« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月28日 (火)

2014.10.23(木) 鶴見岳

参加者 4名 6名 
コース  火男火売神社P・・・南平台分岐・・・頂上・・・馬の背・・・西の窪
      ・・・南登山道・・・南平台分岐・・・火男火売神社P

Photo_2
周回コースは紅葉真っ盛り!天気良し!仲間良し!大満足!

20141023_002_3
火男火売神社駐車場から境内の階段を上がります
石段一面に銀杏が・・・見上げれば大きな大きな銀杏の木

20141023_006_3
登山道は神社裏から、大分県の天然記念物になっている自然林です

20141023_011_2
30分も歩くと紅葉に彩られた鶴見岳頂上が見えました                                             

20141023_016syu_7
紅葉絨毯の中を
20141023_015syu_5

由布岳も紅葉
20141023_020

山頂で定番の記念撮影
20141023_023_6

南登山道、紅葉の由布岳が間近に
20141023_028_2

善気好嶺者(前期高齢者)光輝好嶺者(後期高齢者)8名
               まだまだ若い 次はどこの山へ

                                              by satomi


| | コメント (0)

2014年10月13日 (月)

2014年10月4日~8日(水) 北アルプス涸沢と氷河公園

参加者7名(男性1名・女性6名)   天気・曇り~雨~快晴   グレードA☆

台風18号襲来の天気予報に多少の動揺を覚えつつも、アルプスの紅葉を
一度は見てみたいという気持ちの方が強かったのでしょうか、10月4日6:29分
予定通り新幹線で博多を出発する。女性3人寄ればではなく、6人ですもの、
話題は尽きずアッと言う間に12:03松本に着きました。タクシーで上高地に
移動です。キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

P1070878
13:30上高地着。ひんやりした空気が気持ちよい。穂高をバックに河童橋で
パチリ・・・。さあ!今から横尾山荘まで11Km・3時間歩きま~す。

P1070904
15:20徳沢通過します。大きなマユミの木が紅葉しています。テントも美しい。

P1070920
16:25新しくなった横尾山荘(標高1620m)に着きました~

二日目(10月5日・日)横尾山荘~涸沢(2300m)往復
P1070938
5:45横尾山荘前を出発。左手に屏風岩の大岩壁を見ながら進みます。

P1070944_3
約1時間で本谷橋に到着。ここで小休止・・・。北穂高岳が見えています。

P1070959
ダケカンバの美しい登山道を軽快に歩きま~す。

P1070960
8:30涸沢が近づいてきました(・∀・)イイ! 奥穂~涸沢岳が見えて来ました。
憧れ続けた秋のアルプスです ウラジロナナカマドの赤が際立ってきました。

P1070973
9:05涸沢ヒュッテに着きました。今日はKさんのお誕生日だそうです
リーダー持参のケーキ、紅茶、ローソクで”ハッピーバースデイ”・・・。

P1070986
楽しく1時間を過ごし、10:05下山開始です。雨に煙って良い写真がありません。
その中でこれはチョット紅葉の美しさが出ているでしょうか?涸沢ヒュッテ直下です。
12:55横尾山荘に戻って来ました。風雨を避けるため横尾山荘連泊です。

三日目(10月6日・月) 横尾山荘から槍沢ロッジ(標高1850m)へ移動
P1080004
おォ~晴れました晴れました 前穂をバックに横尾大橋でパチリ・・・。
この後11:45槍沢ロッジに向けて横尾を出発しました。

P1080021_3
13:10美しい槍沢を上がります。元吊り橋があった所だそうです。

P1080158
槍沢ロッジに到着です。ここもお風呂があります。毎日入浴は初めてです。

四日目(10月7日・火)槍沢ロッジ~天狗原(氷河公園)往復~上高地~宿
P1080043
5:40ロッジ発~6:25ババ平キャンプ地に着きました。小休止とります。
テント泊している方がありました。

P1080054
7:18水俣乗越し分岐を過ぎ、大曲りに入ります。槍~南岳の稜線が見えます。
正面に氷河によるモレーン地形(堆石堤)が見られるとされています。

P1080069
8:10天狗原分岐(2348m)に到着で~す。真っ青な空に大感激・・・

P1080077
うォ~槍ヶ岳が美しく見えてきました。 これが秋の空でしょうか? 澄み切って
とにかく美しい 何とも美しい  もうすぐ天狗原です イヤッホーゥ

P1080088_2
(v^ー゜)ヤッタネ!! 9:00天狗原(氷河公園・2520m)に着きましたよ~。
さんくす♪(o ̄∇ ̄)/ この輝く快晴は凄い あり得ない好天です。

P1080089
見ました見ました自分の目で 何度も雑誌の写真で見たこの”逆さ槍”
天狗池に映える槍の倒立像です。快晴、無風の条件が揃ってこその美観です。

P1080109
9:45お名残り惜しいけれど・・・下山開始です。槍から東鎌尾根がくっきり・・・。
槍ヶ岳山荘、殺生ヒュッテ、ヒュッテ大槍も見えているのですが~・・・

P1080128
10:00いよいよ槍ヶ岳登山道との合流点が近づきました。天狗原にお別れ・・・。
槍の穂先もだんだん見えなくなります。大天井~西岳の稜線がくっきり・・・。
今日は360度の眺望を楽しみ、山座同定・現在地確認のお勉強会もあって
全てに於いて充実山行となりました。17:00上高地に到着し、17:30今日
のお宿”しるふれい”に無事到着。ただただ感激の一日となりました。

五日目(10月8日・水)宿~乗鞍岳・剣ヶ峰(3026m)~松本~福岡
P1080170

朝8:00前”しるふれい”を出発です。お世話になりました。乗鞍岳に向かいます。

P1080176
乗鞍エコーライン下から仰ぎ見る乗鞍岳。タクシー運転手さんが、各ピークの
説明をして下さっています。

P1080190
9:05肩の小屋口より歩き始め、9:40肩の小屋に到着です。快晴

P1080201
剣ヶ峰直下より見た北アルプス南部の山々です。私は二度目の乗鞍ですが、
前回はガスの中でした。二度目にして乗鞍360度の眺望を満喫です。

P1080211
10:40剣ヶ峰頂上着。

P1080207_2
御嶽山の噴煙が見えます・・・黙とう・・・(u_u。)

P1080227
12:00畳平(2700m)バスターミナルが見えてきました。この透き通った
空間・・・これが秋のアルプスなのですね。夏とは違う空間です。

12:30畳平発で松本駅へ向かいます。途中リンゴ販売所に寄って頂き、
重たいザックを背負っての帰宅となりました。今回の素晴らしかった眺望は
今年度中の運を使い果たした気がします。殆んど風雨に遭わずラッキーな
素晴らしい山旅でした。帰りの新幹線から、皆既月食も観測しました。
CL・SL・参加の皆様本当にありがとうございました。お疲れさまでした。
                    (  by/ Fusako  I.  )

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

2014.10.4 九重(赤川~扇ガ鼻~星生山~すがもり越え~大曲)

 参加者 15名(男8、女7)
 天気   
天神7:30出発=赤川登山口10:20
福岡から九重の南側は遠いです。赤川登山口は少し紅葉が始まっていました。
Photo
体操の後3つのグループに分かれて出発。
5分ほど歩くと久住山南登山道への道と分かれて扇ガ鼻へ向かいます。
Photo_2
30分ほど登るとやや平坦な場所へ出ます。
何度も通過していますがこの辺りを「添がつる」というのですね。
ツルは山の迫った平坦な地をいうのだとKさんに教わりました。
りんどう、あきのきりんそう、やまらっきょうなど。まつむしそうも残っていました。
Photo_4
急登に苦しむこと1時間半、扇ガ鼻にて昼食。
Photo_3
台風18号の影響か風がやや強いが快晴のもとで皆晴れやか。
扇ガ鼻を下り、岩場を登って星生山へ向かいます。
Photo_5
星生山は数年前まで硫黄山のガスが多く立ち入り禁止でした。
今回の御嶽山も昨年行った時は同じくらいのガスの出方でした。
火山の恐ろしさを身近に感じます。
Photo_6
視界が悪い時にこの尾根を行ってしまった人の話を聞きました。
Photo_7
久住分かれを見下ろすところで休憩していたらヘリコプターが!
最初は遊覧飛行かしらね。と言っていたらどんどん降下してきて…
Photo_8
ホバーリングを始め、救助隊員が降りて行き、救助活動をつぶさに見ていました。
かって救助隊員の遭難もあったり、ヘリが岩角に当たって落ちたり、の事故も
ありましたが、本当に頭が下がります。
かなり長時間のホバーリングでした。
Photo_9
久住分かれから坊がつる方面へ下り北千里が浜を歩いてすがもりへ。
大曲へ降りました。
秋晴れの空のもと気持良い歩きでした。

あの日、御嶽山に登った方々もきっとこんな気持のよい一日を過ごされるはず
だったことでしょう。
御冥福をお祈りいたします。
                               by:tsuzuki

| | コメント (0)

2014年10月 1日 (水)

2014年9月28日(日) 背振山域 らんたん登山教室

参加者 14名 (男性8名・女性6名)
 「らんたん登山教室」が背振山域でありました。
5回目の今日は(読図応用編・道迷い対策)
Img_1208
コースは背振山 車谷コースを登り 矢筈峠~椎葉峠
から下山します。
Img003

CLから配られた今日の資料・1/25.000の地図です。
ポイントが細かく、約11Kmの行程に37ポイントあります。


Dscf5841
好天の続く週末で駐車場は満杯です。
受講生の音頭で準備をしました。

Dscf5857
中高年の読図は、メガネをはずす人・掛ける人
拡大鏡を使う人。
休憩時間も地図と地形の にらめっこ。

Dscf5846
矢筈峠の登りです。こんなに時間をかけて丁寧に
歩いた事はありませんでした。

Dscf5850
稜線に登り上がり、通称「ハゲ山」で山座同定
CLの指定した場所が地図で解りましたでしょうか。

Dscf5852

椎葉峠にて笑顔ですが、これからは地図の線上を歩き
基に戻ってくる課題。
GPSで追跡調査がありますが 線上はヤブ!
イバラに苦しめられました。 

Dscf5855
メタセコイヤの林から林道に下り。下山口も近いです。
ホットしてお花に気が付きました。
山ホトトギスが咲いていました。
Dscf5856
らんたん教室はこの後、1月の冬山講習があります。
お疲れ様でした。      by/M.sato

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »