« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

2015年4月26日 猟師岩山~金山

               猟 師 岩 山 ~ 金 山
           
 (春の縦走尾根を楽しむ)

山行年月日・・・平成27年4月26日(日) 晴れ
              グレードA☆

縦走を楽しんだメンバー・・・15名(女性:10名 男性:5名)

コース・・・西鉄バス早良営業所=(タクシー)椎原登山口・・・
        (椎原峠コース)・・・メタセコイア林・・・椎葉峠・・・鬼ヶ鼻岩・・・
        猟師岩山・・・小爪峠・・・金山⇔(番所跡で昼食)・・・アゴ坂峠
        ・・・アゴ坂峠分岐・・・林道終点=(タクシー)西鉄バス早良営業所
        (解散?)=(天神・博多駅行バスにほぼ全員が乗車。
        さてどこで下車するのでしょう?)

 今回の集合場所は、西鉄バス早良営業所です。私は天神三越警固神社前バス停
から乗車します。
 その前に天神の中心部にある「警固神社」で安全登山の祈願を。神様には少々
早目のお目覚めをしていただきました。
 26日の新聞によりますと、警固神社境内に設置されていた「キツネの石像」4体が
破壊されていたそうです。全国の社寺でも悪戯な行為が報道されているようで、
残念なことです。
 Photo_2

 「西鉄バス早良営業所」からタクシーで「椎原登山口」へ。CLからの周知事項、
そして準備体操をして出発です。雲一つない春空だ。春の一日、何が待ってくれて
いるのだろうか。
 Photo_3

 新緑が眩しい。メタセコイア林はまるで若葉のシャワー室。登山道を飾る「筆リンド
ウ」等、野花達も、また実に可愛らしい。この時季だけの優しい風景か。
 Photo_4

 Photo_5

 「椎原峠コース」をたどり、まずは「鬼ヶ鼻岩」へ。「鬼ヶ鼻岩」は玄界灘等雄大な風
景が楽しめる絶景のスポットだ。サァ~~~次は「猟師岩山」を目指そう。木漏れ日
の登山道は春の最高の光景かも。
 Photo_6

 「猟師岩山」山頂で、体力を蓄えて金山へ。アップダウンは更に続きます。しかし
稜線に立つと、谷から吹き上げてくる爽やかな風が最高のプレゼントです。
 小爪峠を過ぎ、更に、更に前進。そろそろ金山山頂が見えてきたかナ。ここで「ミツ
バツツジ」が我々を迎えてくれました。しばし「ミツバツツジ観賞タイム」です。
 Photo_7

 金山山頂までもう一頑張り。そしてきつかった縦走も山頂に到着すれば歓び、
喜び、悦びに切り替わってしまいました。では山頂から少し離れた番屋跡でランチ
タイムにしましょう。腰を下ろした足元にも、また春の出会いがありました。
 Photo

 下山路はアゴ坂峠、アゴ坂峠分岐経由で林道終点までの行程です。急坂を下り、
渓流沿いを進み、更に渡渉を何度も、何度も繰り返しながら林道終点を目指します。
可愛らしい花々以外にも、木々の新芽がまた春色を感じさせてくれます。
 SLのT氏の適切なリードで途中の難ルートも乗り越え、林道終点に到着で~す。
Photo_2

 「お疲れさま~~~」。タクシー待ち時間を利用して、疲れ切った体をソ~~~と
優しくクールダウン! 背伸びして見上げる先に、偶然見つけた白色の花は?
当然、花に精通したTさんに聞きました。「イヌザクラ!」。桜の名がついているが
イメージがチョット違うが、一期一会の山の楽しみの一つかも。カメラに収めてきま
した。
 Photo_3

 タクシーが来たようです。西鉄バス早良営業所へ向かい、解散です。楽しかった「春
の縦走」も終点です。「天神・博多駅」行きバスの中でも会話が弾みます。さて会話の
続きはどこになるのでしょうネ?
 本日の最後を飾るのは、ゴールデンウイーク中に福岡市を華やかにする「花自動
車」です。どんたくで賑わう福岡市の華の一つでしょう!
 Photo_5
                                by/つぎちゃん



                           



 





 














 

 



 

| | コメント (0)

2015年4月28日 (火)

2015年4月25日~26日(日)大崩山(湧塚~坊主尾根コース)

参加者9名(男性4名・女性5名)   天気晴れ   グレードB

爽やかな晴天の中、7:30天神を出発です。日田ICから小国、竹田を
経由して祝子川大崩登山口を目指します。25日大崩山小屋に1泊し、
26日に湧塚コースを登り坊主尾根を下る予定です。岩尾根を楽しむ
ルートです。アケボノツツジは咲いているかしら?

一日目(25日・土)天神=大崩山登山口・・・無人山小屋(小屋泊り)
P1090262_2
11:40祝子川側の美人の湯に到着です。10人乗りレンタカーでやって
来ました。乗り心地良かったです。運転ありがとうございます。
ここで昼食です。チョット暑いくらいの日差しです。

P1090267_3
12:35ストレッチ後出発です。登山口って期待と不安の入り口?

P1090269
20分も歩くと早速ハシゴです。(@Д@;荷が重いので慎重です。

P1090277
13:15大崩山小屋に到着で~す。一晩宜しくお願いしま~す

P1090282
小屋掃除と荷物整理を済ませ、河原に出ました。10畳岩でコーヒー
タイム贅沢なひと時ですね~。皆さんそれぞれくつろいでいます。

P1090289_2
コーヒータイム後、湧塚分岐まで下見に行きます。小屋から25分位で
しょうか。左下がスパット切れたヒヤヒヤ箇所通過中です。最近入会
されたI.さんとK.さんのお二人は大崩山初めてだそうです。素晴らしい
晴天に恵まれて良かったですね~。赤いテープは頭上注意で~す。

P1090294
湧塚渡渉点下見の後、15:40頃小屋に戻って来ました。打ち合わ
せの後ロープワークレッスンです。皆さん真剣に学びます。

P1090302
学んだ後は夕食です。それぞれ持参食事を並べて、おすそ分けも
頂いて、ご馳走さまです。この後18:00頃から早々就寝モードです

二日目(26日・日)湧塚コース・・・大崩山頂上・・・坊主尾根下山
P1090306
おはようございま~す。4:30起床、朝食を済ませ、5:30頃には
小屋前に集まり、それぞれストレッチを済ませ、5:45出発しました。

P1090313
湧塚コース祝子川渡渉地点です。以前は橋が一部架かっていたの
ですが、その橋が流され今は岩を乗っ越して渡ります。ヨイッショ

P1090317
爽やかな空気の中支流を横切ります。苔むした深い原生林の山です。

P1090328
7:35袖ダキ(ダキは岩壁の意味)直下着。小屋から1時間50分です。
ヨイッショ!よいっしょ!と攀じ上ったら別世界が開けま~す(・∀・)イイ!

P1090330_3
7:40袖ダキ展望台着。厳しいひと登りの後、目の前がパット開けます。
真っ青な空に映える下湧塚をバックに嬉しい笑顔です
う~んこの青空たまりません・・・。

P1090332
そしてアケボノツツジにご挨拶です。今年も美しく咲いていますね。

P1090336
さあ下湧塚への長~い登りハシゴです。一歩一歩慎重です

P1090337
8:45下湧塚上です。あだると会の強者4人衆です。”さあ岩でも
ハシゴでも何でもかかっていらっしゃ~い

P1090344
中湧塚を経由して上湧塚へと歩を進めます。ハシゴあり、ロープあり、
アルミ道あり・・・忙しいです。

P1090347_3
9:50上湧塚直下に着きました~。小休止の後上湧塚に登ります。

P1090349
10:00上湧塚上です。鹿納山も見えます。NさんとKちゃんの間の奥
に見ゆるは七日廻り岩です。そしてメンバーも身体の動きがダンダン
優雅になって来ましたよ~。この柔らかさをご覧ください

P1090353
上湧塚上の反対側展望台です。うわァ~おゥ~絶景かな 奥から
桑原山、木山内岳、小積ダキ、中湧塚と美しく見えます。リーダーT.
さんとK.さんの仲良しこよしで…う~ん?チョット震えていますか~?
だって断崖絶壁の上ですもの・・・。

P1090363_3
スリル満点の上湧塚を後にして、11:10大崩山頂上(1644m)に
着きました。頂上のアケボノツツジはまだ蕾でした。石塚に戻って
小休憩しました。日差しが強く…甘夏が美味しかった~ありがとう。

P1090364
11:55小積尾根(坊主尾根)分岐です。いよいよ下山です。

P1090366_3
12:22坊主尾根下山中、対岸の湧塚岩峰をうっとり眺めつつ・・・。

P1090370
アケボノツツジが多いです。この柔らかいピンク色が素敵

P1090375
小積ダキの上に出ました。マタマタ凄い眺望・・・。ところが、私の全く
認知しない所で写真が急にセピア色に変ったのです。私がon・off
を再々繰り返すのでカメラが怒ったのかしら??ごめんなさい。

P1090381
象岩通過中です。ワイヤーロープを頼りに渡ります。

P1090382
ハシゴ~ロープ~ハシゴ~ロープ・・・を繰り返し、ひたすら下ります。

P1090388_2
繰り返しても繰り返しても現れるハシゴ・ロープです。
カメラを元に戻したいのですが、サッサ歩かないといけないので
カメラをさわって見る時間がとれません う~ん諦めました

坊主尾根締めくくりの渡渉地点を無事通過し、山小屋でデポした
荷物を詰め、15時45分無事登山口に下山した次第です。朝小屋を
出発してからちょうど10時間です。素晴らしい眺望と美しい
アケボノツツジに恵まれた山行でした。リーダー・サブリーダー・
参加の皆様のご協力で心に残る素敵な山行となりました。
さんくす♪(o ̄∇ ̄)/又宜しくお願い致しま~す。(* ̄ー ̄*)
                ( by / Fusako  I.  )

| | コメント (0)

2015年4月27日 (月)

2015年4月15日(水)井原山(洗谷)

2015年4月15日(水) 天気:雨~曇り~青空

参加者:12名(男性8名・女性4名)

850_2

8:50天気予報は非常に微妙であったが、川の水量が余り増えていなかった
ので予定通り出発。雨もぱらつく中、登山口に向かうメンバー。

919

9:19この洗谷コースは渡渉を何度も繰り返し、最後は瑞梅寺川を詰める
という夏には最適のコースです。数えてもらったら33回もあったそうだ。

959

9:59ここもかなりの水が流れています。1人づつ登って行くので時間も
かかります。

1009

10:09ここはロープを登っての急騰です。まだこの時期、暑さは感じませんが、
沢の音で涼しさを感じます。

1017

10:17登り上がってしばしの休憩です。岩場歩きが多いので踏み跡が分かり
にくい所があります。初めての人は経験者との同行が良いでしょう。

1035

10:35大滝に出ました。以前はもっと落差があったそうですが、滝壺が
土砂で埋まり低くなったそうです。メンバーはこの横の急騰をロープや
木をつかみ登って行きます。

1043

10:43更に登りは続きます。ここまで来ると沢も小さくなります。しかしコケの
岩場なので慎重に歩きます。

1104

11:04最後の急騰です。縦走路は目の前です。最後の頑張り。

1120

11:20縦走路に出ました。出発してここまで2時間半。皆さん、ほっと一息、
いやいや大満足?

1144

11:44何度も渡渉を繰り返したのに、誰も滑って転ぶこともなく登り切りま
した。さすがのメンバーの笑顔です。何故か後は青空です。

1336

13:36アンの滝で一休みです。いつもより水量が多く見応えがありました。
リラックスし過ぎでは?

1418

14:18下山後のストレッチです。。新人Aさんの堂々たる指導振りでした。

                                      by.Akira.I



























| | コメント (0)

2015年4月19日 (日)

飯盛山~叶岳

2015.4.17(金)晴れ
      参加者  8名(男性3名女性5名)

 地下鉄七隈線橋本駅に集合。タクシーに分乗して飯盛神社中宮まで行く。
P10305503

タクシーでかなり登って山頂までの半分くらい来てしまったかな?
広場でストレッチ後、さあ、出発というところで会員歴の古いTさん、Cさんのお知り合いに出会う。ピナクル山の会の会長を長くされていた平さん。
この山はホームグラウンドでいつも来ているとのこと。
蘭の山で今は春蘭が咲いているから見ていきなさいとのこと。
でも私たちでは見つけきらないからとのことで案内してくださることになった。
P10305531
中宮にお参りして。
P10305642
飯盛山を過ぎて縦走路へ入ると気持ちの良い道が続く。
平さんの案内で覗き込むと、ありました!!
可憐で気高い。普通に歩いていると見落としてしまう。
毎日登って花の咲き具合を観察されているそう。
あちこちに咲いている花を観賞しながら叶岳からの縦走路に出会い、ちょっと早い
けれどベンチもあるし昼食。
P10305701

