« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月26日 (月)

2015.1.25 福智山 (眺望)

参加者 男性11名女性9名
天気   
 CL,SLと女性のせいか男性の参加者が多かったようです。
車4台で福智山ダム登山口に集合。現地にてHさんご夫妻。CLのYさんと合流。
春のような日差しの暖かい日でした。アイゼンは用意して行ったけれど、CLの「全く雪はありません」との言葉に皆さん車に置いていきました。
003
福智山ダム登山口で体操、支度を整えて。
005
登山口から何度か林道を突っ切って30分ほど歩くと分岐です。
福智山は地元の人に愛されて登山道が沢山あります。
今日は上野越えコースです。あがのごえと読みます。
006
少し歩くと立派な東屋があり、ひとやすみ。
007
30分ほど登ると上野越えです。十字路になっているので人も多い。
012
地元にお住まいのCLが慣れた山でとっとことっとこ進むので必死について行ったら
11時40分には山頂到着。
この季節に山頂で食事が出来るなんて信じられないほど暖かい。
玄界灘に面しているので風の強いことの多い山頂なのに!!
011
牛斬山。何年後かにこの山は消えてしまうのかな。
017
下りもとっとことっとこ、鷹取山へ(母里太兵衛の山城)だったとのHさんの解説。
福智山を望みます。
CLのリードで快調に進み、2時には下山。ゆっくりいこいの湯で疲れを癒しました。
1月とは思えない暖かさでのんびり楽しい一日でした。
                   by:tsuzuki

| | コメント (0)

2015.年1月18日(日)  涌蓋山    雪山を楽しもう

期待していた雪は思ったほど無く今回は筋湯温泉南端に駐車、ひぜん湯登山口~涌蓋山~みそこぶし山~一目山経由の一周コース(14.5km…所要時間約6時間)

20150118_2015118_005_1024x768
今日はPM2.5も全くなく展望よし、由布岳も間近に

20150118_2015118_008_1024x768_2
雪ならぬ霜柱の祭典

20150118_2015118_021_1024x768
ここから撮る写真は春夏秋冬問合ず格別、表紙も見てくださいな
20150118_2015118_028_1024x768
九重連山が光って見えてます

20150118_2015118_034_1024x768
阿蘇山の噴煙、黒煙で今にでも爆発しそうな・・・涅槃像も迷惑千万


20150118_2015118_037_1024x768
山頂には少しばかりの雪が・・・
20150118_2015118_055_1024x768
最近退職された I さん、どうしたことか独身女性にモテモテ

20150118_2015118_044_1024x768
Nさんの用意した尻スキー用具で(山頂)

20150118_2015118_046_1024x768
下まで滑り落ちないようにしっかり制動してよ・・・

20150118_2015118_048_1024x768
みそこぶし山の手前で・・・


20150118_2015118_058_1024x768
まだまだ元気にして挑戦しているよ東京の孫ちゃんしっかり見てくださいな

下山後ホテルで、玖珠の食堂で・・・CLの I さんご苦労さまでした。

                          by/kabe

|

2015年1月23日 (金)

2015年1月17日(土)猟師岳~合頭山(雪山を楽しむ)

参加者20名(男性8名・女性12名)   天気 曇り~晴れ    グレードA☆

7:30一目山パーティーと猟師岳パーティーの計24名で天神を出発です。
9:30九重スキー場に到着です。出発準備をして林道入り口の登山口に
移動します。昨年よりは雪が少ないようですが、それでも登山道は雪道です。

P1080682_2
10:10林道入り口でストレッチです。

P1080686_2
3班に分かれ、1班から出発です。3班は「初めの30分は特にゆっくり歩いて~
雪山は汗をかかない歩きが大切です・・・」とのSAからの注意をいただいて、
ゆっくり歩いていま~す。

P1080692
11:00林道から猟師岳に向かって山道に入ります。

P1080694_2
猟師岳直下から一目山の方を振り返って・・・。チョット怪しげな雲が垂れこめて
いますが、風は無く爽やかです。

P1080699
11:30猟師岳直下の霧氷美しい樹林の中を進みます。

P1080704
11:40猟師岳(1423m)頂上に着きました。

P1080707
樹林の中に入って昼食です。う~ん青空が出てきましたよ~

P1080713
12:00猟師岳を出発して合頭山に向かいます。2班がトップを歩きます~。
三俣山等美しく見えています。

P1080721
合頭山に向かっています。久住山のピークがちらっと見えています。

P1080723_2
12:40合頭山に着きました。色とりどりのウェアが雪の白に映えます。

P1080731
12:50今日のリーダーKちゃんをトップに合頭山から下山で~す。

P1080730
青空が広がって来ました。

P1080738_2
13:30牧ノ戸峠下の合頭山登山口に下りてきました。バスを待っています。

この後一目山のメンバーと合流し、薔薇の湯で香りを楽しみました。お薬屋さん
に寄って、一路天神を目指します。天神では歩き足りないメンバーが再び天神山
に登りました。お疲れ様で~す。お天気も良く、雪もさらさら雪で気持ち良い歩きが
出来ました。CL・SL・参加の皆様・ありがとうございました。(  by/ Fusako   I.  )

| | コメント (0)

2015年1月16日 (金)

2015.1.10~11 臥龍山 雪山幕営(教育部及びらんたん教室)

2015年1月10日(土)~11日(日) 曇り 時々晴れ

北広島の臥龍山 45人乗りの大型バスで戸河内IC~東八幡湿原へ

参加者25名(男性13名・女性12名)
        教育部主催  10名(男性8名・女性2名)
        らんたん教室 15名 受講生7名(男性3名・女性4名)
                      講師・サポーター8名(男性2名・女性6名)

Photo_2

バスを降りテント場まで歩きます。20分程の距離ですが、25名の大移動は
壮観でした。ここは本来車道で昨年は除雪されていました。車道から分かれ
るといきなり雪が深く登山靴が「ズボッ」とめり込みます。

Photo_3

肩を組んで何してるの?いやいや作業中です。最初はワカンを履いて雪を
押し込み、その後一列になって行進しながらテント場を踏み固めて行きます。

Photo_4

踏み固めても傾斜があるのでスコップで傾斜をならします。平らでないと寝た
時に滑り落ちます。

Photo_5

グランドシーの上にテント本体、その上にフライをかけます。そして竹ペグで
張綱を固定して完了です。そして出入り口に段差をつけます。モデルさんの
ように腰を下ろして靴が履けるように。

Photo_6

少し離れて所にトイレを作ります。昔の便器スタイルです。今回は携帯トイレ
持参で大は各自持帰りです。

Photo_18

こちらはらんたん教室の皆さんです。テント泊も雪山も初めてと言う方も居ら
れたようですが、上手く出来ましたか。手前の赤いテントは私も初めて見まし
た。何年振りかの出番だそうです。天井が低くてきつそうです。らんたん3張、
教育2張完成です。

Photo_8

初日はらんたんは近場で色々な訓練をしたようですが、私達教育はルートの
下見を兼ねて散策しました。その時の臥龍山です。とても綺麗な雪景色でした。

Photo_9

昨日の夜は各テントで夫々ご馳走を食べたようです。私達のテントにも差入れ
を色々頂きました。外に出て見上げると満天の星空に感激。翌日教育は朝早く
起き、食事を済ませて5時には出発。出発前は少し騒がしかったようでらんた
んの皆さんごめんなさい。ヘッドランプは着けているが雪景色で意外と明るい。

Photo_10

雪の中をワカンを着けたり外したりしながら山頂を目指します。途中から踏み
跡も無くなりCL、SAが地図を広げてルートを確認します。

Photo_11

気温は低いのですが風も無く、周り一面このように見事な樹氷です。

Photo_12

途中、日の出に出会えました。雪をまとった木々の向こうから揚がる日の出は
幻想的でした。

Photo_13

臥龍山山頂です。皆さんのこの笑顔、このポーズ良いですね。後の大岩も
しっかり雪を被っています。昼食の後沢沿いの登山道を下山します。

Photo_14

沢の手前でらんたんの皆さんと出会いました。危険防止と訓練のためサポ
ーターの皆さんがフィックスロープを張っています。その横を教育の皆さん
が通って行きます。

Photo_15

沢の手前で皆さん下を向いて何かを一生懸命しています。簡易ハーネスを
作っているのかな?それとも沢を渡る時の掛け替え用のシュリンゲの作成
かな?

Photo_16

いよいよ沢の渡渉です。講師のSさんが「さすが」と言うお手本を見せました。
受講性のAさんも真剣に渡りました。

Photo_17

らんたん教室の皆さんです。テント撤収も終わり最後の集合写真です。
今回は教育と別行動のため訓練の写真が余り無いのが残念です。
しかし雪山幕営の体験はなかなか出来ないので、心に残ったのではない
でしょうか。準備や後片づけなど大変なこともありますが、これからもも
どんどん色々な山行に参加して楽しんで下さい。
                                       by.Akira.I
























            
 

| | コメント (0)

2015年1月11日 (日)

2015年1月6日 太宰府を初歩き

Photo
山行年月日・・・平成27年1月6日(火) 小雨のち曇りそして晴れ

山行山域・・・・・太宰府を初歩き(歴史の散歩道)

山行コース・・・・大宰府政庁跡☞金光寺跡☞池渕弘法大師(弘法水)☞僧正玄昉
                        の墓☞戒壇院☞観世音寺☞日吉神社☞旭地蔵尊寺☞崇福寺法
           堂跡☞崇福寺跡☞崇福寺別院☞みかさの湯西鉄太宰府駅
           ☞天満宮☞天開稲荷神社☞祖霊殿☞天満宮参道(解散) 

山行参加者・・・12名(女性:9名 男性:3名)

 リーダーのコース説明後、楽しみな史跡巡りです。小雨のスタートですが、気にし
ない、気になりません。
Photo_3


 ①まずは金光寺跡です。昔々の墓地と火葬場?とか
 ②池渕弘法大師(弘法水)では、ロウバイの甘~い香りが漂い、接待用の温かい
   お茶をいただきました。早速弘法大師像にお礼を!
 ③僧正玄昉の墓は畑の中にありました。玄昉は唐から帰国後、聖武天皇のもとで、
  権力をふるったが、藤原仲麻呂により太宰府に左遷されたらしい。
 ④戒壇院は、奈良東大寺、下野(栃木県)薬師寺とともに「天下の三戒壇」と呼ば
  れているそうです。
 
Photo_7

 

  ここは観世音寺です。斉明天皇追悼のため、天智天皇の発願により建立された
寺院で、境内には日本最古の梵鐘(国宝)が残っています。きっと厳かな鐘の音の
響きなのでしょうネ。

Photo_2

 

 日吉神社に到着です。社まで石段は何段?でも普段から足腰鍛えたメンバー
ですから全く気にもなりませんし、気にもしません。
 今年も「安全登山」をお願いしましょうか。
Photo_3

 ⑤旭地蔵尊は病気や悩み事を聞き届けてくださるということで、お参りの人が
  絶えないらしいです。メンバーはどんな悩みを告白したのでしょうか。
 ⑥崇福寺法堂跡は昭和42年の発掘調査で、崇福寺の中心建物があった礎石
  建の法堂と僧堂が確認されたらしい。
 ⑦横岳崇福寺跡は日本に初めて禅宗寺院が築かれた臨済宗大徳寺派の崇福
  寺の跡地です。
 ⑧崇福寺は聖一国師が開山したが、消失後、福岡藩主:黒田長政が福岡・千代
  に復興し、歴代黒田家の菩提寺としたとのことです。
Photo_4

 歴史探訪の後は、天然温泉「みかさの湯」でくつろぎます。「ポカポカ温まった!」
では次の楽しみ、昼食です。各自好き好きの定食を注文し、合わせてアルコール分も
少々?補充して更に心と体を癒します。
 約2時間余楽しんで、ホテルのバスで太宰府駅まで送っていただきました。
(ホテルの玄関にはデッカイ石製?の地球儀が水の力で浮いていました。)Photo_5 

 
 
太宰府天満宮は相変わらずの沢山の人出で長蛇の列。菅原道真公に「家内安全
・健康祈願・愛情運・合格祈願?等」お願いしてきました。当然「安全登山」もです。

Photo

 

  天満宮からチョット離れた「天開稲荷神社」へもお参りしてきました。ここは
天満宮の人出のような賑わいはありません。社の裏にはパワースポットと言われ
る祠がありました。
Photo_2

Photo_3

 

  天開稲荷大明神のパワーを背に天満宮を目指します。冬枯れの山道は華やか
さはないけれど、この静寂さも四季折々の光景のひとつですよネ~。
Photo_5

 境内の梅の蕾はまだ春を告げる姿ではありませんが、「うそ替え・鬼すべ」等
お正月の行事が終わると、一輪、一輪と咲き始めるのか?
Photo_6

 参道に戻ってきました。今日の全行程終了です。太宰府の隠れ観光スポットを
見て、楽しんで、学んだ一日でした。
Photo_7
 本日はCL及びSLさん、そしてメンバーの皆さん、「ありがとう」 
今年もいろいろな山行を楽しみましょう。                    つぎちゃん

| | コメント (0)

2015年1月 7日 (水)

2015.1.4(日) 背振山 初登り

2015.1.4(日) 天気 曇り 時々青空

参加者 28名 (男性15名・女性13名)

新春恒例の背振山初登りは28名という大所帯となりました。車の手配やパー
ティー分けなどCL、SLの皆さんお疲れ様でした。
コースは車谷~矢筈峠~背振山、帰りは椎原峠から下山する予定でしたが、
時間の関係で往路を戻りました。

842

車谷登山口。まずはOさんの音頭でストレッチ。昨日が暖かかったこともあり
雪は殆ど溶けていました。

923

30分程登ると体も温もって来ました。今日も暖かいが雪は残っています。

943

林道に上り込みました。余裕の笑顔です。

1047

急騰が続きます。場所によっては足元が凍っている所があり慎重に歩きます。

1051

最後の登り。目の前が矢筈峠です。いつもはズルズルの斜面ですが雪があり
逆に登り易い。

1104

雪の溶けた車道に出て、皆さんのんびりムードでおしゃべり中。足元注意。

I1121

また雪が増えました。新人のTさんも頑張っています。

1141

背振山頂での記念撮影。少しガスっていました。日曜日なのに登山客は少な
かったが、家族ずれがソリを楽しんでいました。

1244

下りはやはり不安定なので新人さん達はアイゼンを着けました。これは
8本爪ですがバックルで2ケ所を留めるだけです。

1316

ベテランはストックを駆使して下っています。

1424

植樹地まで下って来ました。雪もすっかり無くなっています。ヒヤリハットも無く
無事下山しました。
                                          by.Akira.I








| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »