« 2015.5.17 清掃登山 | トップページ | 2015年5月24日 由布岳縦走 »

2015年5月25日 (月)

2015.5.18~21 比良山系/権現山~蓬莱山・武奈が岳

参加者:10名(64)
 18日天神15:30=新門司フェリーターミナル18:40=
雨の高速道路を2台の車で出発。雨はいつ止むのかなあ!
阪九フェリーやまとはとても大きな船で出港したのもわからないほど揺れない。
乗船したらまずお風呂へ直行。明日の行程も考えて早めに
 19日神戸六甲アイランド7:30=名神高速道=栗原登山口9:40…権現山
…蓬莱山…権現山…栗原登山口=民宿舞子屋
船を下りても雨は降っているので、リーダーの判断で行程を入れ替える。
Oさんが風邪気味で調子が悪いとのことで、山科駅で降りて京都見物をされるとのこと。
民宿で会いましょうと別れる。
栗原登山口から権現山を目指すが、最近林道を作ってブルドーザーの入った道を
ぬかるみながら苦労して登る。せめて登山道残してくれたらいいのに。
20150515_201551_007
谷ウツギが咲き乱れていました。
20150515_201551_011
この花はなあに?
ずみと思いましたが葉っぱが違うかも。
誰か教えて。

P1030760
ぬかるみのブルドーザー道が終わったら急登。それでもなんとか権現山にたどり
着きました。雨も上がってやれやれですが、山頂は虫、虫、虫
無視しながら昼食をとるが、カップの味噌汁の中に身投げしてくる奴もいて…

蒸し暑さと虫攻撃ダブルパンチ。

P1030765
権現山を過ぎたら軽いアップダウンの気持ち良い縦走路となりました。
晴れていたら琵琶湖を見ながら気持ちがよいだろうな
小女郎峠の手前のピークにお地蔵さまが?
小女郎池というのも近くにあるそうで何か伝説がありそうです。
P1030772
蓬莱山の山頂にある彼岸の鐘。
蓬莱山って極楽のこと?
鐘の向こう側へまわって彼岸へ。
P1030775
あの世に別れを告げて、もと来た道を引き返します。
最初の道の下りが嫌だなあと言いながら、急坂を下り、ぬかるみ道も
朝より乾いていて、誰も滑る人もなく無事に降りてきました。
P1030781
登山口の水場でどろどろの靴とストックを洗いました。

民宿の前は池。琵琶湖かと思いましたが釣り用の池だそうです。
民宿のご主人が近くの温泉施設へ運んでくれ、車の中から明日登る
比良山系がきれいに見えました。
夕食は近江牛のすきやき。

5/20  宿6:00=イン谷口6:30…大山口6:40…金糞峠…武奈ヶ岳10:10…北比良峠
  大山口1:50…神戸六甲アイランド16:00

 Oさんは相変わらず体調悪く登山はあきらめて夕方のフェリーで落ち合う
ことにして武奈ヶ岳の登山口へ向かう。
比良山系の最高峰。がれ場もあるとのことで緊張しながら登山開始6:30
P1030784
水の豊かな沢沿いの道を行く。

P1030787
歩き始めて1時間ほどでうわさに聞いていた青ガレ。
思っていたよりはずっと楽に登れた。

P1030794
金糞峠、変わった地名ですね。

20150516_201551520_025
橋を渡ってちょっと道を探しました。
P1030813
武奈ヶ岳→ブナの木が多い。
P1030805
山頂直前、満天星つつじのトンネル。

20150516_201551520_038
比良山系縦走路です。
昨日登った山も比良山系の山です。
20150516_201551520_045_1024x768
武奈ヶ岳山頂!10:10
やや霞んでいるけど琵琶湖一望。改めて琵琶湖の大きさに目を見張る。
日本の水がめですね。大切にしなければ。
20150516_201551520_052

下って行ったら素晴らしい山つつじの大木でした。
武奈ヶ岳は琵琶湖の水を作る大切な水がめです。
P1030811
北比良峠で琵琶湖を眺めながらほっと一息。
水の豊富な自然豊かな山でした。

フェリー乗り場でOさんと落ち合い、帰りの船の中、山の余韻を愉しみながら
船の振動とともに
P1030821

関西に詳しいYさんの案内ならではの素晴らしい山行でした。
         photo by/kokabe,tsuzuki

























 

|

« 2015.5.17 清掃登山 | トップページ | 2015年5月24日 由布岳縦走 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015.5.17 清掃登山 | トップページ | 2015年5月24日 由布岳縦走 »