P10305721
平さんを囲んで記念撮影。
P10305731
三角点の標識ですが…
左上の丸い標しをご存知ですか?
なんとGPSが埋め込まれていて位置表示になっているそうです。
平さんに教えていただきました。
P10305751
叶岳神社まできて、神社裏手の新しい道を教えていただきました。
ワンワンコースと言うそうですが歩きやすくて展望がよく、歩いてきた道が
一目でわかります。
P10305771
短いけれど充実した縦走路でした。
とても速く降りてこられたので、タクシーで橋本へ向かった後、天神で
爽やかな新緑の一日でした。

             by:tsuzuki














| | コメント (0)

2015年4月18日 (土)

2015年4月中旬~6月中旬

山行月日  山         域    グレード   備   考   

                 

4/13        障子ケ岳(筍掘り) H☆

4/13~17    富士山眺望の山(富士山を眺める登山) A☆ 

4/14~15    山口県 蓋井島・・・島巡り  城山  大山  H☆

4/15       井原山(洗谷コース)  渓谷歩き  B               

4/16       花牟礼山(花と展望)  A

4/17       飯盛神社~飯盛山~叶岳(低山ミニ縦走)  H☆

4/18       牛斬山~福智山縦走(春の縦走)  A☆

4/19       野北海岸(岩場の登下降訓練)  初級・中級

4/21       米神山・登山と宇佐市周辺の史跡巡り(山と歴史探訪)  H☆

4/22       天山 七曲峠~ (春の花)  A

4/25~26    大崩山(アケボノツツジ)    B   

4/26       猟師岩山~金山(春の縦走尾根を楽しむ)  A☆

 

                   

5/1        芦屋なみかけ遊歩道(海岸周遊となんじゃもんじゃの神社)

5/3~5      祖母山・傾山縦走(アケボノツツジ鑑賞)   B

5/4~5      傾山・トッキン山・五葉岳・お姫山・お化粧山・鹿納山  A☆
                   (アケボノツツジを求めて)

5/5        雷山~井原山(トレーニング10k以上・一般軽量)  B

5/8        井原山(古場岳より)~雷山縦走(コバノミツバツツジ鑑賞) A

5/8~11     四国山地(西赤石山~東赤石山縦走)  B
               (アケボノツツジを求めて) 

5/9        犬ケ岳~経読岳(シャクナゲ)   B 

5/10        登山の歩き方教室    A

5/10       蔵持山(福岡県みやこ町) 修験道の遺跡を巡る   H☆

5/15       鬼ケ鼻岩(ミツバツツジと新緑を楽しむ)  A

5/15       平尾台・鬼の唐手岩(岩登りの練習とロープワーク)  中級

5/16       油山(エビネ 花鑑賞)   A

           *:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*★                                  

5/17       第37回春の清掃ハイク  四王寺山   H~A

           *:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*★   

5/18~21    比良山系 武奈ケ岳・権現山~蓬菜山(新緑と展望)  B   

5/21             らんたん教室・机上学習

5/23~24    傾山(三つ坊主~九折コース) 新緑登山  B

5/24       由布岳縦走(東登山口~西登山口) みやまきりしま  A☆  

5/26       四王寺(春の低山を楽しむ)   A

5/28       隠居岳~木場岳縦走(原生ヤマツツジの群生)  H・A

5/30       飯ケ岳(ブナの新緑)   A

5/30       徳地森林セラピーコースを歩く   W~H

5/30~31    黒岳縦走(白水鉱泉~前岳~高塚・天狗~男池)   B                                                                                        

                     

6/2        扇ケ鼻~岩井川岳~九住山(みやまきりしま)   A☆

6/6        福智山~皿倉山縦走(トレーニング)  B

6/7        らんたん教室 宝満山(登山の基本技術)   A

          *:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*★  

6/13~14    あだると山の会 35周年記念行事    記念山行6コース
           (九重グリーンパーク泉水キャンプ村)   W~A☆

          *:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*★  

 

6/28~30    岡山県泉山&県立森林公園周回          A
          (ササユリ、フラワーロードと奥津渓谷散策ほか)             

      
              山 行 予 告    

 

7/10~14    早池峰山・岩手山・姫神山              A☆
          (早池峰のトイレ見学と夏の高山植物)

9/1~5      北アルプス(奥穂高岳)               C   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

                山 行 予 告     

                     

                                   

                    

                      

         

                  

         

   *:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*★

  ゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜  

| | コメント (0)

2015年4月16日 花牟礼山

          花牟礼山(花と展望)

山行年月日・・・平成27年4月16日(木) グレードA
参 加 者・・・・9名(女性:5名と男性:4名)
コ ー ス・・・・・天神山田SA=九重IC=御幸トンネル登山口=
                         牧野ゲート・・・牧野道終点牧柵・・・・・・展望台・・・
                        ・・・花牟礼山山頂・・・牧野ゲート・・・・・・(蕨狩り)
                        ・・・御幸トンネル登山口=馬子草(まごそ)温泉=
                        玖珠・魚屋という食堂(早目の夕食と)=玖珠IC=天神

日銀前のイチョウ並木の新芽も『春よ~~~』と歌っていますか?
 本日は、山全体が花に満ち溢れているような山「花牟礼山」の山行です。
 『では行ってきます
Photo_3

「山田SA」でK氏車両と待ち合わせです。「山田SA」には立派な藤棚が
   ありました。
 梅の花が去り、桜の花が散ってしまって、これからは藤の花が主人公でしょう。
Photo_4

マイカーS車とK車の2台で「御幸トンネル登山口」をめざします。そのトンネルを
 抜け、シイタケ栽培を横目でにらみ、未舗装道路に運転手は悪戦苦闘、やっと駐車
 スペースを確保し、出発です。早速ピンク色の「エンゴサク?」の可憐な花が歓迎し
  てくれました。
Photo_5

黄色はなぜか存在感のある、頼もしさを感じます。登山道の両側に小さく咲いて
 いながらも、目立つ「キスミレ」です。
Photo_6

足元のキスミレを気にしながら、しばらくは急登が続きます。展望台に到着すると
  雄大な九重山系の「黒岳・平治岳」が一望できます。ミヤマキリシマの咲くころは、
  「黒岳・平治岳」山頂から『花牟礼山』を眺める本日のメンバーがきっといるはずです。
Photo_7
更に山頂を目指して・・・
Photo_8

嬉しい山頂到着です。では山頂レポートを!
   「春風」にしては少々強すぎた風。
     「新緑」までには芽吹きがもう一頑張り。
        「花」たちも春の衣装が間に合わずチョット遅れぎみか。
                  でもメンバーは全員揃って「にっこり」
Photo_9

Photo_2

山頂での楽しい食事会を終え、往路を戻ります。急坂にはしっかり間隔を取って
 ゆっくりと。
 途中で自然の恵みの蕨狩りです。食卓に美味しい蕨料理が一品加わることを期待
 しましょう。でもネあく抜きが大変かも。

 なお今回、このブログを見て下さったあなたには、本日の山行を彩ってくれました
 「花牟礼山」の花をプレゼントします。
Photo
                             by/つぎちゃん






      

       








           

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

三郡縦走(耐久トレーニング)

2015年4月1日(水)  三郡縦走(耐久トレーニング)  天気:雨のち曇り 

               参加者8名(男性3・女性5)

コース:城戸南蔵院前駅~荒田高原~若杉山~ショウケ越~鬼岩谷山~砥石山

     ~三郡山~宝満山~竈門神社

848

8.48今日は雨の確立がかなり高かったがそこはCLのSさん、予想通り決行。
東区方面は全く降っていなかったが、駅に着くと降り出した。ストレッチの後、
雨具を着けて歩き出したが20分程で止んだ。

857_2

8.51このルートは八十八か所巡りのお遍路道なので、あちらこちらに案内版がある。

851

8.57若杉山は八十八か所の半数以上を山中にちりばめた霊峰。
お大師様と2人連れで歩く山だそうである。

910

9.10お寺のそばの満開の桜を眺めるメンバー。後を振り向かないでね。

1029

10.29思わぬ所でしゃくなげの蕾。小さな木に沢山付いていました。
今年も当たり年かな?

1151

10.45若杉山登頂。11.51下山を開始して既に1時間が経過したが、まだ
先が見えない。雨足が少し強くなったので再び雨具を着けて歩き出す。

1252

12.52山椿の絨毯。この時期、もう終わりに近いのでしょうが、落ちたばかり
の花が真っ赤な絨毯のようでした。

1246

12.46鬼岩谷山頂でお昼を済ませ次の砥石山を目指します。雨は止んで
いるものの気温が下がり濡れた体が冷えます。

1312

13.12ようやく砥石山に着きました。ここまで来て参加者の皆さんにも
笑顔が見えました。

1441

13.30に前砥石を過ぎ、14.41三郡山手前の縦走路。この時間になっても
一向に晴れ間が見えません。

1453

14.53お馴染みの三郡山頂です。縦走に初参加のNさん。余り山に行ってない
そうですが、最後までしっかり歩きました。残りのベテランは下で待ってます。

1632_2

16.32宝満山のキャンプ場に着きました。一息ついて最後の下山です。
ベテランから声がかかりました。「足元も濡れているし、疲れてもいる
ので十分注意して下りるように」

1809

18.09竈門神社に着いた所、思わぬご褒美が。ライトアップされた桜です。
紅葉も素晴らしいが、桜がこんなに沢山あったとは。お薦めの絶景です。
雨模様の中、出発から9時間半、23キロの行程。アクシデントも無く、皆
さん満足のトレーニングになりました。この後、天神山ならぬ二日市山で
大いに盛り上がりました。 by.Akira.I
                                    

| | コメント (0)

2015年3月31日(火)高城山(苅田町たかじょうやま・416m)

参加者4名(男性1名・女性3名)    天気 曇り   グレードH☆

公共交通機関JRを使っての山行です。高城山は京都郡苅田町の
最高峰です。地元では地域里山として人気のハイキングコースのよう
です。Wさん初リーダーです。どんな山かな~?宜しくお願いします。

P1090156
博多駅9:02出発、西工大前駅10:25着です。ここから歩きます。

P1090161
10:55高城山新津(あらつ)登山口です。コース確認中です。

P1090164_2
途中御堂があります。安全登山をお願いします。

P1090171
登山口から約1時間で大久保山直下の稜線に出ました。大久保山
のピークを踏んで高城山目指して北上します。

P1090172_3
大久保山からわずか6~7分で、東側に苅田町と周防灘の見える
展望所に着きました。ちょうど正午から30分間の昼食となりました。
”苅田アルプス四座縦走路展望所”という洒落た(?)手作り標識
です。南から大平山、大久保山、諌山、高城山と並んでいます。

P1090222
展望所から約10分(あだるとは歩きが速いので)で諌山ピークです。
”ミヤマウグイスカグラ(スイカズラ科)”の花がひっそりと咲いて
いました。6月下旬に真っ赤な実をつけます。

P1090181
12:55新津登山口から2時間で高城山に着きました。

P1090185_2
高城山からの下りに6~7mの岩場がありました。SL・Kさん岩場
下山中です。

P1090192
南原の千本桜と呼ばれている山桜群生地です。Tさんによると
木が古くて(病気かも?)花の付きが悪いのではないかとの事です。

P1090198
千本桜地から5分下ると南原登山口(下山口)です。新津登山口から
約2時間30分の楽しい山旅でした。面白いミニ縦走コースですね。

P1090209
歩き足りないあだるとメンバーは、タクシー利用をやめて、JR苅田駅
まで歩きました。途中殿川ダム周辺の桜が美しい。

P1090211
南原登山口から休憩含めて約1時間でJR苅田駅です。
Wさん初リーダーお疲れ様でした~。又新しい企画お願いしま~す。
低山ですが、なかなか面白みのある楽しい縦走でした。又コースを
変えて歩いてみたいですね。ありがとうございました~
               ( by / Fusako  I.  )

| | コメント (0)

2015年4月 2日 (木)

2015年3月28日(土)~29日(日)ロキシーヒル再訪と綾町

参加者8名(男性2名・女性6名) 晴れ一時雨  自然保護部主催

宮崎県西都市のロキシーヒル植樹地を今年度も訪ねました。6年間
続いた訪問です。今年度は桜の季節に行きました。道中”桜~桜”
の歓迎を受けて、”綺麗ね~きれいね~”の連発です。

①日目(28日) 西都原古墳群見学とロキシーヒル再訪

P1090011_6
西都原古墳群見学です。300基以上の古墳が在り、全国最大
規模の古墳群だそうです。

P1090012_10
鬼の窟古墳と名付けられた横穴式石室を持つ古墳です。石室の
見学が出来ます。古代に思いを馳せました。

P1090019_2
菜の花の黄と桜並木が美しい広場で昼食です。今日は”桜祭り”
らしく、お客さんが大勢です。

P1090027_2
6度目の再訪・・・ロキシーヒルにやって来ました。まずはご挨拶で
”ツリーハウス”にお邪魔します。階段が作り変えられていました。

P1090037
6年前に植樹したヤブツバキの木が大きく育っています。
皆で喜びました。

P1090039
何と 花が一輪咲いています。感激です。

P1090041
”あだると山の会”標識の前で、毎年恒例のポーズです。
植樹地見回りの後、数人がご近所のロキシーヒルメンバーの方の
畑のお手伝いに行って、大変喜ばれました。お疲れ様です。

P1090055
ロキシーヒル関係者の方々持ちよりの天然岩魚のくし焼き・
鶏の丸焼き(?)・タタキ(?)・竹の子・わけぎ等々・・・肉じゃが・
サラダも加わって・・・大ご馳走が準備されます。

P1090059
毎年恒例のご挨拶・・・”かんぱ~い”で懇親会の始まりです。

P3280053_2
約23:00 一応おひらきの集合写真です。ありがとうございました~。
ただ勿論この後まだまだ交流は続きますよ~・・・。

②日目(29日) 綾町照葉大吊橋周回コース散策

大坪一本桜見物・綾城周回散策の後、綾町馬事公苑を歩きました。
P1090088
馬事公苑の大花時計です。綺麗ですね。

P1090096_2
綾町照葉樹の森に架かる大吊橋を渡っています。山桜のピンクが
何とも優しい・・・。

P1090102
照葉樹の森遊歩道2Kmを周回します。自然豊かな森が素晴らしい。

P1090106
遊歩道終点付近から見上げる大吊橋です。

照葉樹の森を後にして、入浴・昼食を楽しみ・・・一路福岡への
帰途に就きました。心温まる懇親会、美しい自然に感謝した2日間
でした。皆さんありがとうございました~
                 (  by / Fusako  I.  )

 

 

| | コメント (0)

3月21日 経ケ岳~多良岳縦走

3月21日 経ケ岳〜多良岳縦走 (長崎・佐賀県境の山)

マンサクの花鑑賞
◎ タイムデータ
  天神7:00出発 = 長崎自動車道=大村IC=黒木登山口9:15・・・10:55つげ尾11:00
    ・・・11:30経ケ岳(昼食)11:55・・・12:40中山越・・・14:10多良岳14:20・・・
  14:45金泉寺14:55・・・西野越・・・八丁谷・・・16:30黒木登山口=
  =平谷温泉(入浴)===20:00天神帰着
◎ 登山コース
 
歩行距離約14km、行動時間7時間の山歩きでした。
5_800x600_2
黒木登山口から段々畑を観ながら山に入っていきます。
Img_3857
最初はのどかな登山道でしたが、次第に傾斜が激しくなってきました。
下の写真のような傾斜のガレ場が高度差約400m続きました。
けっこうこたえましたね(^-^;
Img_3858
やっと稜線に取りつきました。
ここでちょっと休憩しましょう。
Img_3860
このつげ尾から経ケ岳まであと標高差200mです。
もうちょっとだね、がんばろう (゚ー゚;
Img_3862
あと少しだね。
ついに到着。登山口から約3時間かかったね。
Img_3867
経ケ岳からの眺望。
遥か向こうに多良岳が・・・
あそこまで行くんだねえ
Img_3863_2
縦走路で見かけたマンサク
早春の真っ先に咲き出ることから『先ず咲く』が転訛して『マンサク』となったとか。
Img_3872
さて、多良岳の最後ののぼりです。あと100m。
鳥居のわきには役行者像が供えられてました。
ここは修験道の山だからね。
その昔、日本全国の山を空を飛んで巡っていたのとの伝説が。
Img_3875
多良岳山頂につきました。
やっぱ記念写真は祠の前ですね。
Img_3883
あとは、登山口に向けて下るだけ。
Img_3886
多良岳山頂から130m下にある金泉寺。(標高870m)
山間の静けさの中に厳かな雰囲気を漂わせています。
2年前、ここの境内でビバークしたなあ。

Img_3888
金泉寺から八丁谷に下る登山道でオオキツネノカミソリの大群落に出会いました。
7月の開花時には大勢の登山者が訪れるとか。
たしかに、これだけの花が一斉に咲いたら、そりゃすごいだろうね。
こんどはその時期にもう一度ここに来ようと思いました。

Img_3889
ついに八丁谷に到着!
お疲れ様。みんなの顔が思わずほころびます。
ヒヤリハットもなく(私はちょっと滑っちゃいましたが)、みな無事下山。
運転してくださったOさんが迎えに来てくれました。ありがとうございました。
Img_3892
帰りは平谷温泉に立ち寄って汗をながしました。
帰りの車中からみた夕日。大村湾のむこうの西彼杵半島にいま沈もうとしています。
この画像、最後に決めすぎ(かな?)
                   Written by Matchan

| | コメント (0)

2015年4月 1日 (水)

2015.3.24(火) 玄界島

参加者13名(男5名女8名)
 2005年の福岡県西方沖地震で壊滅的な被害を受けた玄界島ですが、ちょうど10年。復興支援も兼ねて訪れてみました。
今は完全に新しい街が出来上がり復興を遂げていますが人口減少は進んでいるようです。
博多埠頭から30分ほど船に乗って。
大変揺れて気分の悪い人続出。
039
すべて新築の街並みから島一周散策へ。
043
つわを採りながら、三々五々に。なかなか進みません。
A
ジョウビタキがたくさんいました。玄界島が住みやすかったのか、渡り鳥なので
そろそろ渡りの季節でこの島に集結しているのか。(野鳥の会Mさん撮影)
これは♂です。
A_2

ジョウビタキ♀です。

044
この日は海が荒れていて海遊びはできません。
昼食は島でただ一軒ある復玄丸というお店で刺身定食。
予約しないと食べられません。
朝ご主人が漁をしてきたというぷりぷりのお刺身と煮魚。
文句なしに美味しいです。
ちなみに漁師さんの島ですが、魚は福岡で荷揚げするようでお土産にするような魚は
一切売ってなくて、お土産は乾燥ひじきでした。
春の一日のんびり島遊びでした。

往復結構船が揺れて気分の悪くなった人続出。島の暮らしも大変でしょうね。
           by/tsuzuki

| | コメント (0)

2015.3.22 油山~糠塚山~片縄山

参加者 18名(男7名女11名)
 天気予報は快晴となっているが、どんよりとして遠くの景色は見えない。この日の夜のニュースで黄砂とPM2.5 で外出は控えてくださいと言っていたことを知る。息苦しい風の吹く一日でした。
園芸公園前のバス停に集合。体操後、園芸公園の中を通過していく。
021
桜並木のトンネルを行くも桜の開花はまだまだ先。
023
杉林の急登を30分ほど登ると夫婦岩展望台へ出る。展望台へ登るが展望なし。
024
管理事務所そばの土佐ミズキは満開でした。
025
梅の花もまだ咲いています。
028
標高597mの油山山頂からは博多湾がきれいに見えるのですがこの日は視界零。
こんな日も珍しいです。
モーモーランドにて昼食。日曜日で賑わっていました。
そこから先は未知の世界。モーモーランドの中を突きって長い階段を下り、
車道を横切ると目立たない登山口がありました。
029
急登を登ります。
Photo
標高388mの糠塚山。小さな標識がありました。会員番号700番台の新人さんたちです。
Katanawayama
標高292.4mの片縄山で。活発なWさん。富士山でお世話になりました。
Photo_2
次のあだるとを背負うAさん。

30分ほど下ると那珂川町のバス停へ出ました。
低山でしたがなかなか面白い縦走路で手近に一日楽しむことが出来ました。
       by/tsuzuki

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »