月14日(日) 雨のち曇り

山行コース・・・・①班:九州オルレ(九重やまなみコース) グレードW 
            長者原⇒九重やまなみ牧場 3.8km 

山行参加者・・・19名(女性:13名 男性:6名)


 雨が降っています。①班は9時にキャンプ場をバスで出発して、長者原から
九重やまなみ牧場を目指します。
Photo_14

 雨上がりの九重のやまなみが、豊かな自然を感じさせます。カッコウの鳴き声が
草原に響き渡ります。
Photo_15

 草原を抜け、新緑の雑木林に入ります。このコースのビューポイントとなって
いる白水川の滝の近くにも、オルレコースの韓国矢印がありましたヨ。
Photo_16

 雑木林を抜け、やまなみハイウェイ道路を横切ったところで、メンバー全員の
集合写真を!。
Photo_20

 牧草地をの~んびりした気分で行進です。全員余裕の笑顔です。丸太橋を
渡ると灌木林が続きます。そろそろ『九重夢大吊橋・・・九重やまなみ牧場・・・
長者原』コースと出会うのでは?

V

 見慣れた集団が前方に。『九重夢大吊橋』スタートのメンバーでした。
また別のグループとも会えそうな気がします。
Photo_22

 目的の「九重やまなみ牧場」が見えてきました。ゆっくりと温泉に入り、美味
しい食事をしようと思ったところに、また昨日、泉水キャンプ村で楽しいひと時を
過ごした別のメンバーともバッタリ。Photo_19

Photo_23
 楽しさ探して、今日も喜び満載です。
                             by/つぎちゃん

| | コメント (0)

あだると山の会「35周年記念行事」

       あだると山の会「35周年記念行事」

開催年月日2015年(平成27年)6月13日~14日
開催場所九重グリーンパーク泉水キャンプ村
参加人員78名

 1980年(昭和55年)7月15日 「あだると山の会」が発足しました。
 この年の7月は『モスクワオリンピック』が開催されましたが、残念な
 がら日本はアメリカ等と共にボイコットし、参加しませんでした。


  ・10月には山口百恵さんが引退コンサートを日本武道館で開催し、
   芸能界から去りました。

  ・日本の自動車生産台数が世界第一位となりました。

  ・松坂大輔選手など「松坂世代」と言われる野球選手が誕生し、その後
   高校野球・プロ野球選手として大活躍をします。


 『あだると山の会35周年記念行事』のスタートです。会員の半数以上がこの
祝宴に参加です。
 皆さん!「35年間の時の流れ」をゆっくりと堪能しましょう。 
 
 天神・日銀前を出発し、会場到着までの2時間余のバス旅を更に面白く盛り上
げるために、T氏を中心に実行委員のメンバーのアイディアによるゲームを楽しみ
ます。
 まずは『ビンゴゲーム』から。「サンズイ偏の漢字を16個」、次に「都道府県名」を。
普段、足腰を鍛えているメンバーも、頭の中のトレーニングは少々疎かになって
いたのでは?
Photo

 本日のメイン会場(コミュニティーセンター)に到着です。今宵は、ベテランも
新人メンバーも「日本人の心:絆」をきっかけに、素敵な場所になりそうです。
大いに期待して楽しみましょう。
Photo_3

 早速「調理班」は78名の夕食の準備に取り掛かります。一味違う夕食会に
なりそうです。
Photo_4

 他のメンバーは体育館で、ゲームを楽しみ、フォークダンスの練習です。
『信号じゃんけん』『人数集まれ』『ウルトラマンじゃんけん』そして『熊じゃんけん』
のゲームで、思いっきり遊び、思いっきり楽しみ、童心に戻ります。
 変なポーズに見えるかも知れませんが、本人は真剣勝負の世界に入っているの
です。
Photo_5

Photo_6

 美味しい夕食の香りが漂ってきました。調理班特選の「肉じゃが」「サラダ」等々、
メンバー全員で『いただきま~~~す。』・・・「おいしいネ」。食事を通して更に人の
輪が拡がります。
Photo_2


 天気が心配になってきました。「今日、明日だけでも晴れてくれよ」と願ったが
梅雨の真っただ中、無理、むり、ムリ。「キャンプファイヤー」は体育館に変更です。
雨の対策もバッチリ。さすがです。
 まずは各ブロック毎にメンバーが入場し、「山の神」様と「女神」様による『迎え火
の儀式』で第1部がスタートです。「山の神」様の絶妙なる御言葉が会場を沸かし
ます。
Photo_2

Photo_33


 第2部は「親睦のつどい」です。「あだると山の会」の芸能人が大活躍です。
期待は大きいようです。

 O氏が爪弾くギター🎸のメロディーでコーラス隊のハーモニーが会場に流れます。
Photo_4

 幼馴染のお二人が、学校の発表会を思い浮かべながらの合奏です。
「いいですネ!」
Photo_5

 《フォークダンスの 手をとれば 甘く匂うよ 黒髪を》の青春歌謡がありましたネ。
Photo_6

 サア~~~、「親睦のつどい」も終盤です。ここでハワイの自然を表現した
『フラダンス』のご披露です。
 リズムにのって、指先の先まで美しい手振りとゆったりと優雅に踊るリーダー
のKさん。そしてしっかりと練習の成果を披露し、艶やかさを競う女性メンバー。
更にフラ衣装で身も心も華やかになった男性メンバーも、何気ない身振り、手振り
でHawaiiの雰囲気を表現していたような・・・? 
 名演技、迷演技のメンバー全員に、しばし大きな拍手が鳴り止まず!
Photo_7
Photo_8

 第3部です。「送り火の儀式」が始まります。山の神様、女神様の再登場です。
日本各地の山で噴火活動が勃発しています。「山の神様・女神様、どうぞ安全
登山をお導き下さい」と。
Photo_10

 参加者全員の歌声が会場内に流れます。今宵限りの集いですが、楽しい
想い出は明日に繋がります。Photo_11

 会長の挨拶で、今宵の祝宴は中締めです。「あだると山の会」の発足から
現在までのメンバーの結束に感謝し、明日からの会の発展を熱く語る会長です。
Photo_12

 13日のスケジュールは無事終了しました。では78名全員登場していただき
ましょう。この写真は名カメラマンのH.K氏が撮影されましたものです。
また横断幕はY.H氏手書きのものです。あだると山の会は芸能人も多いけれど
芸術家も多いですネ。
Photo_32
  明日14日は各グループに分かれて、楽しい山行です。
        「あ~した天気にナ~~~レ

             『みなさん、おやすみなさいなさい。』

                                   by/つぎちゃん

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »