« 2014年5月25日 英彦山山開き神事 | トップページ | 2014年5月31日(土)三俣山お鉢めぐり »

2014年6月 1日 (日)

2014年5月31日 鶴見岳~大平山

鶴見岳~大平山縦走

◎参加者 11名(男性8名、女性3名)
◎コース
 天神7:00 = 別府IC =鶴見嶽駐車場9:30・・・11:20鶴見岳・・・・馬の背・・・・
 12:45鞍ケ戸・・・13:27船底・・・・14:00内山・・・16:20大平山・・・・17:10桜の園(バス待合)
◎トレッキングデータ
行動時間 7時間40分 
歩行距離 11.1km
2_1024x768

今回は鶴見嶽神社登山口から入山しました。広い駐車場が設置されています。
 
1

このルートは毎年4月に行われている「べっぷ鶴見岳一気登山道」に使われています。
1_1


まずは山の神様に参拝しましょう。
3

登山口から鶴見岳まではブナをはじめとして気持ちの良い広葉樹のなかを歩きました。
5月というのに真夏並みの30度を超す気温でしたが、森のなかは涼しい風で快適です。

2_1

2時間足らずで鶴見岳山頂に到着。
いたるところミヤマキリシマが咲き誇っています。まさにここは桃源郷ですね。
ロープウェイで登ってこられた人もたくさんいました。


1_2
さあ、ここから鶴見岳を時計回りにぐるりと巡る縦走路に入ります。
しばらくは西側に由布岳を見ながらの山歩きです。
ほんとはもっと澄んだ景色を期待したいのに、最近はPM2.5の影響でしょう。
遠景はいつもかすんでしまっています。
日本から澄み切った景色が奪われていくのが何とも腹立たしく、残念です。
 
3_3

由布岳の北側斜面は崩落が進んでいます。
砂防ダムがいくつも築かれていますが、崩落の規模の大きさに愕然となります。


3_2

満開のミヤマツツジに囲まれた縦走路を歩きます。山肌にピンクの絨毯が敷かれたみたいですね。よく見ると、一株ごとに花の色合いが違っています。これは何によるのでしょうか?
歩きながら土壌説と遺伝説の論争がなされました。


4_2


立派なドウダンツツジに出会いました。この縦走路ではあちこちでこの
花を見かけました。小さくてかわいいですね。

2_3_2
馬の背と呼ばれる細い尾根道を上り下りします。
今回の縦走路は、小さなアップダウンや岩場、ロープ場が多くて、けっこう時間がかかりました。

   
2_4




スタートして4時間30分。やっと内山に到着しました。
心地よい風が吹いています。
登りは大体ここまで。標高1280mのここから300mのバス待合場所まで標高差
約1000mを下ります。
1_4


足元に注意して下りていきます。


3_4

またドウダンツツジと出会いました。ピントがあってなくてごめんね。


2_6

大平山に到着ヽ(´▽`)/
やったね。縦走の良さは、やっぱこの達成感と、その後の温泉とビールだね!
標高820mのこの山からは別府湾がひろく見渡せます。
PM2.5問題がなければ、きっと四国まで展望できたんでしょうが。。。


4_1
別府湾を望みながら大平山を下ります。ここは毎年野焼きがされているようです。
下のゴルフ場まで草原が続いています。   


2_5
振り返ると、大平山山頂に傾いた日差しが隠れようとしていました

1_5



遠く鶴見岳が見えます。5時間ほど前はあそこにいたんだよねえ。

3_5
来年また行こうね。次のCLは I さん、とのご指名がTさんからありました。
I さん、よろしくね。
 
          Written by  Matchan

|

« 2014年5月25日 英彦山山開き神事 | トップページ | 2014年5月31日(土)三俣山お鉢めぐり »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年5月25日 英彦山山開き神事 | トップページ | 2014年5月31日(土)三俣山お鉢めぐり »