« 2014年11月20日~23日 貴船山~鞍馬山・嵐山(京都の紅葉) | トップページ | 忘年餅つき 2014.12.13(土) »

2014年12月 6日 (土)

2014年11月30日 俵山

山行年月日~~~平成26年11月30日(日) 晴れ→曇り→雨

山行山域~~~~南阿蘇・俵山  グレードA

山行コース~~~天神=都市高速=九州自動車道=広川SA
            =益城熊本空港IC=俵山登山口・・・登頂断念・・・
                          俵山登山口=南阿蘇村総合福祉温泉センターウィナス
            =益城熊本空港IC=北熊本SA=天神

山行参加者~~~20名(女性:11名 男性:9名

 スタートはいつもの、天神・日銀前。観光シーズンのためか、バスがずらり。
「さあ~~~て『あだると山の会』のバスはどれだろ~~~か?」
Photo

 20名の集団は、福岡都市高速、九州自動車経由して一路阿蘇へ。
朝日が眩しい。「今日も安全登山で、いってらっしゃい
Photo_2

 大きな、大きな風力発電の風車がそびえ立つ俵山峠登山口に到着です。
入念に準備体操をして、出発です。まずは俵山峠展望台で「阿蘇五岳」を眺めな
がら21年ぶりに「マグマ噴火をした中岳」の火山灰を心配しましたが、今日は噴
火は収まっているようで安心しました。雲行きが怪しくなってきたようだ。先を急ぎ
ます。
Photo_3
Photo_5

 急斜面の登山道を登り、ススキの穂が揺れるカヤ野をグングン進み、林を抜け、
俵山山頂を目指し、急ぎます。「雨よ、しばし待ってくれ。」と
Photo_6

 「ア~~~、あ~~~、雨が降ってきました。」 雨具を装着して、また急ぎます。
でも雨は更に強くなってきました。
Photo_7

 山頂まであと90余メートル。しかし雨は更に、更に激しくなり、登頂を断念せざるを
えません。山頂からの素晴らしい展望は次回の楽しみにしましょう。
 
Photo_3

 秋のグミが、雨に濡れてチョット赤味を増していました。
Photo_8

 サァーーー登ってきた道を戻りましょう。濡れた登山道は滑りやすいですョ。
安全な迂回路を通り、秋にふさわしいススキ道に出てきました。絵になる光景でしょう?
「モデルさん有難う。」
Photo

 でもこの先に、メンバーの悪戦苦闘の泥んこ遊びが待ち受けているとは!
濡れた急斜面の登山道でバランスゲームを楽しむこととなり、カメラもしばし休憩
です。「キャ~~~」・・・誰の悲鳴でしょうか。
 やっと黒土の急坂を抜け出した安心感でしょうか、メンバーの足つきが不自然に
見えませんか?
Photo_2

 登山靴にどっさり付いた山のお土産を洗い流して、大自然に抱かれたコミュニティ
空間「南阿蘇村総合福祉温泉センター・ウィナス」へ。入浴料金300円でした。
 温泉で心身ともにリフレッシュした後は、休憩室でふれあいタイムです。雨はまだ
降っています。くつろぐメンバーはぜんぜん気にしていません。会話が楽しいのでしょう。
Photo

 さて帰る時刻です。玄関先にI観光のバスが待機していただいたようで「天神まで
お世話になります。」
 快調に走行し、太宰府ICを通過しました。雨は止み、夕日が「お帰りなさい。」と輝い
ていました。その夕日の輝きに反応して、東の空に虹が登場です。

Photo_3

 太宰府ICを通過したのが、丁度5時でした。私の隣で、ある人が独り言。
『今五時なのににじとは』・・・ここは笑っていただくところです
(申し訳ありませんが、写真の虹はインターネットから取ったもので、当日の虹では
ありません。ごめんなさいネ。)
 

 今回の山行のCL及びSLの二人に『ご苦労様、ありがとう。
安全運転に徹していただいたI観光の運転手さんに『感謝の拍手
そしてここまでブログを見て頂いたあなたにも『サンキュー
                                   つぎちゃん



 

 
 

|

« 2014年11月20日~23日 貴船山~鞍馬山・嵐山(京都の紅葉) | トップページ | 忘年餅つき 2014.12.13(土) »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年11月20日~23日 貴船山~鞍馬山・嵐山(京都の紅葉) | トップページ | 忘年餅つき 2014.12.13(土) »