« 2013年3月1日~3日 伯耆大山 (雪山)) | トップページ | 2014年5月6日(火) 釈迦ヶ岳~岳滅鬼山縦走 »

2014年5月 7日 (水)

牛斬山~福智山~皿倉山ビバーク縦走

2014年5月4日(日)~5日(月)

牛斬山~福智山~皿倉山ビバーク縦走
◎参加者 7名 (女性4名、男性3名)
◎コース日程
1日目
JR採銅所駅8:30・・・登山口9:10・・・10:15牛斬山10:25・・・11:40赤牟田の辻11:55・・・
13:00有吉分岐・・・・13:45福智山・・・14:05荒宿荘(タヌキ水)・・・豊前越15:00・・・
16:10尺岳平=(ビバーク) 
2日目
尺岳平7:00・・・・7:50田代越・・・観音越8:30・・・皿倉山12:30
◎トレッキングデータ
1日目 歩行距離 14.6km  行動時間(含休憩)7時間30分
2


2日目 歩行距離 12.6km  行動時間(含休憩)5時間30分
    (途中不具合でコースデーターが消えてます。残念・・・)
3


5月連休の真っ只中。気持ちのよい天気の中、採銅所駅からスタートしました。
P5040241


登山口までテクテクと歩いていきます。
P5040242


道路わきの梅の木には可愛い梅の実がついていました。
P5040243


牛斬山に向けて登っていきます。
P5040245_2

まずは牛斬山に到着。今日はほんとにいい天気です。
P5040248_2

ここから長い縦走がスタートします。
P5040259
おや、どうしたんですか?何か落としたんですか?
P5040254

ワラビでした。よく見るといたるところに生えています。
 
P5040263
おお、ここにも、あそこにも。
なんか、縦走どころではなくなってきた様子・・・
P5040255


気を取り直して(採集本能を封印して)、福智山に向かいましょう!
841
5月の縦走路は花盛り。あっちこっちで足を止めてしまいます。
1307


楽ちんな道ばかりだといいんですが、こんな急登がいくつもありました。
1118


このような急登をいかに疲れずに登るかとの難問に対して、M氏が「ガニ股重心移動法」なる怪しげな歩行技術を考案しました。みんなで実地体験した結果、「これはスゴイ!、なかなかいいぞ!」となり、会に普及させようとの結論になりました。
彼方に福智山が見えてきました。あそこまであと何時間くらいかなあ
P5040266
やっと福智山に到着。ここまでくればあとは楽だよね(o^-^o)
P5040275
山頂でおにぎりを食べておられた女性の方にシャッターを押してもらいました。
ありがとうございました。
P5040277


北のほうに明日目指す皿倉山が見えます。
あんなところまで行くんだねえ。
P5040279


命の水、たぬき水。
うーん、これは美味い!
P5040281


水場を後にしてビバーク地の尺岳平に向かいます。
この辺は気持ちのいい縦走路が続きます。
P5040285_2
今夜のビバーク地・尺岳平に到着。やっと着きましたね(o^-^o)

P5040287



まずは乾杯!これがやりたくて歩いてきたんだよね



P5040289


2日目
あいにくの雨。雨雲レーダーで確認すると、2時間程度で雨もおさまりそう。
予定通り出発します。

P5050294_2


小雨の縦走路。目指す皿倉山はここから約10km




P5050296

シャカの花があちこちに咲いてます。

P5050297

縦走路に花弁が・・・。見上げると立派なフジの花が咲いてました。



P5050309

最後の登りを終えました。
「ガニ股重心移動法」を駆使したので楽ちんでした(^-^;
ゴールはもうすぐです。



P5050310

ついに到着!やったね。
予定時間通りぴったしの山行でした。
この後、展望レストランでビールの乾杯となりました。
もちろん最高に美味かったねヽ(´▽`)/
P5050314
ビバーク山行は楽しい!
今度は各自が秘密の一品メニューを持ち寄ろうね、となりました。 

photo by akira & matchan
written by matchan
   


























|

« 2013年3月1日~3日 伯耆大山 (雪山)) | トップページ | 2014年5月6日(火) 釈迦ヶ岳~岳滅鬼山縦走 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年3月1日~3日 伯耆大山 (雪山)) | トップページ | 2014年5月6日(火) 釈迦ヶ岳~岳滅鬼山縦走 »