« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

2015年5月28日 隠居岳

   隠居岳(かくいだけ) 原生ヤマツツジの群生】

山行年月日・・・平成27年5月28日(木) 曇り
                       グレードA

山行参加者・・・15名(女性:12名 男性:3名)

山行コース・・・天神=長崎自動車道=金立SA=武雄JCT=西九州
                       自動車道=佐世保三河内IC=里美(サトヨシ)農村公園駐車場
           ・・・宇土越登山口・・・隠居岳・・・原生ツツジ園・・・ウォーカ
           ーズパーク展望所・・・大山口越・・・隠居岳・・・宇土越登山口
           ・・・里美農村公園駐車場=武雄温泉入浴=武雄北方IC=
           金立SA=天神

 『イノシシ注意』の看板のある「隠居岳登山口」から杉林や照葉樹林の登山道に
入ります。早速登山道には隠居岳のシンボルフラワー?《タツナミソウ》が出迎えて
くれました。花の出迎えは大歓迎だが、イノシシ君の出迎えは遠慮したいナ~~~。
Photo_7

Photo_2

 スタートして約一時間程で隠居岳に到着です。隠居岳山頂には丸テーブルと
ベンチが設置されて休憩場所として最高です。展望も良く、アザミの花が沢山!。
少し休憩してツツジ園へ向かいます。
Photo_5

 途中、杉林を一直線に伐採して、桜の苗木を植林したところが数箇所あり
ました。杉と桜のコラボを名所とする隠居岳の登山道を目指しているのでし
ょうか。伐採された杉林の先には九十九島がぼんやりと霞んで見えていました。
Photo_3

 ツツジ園に到着です。広大な山肌に咲き乱れる朱色のヤマツツジの群生に
全員が「ワ~~~!」。背丈以上に伸びたツツジの園は、まるで迷路のよう。
しばらく散策して昼食です。
Photo_10

Photo_3

Photo_4

 ヤマツツジの強烈な朱色に魅せられたメンバーは、次の偶然の出逢いを
求めて下山します。
 登山道には、ブログに投稿している『タツナミソウ』や『ナルコユリ』等の他、
《ニガナ・カノコソウ・スイカズラ・カンアオイ・ツボスミレ・コマユミ・ウノハナ》等、
春の可愛らしい花々も確認できました。
Photo_8

 「里美農村公園」に元気に戻ってきました。水が張られた田圃と新緑の里山と
メンバーの隊列が春ののどかな風景を感じさせてくれました。
 今回の楽しい隠居岳山行が、メンバーの想い出のアルバムにまた追加された
のではないでしょうか。
Photo_6
                                 by/つぎちゃん



 

 




| | コメント (0)

2015年5月26日 (火)

2015年5月24日 由布岳縦走

Photo_4

山行年月日~~~平成27年5月24日(日) 曇りのち晴れ
                                 グレードA☆
山行参加者~~~28名
              (由布岳をこよなく愛する女性:18名)
              (由布岳を最高に楽しむ男性:10名)

今回のコース~~天神=山田SA=湯布院IC道の駅=東登山口・・・
             日向越・・・東峰・・・またえ・・・合野越・・・西登山口
             =中川温泉(湯布院町)蛙乃湯=山田SA=天神

 今回は28名の大集団。春の由布岳を謳歌するにも安全第一!
3グループに分れ、全体をCL及びSLでサポート、各グループのPLとSAが
各メンバーをサポートする体制です。
 サア~今日も嬉しい出逢いを求めて出発です。新緑のナント美しいこと。
Photo_5

 日向越でまず全員集合で、これから予想される難所対策の臨時ロープワーク
講座開設です。お互いに安全確認をして険しい急登に挑戦です。
Photo_8

Photo_7

Photo_9

 数多い、急峻な難所をクリアして東峰山頂に立つ気分は、やはり笑顔とVサインが
似合います。今回の山行のCLとCグループのメンバーです。Photo
Photo_2
 山頂での楽しい昼食も虫たちの大歓迎にあいました。人気の由布岳は人間
だけではなく、虫たちにも魅力的な山なんでしょうか。

 復路は、「マタエ」経由で西登山口コースを辿ります。Photo_14
 由布院盆地を眺めながら、ジグザグ登山道を下ります。

Photo_11
 灌木林を更にジグザグ歩行。木漏れ日は野鳥のさえずりと共に、春の山行の
魅力かも!

Photo
 合野越を過ぎ、西登山口コースに入った所でBグループのメンバーとバッタリ。
由布岳をバックにブログ用の写真撮影です。由布岳にピントを合わしたので人物が
ヤヤ不鮮明。「ごめんなさいネ」
 Aグループは何処に?

 緑一色の草大地は快適な登山コース。振り返れば名峰・由布岳が「またおいで」
と!?
Photo_5

Photo_7

 全員西登山口到着です。今日の♨は二匹の蛙が待ち構える「湯布院町・中川
温泉・蛙乃湯」で、ゆっくりと心と体をほぐしましょう。今回は何と親しい友人、グル
ープで楽しめる「家族風呂」です。
 3~4人に分れて貸切のお風呂で新鮮な温泉を満喫できます。しかし浴槽に
温泉が溜まるまでは「足湯」状態でした。
Photo_8

 『サア~~帰りましょうか。』
  《万全な安全登山体制でリードしてくれたCLさん及びSLさんに感謝!
    各グループのメンバーを見守ってくれたPLさん及びSAさんに感謝!》
 感謝、感謝の気持ちを乗せて、サテ天神に到着しました。でもここ天神は恒例の
天神山への登山口でもあります。

 今回は、木漏れ日を浴び、秀峰・由布岳の下で育った野草たちの写真で閉めたい
と思います。遂にAグループの集合写真を撮る機会を逃してしまいました。
9名の方々へ”I’m Sorry.”
Photo_10
                                by/つぎちゃん


     


| | コメント (0)

2015年5月25日 (月)

2015.5.18~21 比良山系/権現山~蓬莱山・武奈が岳

参加者:10名(64)
 18日天神15:30=新門司フェリーターミナル18:40=
雨の高速道路を2台の車で出発。雨はいつ止むのかなあ!
阪九フェリーやまとはとても大きな船で出港したのもわからないほど揺れない。
乗船したらまずお風呂へ直行。明日の行程も考えて早めに
 19日神戸六甲アイランド7:30=名神高速道=栗原登山口9:40…権現山
…蓬莱山…権現山…栗原登山口=民宿舞子屋
船を下りても雨は降っているので、リーダーの判断で行程を入れ替える。
Oさんが風邪気味で調子が悪いとのことで、山科駅で降りて京都見物をされるとのこと。
民宿で会いましょうと別れる。
栗原登山口から権現山を目指すが、最近林道を作ってブルドーザーの入った道を
ぬかるみながら苦労して登る。せめて登山道残してくれたらいいのに。
20150515_201551_007
谷ウツギが咲き乱れていました。
20150515_201551_011
この花はなあに?
ずみと思いましたが葉っぱが違うかも。
誰か教えて。

P1030760
ぬかるみのブルドーザー道が終わったら急登。それでもなんとか権現山にたどり
着きました。雨も上がってやれやれですが、山頂は虫、虫、虫
無視しながら昼食をとるが、カップの味噌汁の中に身投げしてくる奴もいて…

蒸し暑さと虫攻撃ダブルパンチ。

P1030765
権現山を過ぎたら軽いアップダウンの気持ち良い縦走路となりました。
晴れていたら琵琶湖を見ながら気持ちがよいだろうな
小女郎峠の手前のピークにお地蔵さまが?
小女郎池というのも近くにあるそうで何か伝説がありそうです。
P1030772
蓬莱山の山頂にある彼岸の鐘。
蓬莱山って極楽のこと?
鐘の向こう側へまわって彼岸へ。
P1030775
あの世に別れを告げて、もと来た道を引き返します。
最初の道の下りが嫌だなあと言いながら、急坂を下り、ぬかるみ道も
朝より乾いていて、誰も滑る人もなく無事に降りてきました。
P1030781
登山口の水場でどろどろの靴とストックを洗いました。

民宿の前は池。琵琶湖かと思いましたが釣り用の池だそうです。
民宿のご主人が近くの温泉施設へ運んでくれ、車の中から明日登る
比良山系がきれいに見えました。
夕食は近江牛のすきやき。

5/20  宿6:00=イン谷口6:30…大山口6:40…金糞峠…武奈ヶ岳10:10…北比良峠
  大山口1:50…神戸六甲アイランド16:00

 Oさんは相変わらず体調悪く登山はあきらめて夕方のフェリーで落ち合う
ことにして武奈ヶ岳の登山口へ向かう。
比良山系の最高峰。がれ場もあるとのことで緊張しながら登山開始6:30
P1030784
水の豊かな沢沿いの道を行く。

P1030787
歩き始めて1時間ほどでうわさに聞いていた青ガレ。
思っていたよりはずっと楽に登れた。

P1030794
金糞峠、変わった地名ですね。

20150516_201551520_025
橋を渡ってちょっと道を探しました。
P1030813
武奈ヶ岳→ブナの木が多い。
P1030805
山頂直前、満天星つつじのトンネル。

20150516_201551520_038
比良山系縦走路です。
昨日登った山も比良山系の山です。
20150516_201551520_045_1024x768
武奈ヶ岳山頂!10:10
やや霞んでいるけど琵琶湖一望。改めて琵琶湖の大きさに目を見張る。
日本の水がめですね。大切にしなければ。
20150516_201551520_052

下って行ったら素晴らしい山つつじの大木でした。
武奈ヶ岳は琵琶湖の水を作る大切な水がめです。
P1030811
北比良峠で琵琶湖を眺めながらほっと一息。
水の豊富な自然豊かな山でした。

フェリー乗り場でOさんと落ち合い、帰りの船の中、山の余韻を愉しみながら
船の振動とともに
P1030821

関西に詳しいYさんの案内ならではの素晴らしい山行でした。
         photo by/kokabe,tsuzuki

























 

| | コメント (0)

2015年5月22日 (金)

2015.5.17 清掃登山

 天気
年に2回の恒例清掃登山、今年は四王寺山を3つのグループに分けて登りました。
私はAⅠグループ、太宰府駅に9時集合です。
P1030721
駅近くの公園で準備のラジオ体操。音楽がないとややちぐはぐ。今日のCLとSLです。
P1030724
街中の道も真面目にゴミを拾っていきます。
P1030726
うん?Sさんのストックは?なんとタケノコ
P1030728
昔の町道で、昔は隣部落からこの道を行き来していたそうですが、今は通る人は少ない
と思われます。昔のごみなのかゴミはかなり多い。
P1030733
焼き米が原で各会集まって集会。我が会の会長挨拶。
P1030735
集められたゴミです。
P1030734
アザミの群生。
P1030739
政庁跡、最近はどんどん整備されています。
桜の木の下に集まって持ち寄り宴会をしました。
       by:tsuzuki























| | コメント (0)

2015年5月19日 (火)

2015年5月8日(金)~11日(月)四国西赤石山~東赤石山縦走

2015年5月8日(金)~11日(月)四国西赤石山・東赤石山縦走

アケボノツツジを求めて四国へ。夜10時小倉を出港。朝5時松山港到着。途中コンビニで朝食などを調達。銅山の里自然の家がある東平(とうなる)の駐車場に向かう。新居浜ICからは30分程とあるが、鹿森ダムを過ぎてからは曲がりくねった狭い道が続く。

821dscn6730

8.21港から2時間程で到着。しかし生憎の雨模様。雨具を着ながらのストレッチとなる。

934dscn6740

9.34小雨ながらも雨具を着けての歩行は暑い。しかし新緑の美しさは太陽の日差しの中とは違う美しさを醸し出していた。

1108dscn6748

11.08西赤石山が近づくにつれ山腹がピンクに染まっているのが見えてきた。しかし今年は裏年とかでいつもの程ではないそうだ。

1108dscn6750

11.08雨は上がっているものの、雲がかかったり流れたり。こういう景色も幻想的だ。

1110dscn6753

11.10木によっては満開のものもある。しかし良さが伝わらない。天気のせい?カメラのせい?腕のせい?

1133dscn6757

11.33登山口から3時間程で西赤石山の山頂に到着。今日は天気が余り良くないので登山客も少ない。

1248dscn6774

12.48アケボノツツジの花は下を向いて咲いているので、淡いピンクの色合いや花びらの可憐さが良く伝わってくる。

1252dscn6776

12.52赤石山荘に向かう途中には岩場がある。その合間のしばしの笑顔。

1311dscn6781

13.11晴れていれば何でもない岩場も雨の中、慎重に歩く。

1838dscn6795

14時赤石山荘に到着。小雨の中の歩行ではあったが、やはりザックや靴などがかなり濡れていた。しばらく歓談、夕食の後寝床の準備。この写真何か変だとは思いませんか。そうなんです。掛けてある掛布団が1枚なのです。長さが10mはありそうです。畳んではありません。ぐるぐる巻いてありました。敷き布団?マットもそうなんです。しばらく全員大笑いでした。

611dscn6797

6.11翌日は上天気。昨日の寝心地はどうでしたか?

701dscn6803

7.01 1時間程で東赤石山に到着。この笑顔、ぐっすり眠れたようですね。

710dscn6806

7.10ここから八巻山に向かいます。天気が良いので展望が素晴らしい。

734dscn6810

7.34八巻山は岩山です。しかし昨日と違って濡れていないので順調に進んで行きますが、この後、更に厳しい岩場が待っていました。

744dscn6813_3

7.44無事岩場も通過し八巻山の山頂へ。女性陣も頑張りました。

1004dscn6848

10.04八巻山から赤石山荘に下山後、西赤石山に向かいます。今日は天気も良いので沢山の登山客が登って来ていました。

1103dscn6863

11.03ミツバツツジもきれいな花を付けていました。

1228dscn6874

12.28別子銅山上部鉄道のトンネル跡です。かなり高い所まで鉄道が引かれていたようです。社宅跡もありました。

1325dscn685

13.25駐車場のすぐ上にある煉瓦作りの第3変電所跡です。13.30全員無事下山しました。花の時期に当たるかどうかは本当に難しいが、皆さんと一緒に歩く山行はやはり楽しいものです。この後、道後温泉へ。ここはやはり浴衣を着た観光客が多い。22時の出港にはたっぷり時間があるのでゆっくり食事をし、坊ちゃん電車やからくり人形などの観光も楽しんだ。 by.Akira.I

| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

2015年5月9日 犬ケ岳~経読岳 

5月9日 犬ケ岳~経ヶ岳  グレードB

                    シャクナゲ鑑賞

◎参加者:14名(男8人 女6人)

◎コース
 天神=日田IC=9:15犬ケ岳登山口9:40・・・11:00笈吊峠11:05・・・11:50犬ケ岳12:20・・・・13:20笈吊峠13:25・・・14:50経読岳15:00・・15:25黒仁田峠
  ・・・・16:50犬ケ岳登山口・・・山国(入浴)=日田IC=20:20天神
◎行ったところ
  犬ケ岳・経読岳(英彦山の東北東約20km、福岡・大分県境)

Img_4289


◎ログデータ
歩行距離13.2km 行動時間 7時間15分
3

天神に7時集合。マイカー3台で出発しました。
犬ケ岳には福岡県豊前市側から入山するのがポピュラーコースですが、今回は
大分県日田経由の耶馬溪側から入山しました。
これは今日のCLのTさんの渋い選択でした。

Dscf0071    
登山道の標識がありました。はじめは林道を登っていきます。

Dscf0080

登山口の標高は500m、標高950mの 笈吊峠(おいずる峠)まで 長い林道
を歩いていきました。

Dscf0084

途中、不思議な文字・数字が刻まれた大きな岩がありました。
これって何でしょう?

Img_3552

笈吊峠につきました。シャクナゲの満開状態を期待していたのですが、
近くに見当たりません。おかしいなあ

Img_3553

 あたりを見回すと、ポツリポツリと咲いています。
どうも今年は裏年みたいです。
昨年は見事なシャクナゲの競演だったそうですが、今回はシャクナゲを
探しながら歩くことになりました。
Img_3555

数は少ないけど可憐な姿のシャクナゲとあちこちで会えました。

Dscf0098


 
Dscf0108

犬ケ岳山頂です。山頂には展望台を兼ねた避難小屋がありました。

Dsc_0668

まずはここで集合写真。
ここで昼食をとったのち経読岳に向かいました。

Dscf0115

犬ケ岳からの下りは傾斜が厳しく、雨で足元も滑りやすくやっかいでした。
慎重に行きましょうね。

Dscf0116


Dscf0119

あちこちで出会うシャクナゲの花につい足を止めてシャッターを切ってしまいます。

Img_3561
雨はあがったけど濃い霧が縦走路を覆い、幻想的な雰囲気を醸し出し
ています。こんな山歩きもなかなかいいね。

Img_4258

霧のせいでしょうか・・・、なんとなく・・・

 
Img_4261

ちょっと演技がはいっちゃたかなあ。

Dscf0125

経読岳の近くに来たところで大きな岩山に出くわしました。


Dscf0123_3

ほんと、大きな岩ですねえ。
ここを登るの?と思ったけど、ここは巻いて、もう少し先が経読岳でした。

Img_4268

経読岳につきました。
可憐なシャクナゲの花々に出合い、霧の縦走路を歩き、岩道を踏んで
本日最後のピークに達しました。みなさん満足げですね。

Img_4284

あとはのんびり下るだけ、と思ったのは大間違いでした。
CLのTさんが選択した下山道は玄人好みの渋い道でした。

Img_4286

標識なんかはありません。雨で道は荒れ放題。
地図とリボンとGPSを頼りに下っていきました。

Img_4287

格闘すること約90分。やっと下山口に到着しました。

Dscf0134

みなさん、お疲れでした。帰りは山国のなかま温泉で汗を流しました。
なかなか良い湯でしたね。

本日のCLのTさん、ありがとうございました。
次もまたTさんならではの一ひねりある渋い山行計画をお願いしますね。
photo by いでちゃん・まっちゃん  written by まっちゃん
 
 
 

| | コメント (0)

2015年5月 6日 (水)

2015年5月5日 雷山~井原山

5月5日 こどもの日

雷山~井原山周回トレーニング

◎タイムデータ 
  筑前前原駅8時集合 =(タクシー)=雷山登山口8:30・・・中腹自然道・・・9:30洗谷登山道分岐・・・9:50キトク橋・・・10:30アンの滝・・・12:10井原山山頂12:40・・・13:07洗谷分岐
・・・・14:15雷山山頂・・・14:50雷山神社上宮・・・15:30清賀の滝・・・16:00雷山登山口
◎歩行距離15.4km 、行動時間7月30分の山歩きでした。
Photo




参加者:16名(男性9名、女性7名)
筑前前原駅に午前8時に集合。そこからタクシーで雷山登山口まで移動しました。
今回は、ここから雷山井原山中腹自然歩道を使って井原山登山口まで歩き、そこから
井原山~雷山を縦走しようというものです。
大型連休の終盤のこの日、天気は五月晴れ、縦走路はミツバツツジの爛漫が期待できます。
 
Img_4157

中腹自然歩道をゆっくりと歩いていきます。
今日は長丁場。日射も強いのでペース配分に気を付けて進みました。
Img_4160

古場分岐付近の縦走路にとりつく登山道の分岐に来ました。写真正面の尾根道がそれです。今日はここを使わず、井原山登山口に向かいます。
 
Img_4163
中腹自然歩道はアップダウンも少なく比較的歩きやすい状態でしたが、一か所だけ
かなり急な傾斜を持った木の階段がありました。雨の日などは滑りやすそうなで
注意が必要です。

Img_4164

井原山登山口近くの集落につきました。
Img_4167_2

今日5月5日はこどもの日。大きな鯉のぼりが泳いでいました。


Img_4171

キトク橋近くの林道にはたくさんの自家用車が停めてありました。
今日は山日和。みなさんミツバツツジの満開風景を期待されているのでしょう。
さぞ井原山山頂は人で賑わっているでしょうね。

Img_4180

何度か沢を渡渉しました。
水がとてもきれいです。

Img_4181

沢の音と野鳥のさえずり。新緑の林の中。
なんて気持ちの良い時でしょう。
Img_4189

山頂に近づくにつれて白っぽい岩石が目立ってきました。
石灰岩のようです。
雨で浸食されてさまざまな形となった岩石が転がっていました。

Img_4193

井原山山頂に到着。
予想通りあちこちでミツバツツジが咲きほころんでいます。
はるか向こうに脊振山が見えます。今日はほんとにいい天気です。


Img_4194

快晴の空を背景に記念写真。


Img_4200

さあ、それでは雷山に向かいましょう。
ここからの縦走路が今日のハイライトです。
Img_4204


美しい自然に囲まれて、思わず顔もほころびます。


Img_4207

ピンクのトンネルと化した縦走路。素敵でした。
Img_4209

咲き誇るミツバツツジの姿に、たびたび足を止めて見入ってしまいました。
Img_4214


雷山山頂に到着。お花の縦走路もここでおしまい。
Img_4216

本日の参加者16名です。
みんな気持ちの良い5月の縦走に満足げな表情をしてますね。

Img_4219

さて、ここから急な下りになります。疲れも出てくる頃です。
十分注意していきましょうね。

Img_4222

新緑がほんときれいです。

Img_4223

「ほら、たらの芽だよ」
本日のCLのKさんが教えてくれました。
「まだちょっと小さいけどね。天ぷらにすると美味しいよ。」
Img_4226

15時30分、清賀の滝に到着しました。
予定よりちょっと早くつきました。
5月の風の中、充実した山歩きができました。
本日のCLに感謝。
急きょSLに指名されたKさん、ありがとうございました。
いいペースで快適に歩けました。
こどもの日に大人もこどもに戻って山遊びをしたような一日でした。
                 By まっちゃん
 

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »