« 2014年11月15日~16日 九重幕営 大船山 | トップページ | 2014年11月30日 俵山 »

2014年11月27日 (木)

2014年11月20日~23日 貴船山~鞍馬山・嵐山(京都の紅葉)

参加者 8名(男性3名・女性5名)
11/20 門司港から大坂南港まで名門大洋フェリー
    で船の旅です。

11/21 早朝 大坂南港に着岸後、フェリーターミナル
    から乗り換え大坂・淀屋橋からは京阪本線特急
    に乗り 京都・出町柳に2時間後に着きます。
Dscf6074
叡山電鉄・鞍馬線。
座席が外をむいている展望列車「きらら」が走って
います。
車体の紅葉で気分も高揚します。
Dscf6080
市原~二ノ瀬駅間では250mの紅葉トンネル。
Dscf6083
沿線でもいい色を見せていただきました。
「うぁー」の歓声があがります。
Dscf6097
無人の二ノ瀬駅で下車。
北山杉の美林の中を歩くメンバー。
Dscf6099
2時間30分で三角点のある貴船山に登頂。
山頂は三角点(699m)のある山頂と
地図上(700m)の山頂と2つあります。
Dscf6100
鞍馬に向かう稜線から愛宕山を遠望。
誰もいない静かな山歩きでしたが、単独の男性
と出会いました。
Dscf6109
滝谷峠からは、雨が降るたびに変わる荒れた沢下り
渡渉道や滑りそうな、巻道を下りました。
Dscf6120
貴船神社・本殿
古来 晴れを願う時は白馬を、雨を願う時は黒馬を
奉納され、実際の馬に代わり木の板に書かれた馬
「絵馬」ができた発祥の神社です。
私は去年の暮に「ハイキングバッチ」を買い、今年
はとても御利益がありました。本当に。
感謝のお参りをしました。
Dscf6122
奥宮がありますが、そこは「縁結び」の神様。
ここも御利益がありました。(笑)
川沿いには川床料理屋が立ち並び、橋を渡り
鞍馬寺に向かい標高200mを登ります。
Dscf6143
比叡山が遠望できます。
Dscf6128
義経が跳躍の訓練をした木の根の路。
岩盤が地表近くまで迫っているので木の根が
地中深く入りこむ事ができず露出している。
Dscf6145
鞍馬寺 本殿金堂
「月のように美しく 太陽のように暖かく 大地の
ように力強く」とお唱えをするそうです。
Dscf6151
愛の千手観世音菩薩、光の毘沙門天王、
力の護法魔王尊の三身を一体として 
鞍馬山に満ちているそうです。

11/22 今日は観光です。北嵯峨の直指庵(じきしあん)
Dscf6176
隠れ嵐山です。
篤姫を支えた村岡局の庵。
Dscf6180
本堂・山門・道場の屋根は琵琶湖の葦葺きを
用いているそうです。見上げても紅葉。
Dscf6185

Dscf6190
大覚寺の大沢池
Dscf6196
宝筐院。
楠木正行と足利義詮の墓所。敵同士の墓。
四条畷の戦いで正行のみごとな討ち死に
一緒に葬るよう望んだ義詮。正行はいやかも。sad
Dscf6199
どこを見ても。紅葉。
Dscf6200
写真取りに夢中なメンバー
Dscf6202
Dscf6207
総門から続く参道「紅葉の馬場」
どちらが綺麗???
Dscf6215
釈迦如来と阿弥陀如来をまつる二尊院。
Dscf6217
百人一首で有名な「小倉山」
Dscf6221
小倉山にむかう参道。展望所からは「燃える京都」
が見えます。
Dscf6232
庭内も燃えていました。
Dscf6243
渡月橋の上には橋が壊れてしまいそうな人出。
Dscf6247
嵐電、JR嵯峨嵐山乗り換えで東福寺に移動
しました。
臥雲橋の上から通天橋を見ます。 係員が
「止まらないで、写真撮らないで」叫んでいます。
誰もいう事、ききません。
ききませんでした。lovelyこの看楓!すごい!です。
Dscf6257
通天橋から臥雲橋を見る。
見渡す限り深紅の雲海渓谷です。
渋滞で下には行けず、目も疲れました。
大坂南港にもどり船上では打ち上げ
バイキングbeerに又,燃えました。
お疲れ様でした。     by/M・sato

|

« 2014年11月15日~16日 九重幕営 大船山 | トップページ | 2014年11月30日 俵山 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

 京都の紅葉ベストシーズン! 美しく朱色に染まるブログはまさに秋の光景!!scissors
 『源氏物語』の作者・紫式部も、京都の真っ赤な紅葉を見ながら、光源氏の恋模様を綴ったのかな?
 美貌の歌人・小野小町も、心静かに京都の紅葉を愛でて、儚い恋を歌ったの!heart
 そして21世紀、「あだると山の会」のメンバーは、京都の紅葉を、燃えたぎる情熱と共にタップリと堪能してきた様子ですネ。「ア~~~羨ましい。happy02

投稿: つぎちゃん | 2014年11月30日 (日) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年11月15日~16日 九重幕営 大船山 | トップページ | 2014年11月30日 俵山 »