« 2014年9月28日(日) 背振山域 らんたん登山教室 | トップページ | 2014年10月4日~8日(水) 北アルプス涸沢と氷河公園 »

2014年10月 6日 (月)

2014.10.4 九重(赤川~扇ガ鼻~星生山~すがもり越え~大曲)

 参加者 15名(男8、女7)
 天気   
天神7:30出発=赤川登山口10:20
福岡から九重の南側は遠いです。赤川登山口は少し紅葉が始まっていました。
Photo
体操の後3つのグループに分かれて出発。
5分ほど歩くと久住山南登山道への道と分かれて扇ガ鼻へ向かいます。
Photo_2
30分ほど登るとやや平坦な場所へ出ます。
何度も通過していますがこの辺りを「添がつる」というのですね。
ツルは山の迫った平坦な地をいうのだとKさんに教わりました。
りんどう、あきのきりんそう、やまらっきょうなど。まつむしそうも残っていました。
Photo_4
急登に苦しむこと1時間半、扇ガ鼻にて昼食。
Photo_3
台風18号の影響か風がやや強いが快晴のもとで皆晴れやか。
扇ガ鼻を下り、岩場を登って星生山へ向かいます。
Photo_5
星生山は数年前まで硫黄山のガスが多く立ち入り禁止でした。
今回の御嶽山も昨年行った時は同じくらいのガスの出方でした。
火山の恐ろしさを身近に感じます。
Photo_6
視界が悪い時にこの尾根を行ってしまった人の話を聞きました。
Photo_7
久住分かれを見下ろすところで休憩していたらヘリコプターが!
最初は遊覧飛行かしらね。と言っていたらどんどん降下してきて…
Photo_8
ホバーリングを始め、救助隊員が降りて行き、救助活動をつぶさに見ていました。
かって救助隊員の遭難もあったり、ヘリが岩角に当たって落ちたり、の事故も
ありましたが、本当に頭が下がります。
かなり長時間のホバーリングでした。
Photo_9
久住分かれから坊がつる方面へ下り北千里が浜を歩いてすがもりへ。
大曲へ降りました。
秋晴れの空のもと気持良い歩きでした。

あの日、御嶽山に登った方々もきっとこんな気持のよい一日を過ごされるはず
だったことでしょう。
御冥福をお祈りいたします。
                               by:tsuzuki

|

« 2014年9月28日(日) 背振山域 らんたん登山教室 | トップページ | 2014年10月4日~8日(水) 北アルプス涸沢と氷河公園 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年9月28日(日) 背振山域 らんたん登山教室 | トップページ | 2014年10月4日~8日(水) 北アルプス涸沢と氷河公園 »