« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

2013/2/25 大法山~白馬山 

参加者12名
 数日前に霧氷の山から帰ったばかりですが、この日は春の山でした。
私は一応アイゼン持参でしたがぽかぽかと暖かい一日でした。
三高山登山口を探すのが少し大変でした。
Photo
ここでこの近くに住むYさんと待ち合わせ。
WコースとHコースに分かれて出発
Photo_2
20分ほどで立派な山小屋がありました。
トイレも有り、小屋の中もきれいにしてあって山の写真が沢山飾ってありました。
宿泊というよりたまり場と言う雰囲気です。
Sannkousannyori
三高山より馬見~屏山~古処山が見えます。
Photo_3
春の日差しの中で昼食。日陰は寒い。
Photo_4
山を降りて安国寺の梅林で珈琲タイム。後ろの山を歩いたらしい。
低いけれどアップダウンは急坂でした。里山を楽しみました。   by/tsuzuki

| | コメント (0)

2013年2月27日 (水)

2013/2/20~21 雲仙(霧氷とグルメ)

参加者 14名(男6、女8)
20日前の日はしっかり雨降りの一日だったがこの日は快晴となった。橘湾の海を楽しみながら仁田峠へ。福岡から3時間半はかかり、バス酔いしてしまった人もいました。
仁田峠Pから妙見岳を目指す。
Photo
素晴らしい霧氷に出会いました。
Photo_10
平成新山と霧氷。
Photo_2
国見岳へ。
Photo_3
少し岩場もあります。
Photo_5
平成新山と普賢岳をバックに。
Photo_11
期待の新人で~す。

Photo_6
鬼人谷分岐で。古い道ですが長い間噴火により閉鎖されていました。
Photo_7
風穴
Photo_8
古い石垣。蚕を飼っていたらしい。
Photo_12
平成新山を間近に。これだけの山が出来ちゃったんですね。火砕流で亡くなった方たち
のことが思われます。
Photo_13
普賢岳で全員で。
今夜の宿「雲仙みかど本館」へ向かいます。テレビ、新聞などのCMも多く食べ放題、飲み放題の誘い言葉に一度は泊まってみようということになりました。
雲仙と言うよりは島原です。いろんな意味で普通の宿とは違うようです。
Photo_14
巨木の並ぶ玄関に圧倒され、人の多さに圧倒され、料理の多さに圧倒され、
静かな宿を望む方には不向きです。料理は美味しかったです。食事会場へは手ぶらで行くことという条件が付きますので写真はないのですが、さしみも新鮮、たらば蟹、鮨、焼き肉、ヒレステーキほかいろいろ、アルコールもほとんどの種類がそろっています。
皆さん、寝る前に消化薬飲んでました。も快適。
 21日朝食もまたしっかりと食べ、カステラのお土産も貰って九千部岳へ向かいます。
昨日より雲が多そう。田代原キャンプ場のPより出発。Photo_15  
Pのすぐ前に九千部岳登山口の標識がありますが、今日は北尾根からのコースを目指すので、舗装道路を5分ほど下ります。
しばらく樹林帯の急登をいくと岩場にでます。
Photo_18
岩を巻いたり乗り越えたりで九千部山頂。
Photo_17
普賢岳ひときわ高く、九千部岳も良い山です。
雲仙で東洋館近くの共同浴場目指したのですが工事中。地ビール館も休業中で残念でした。           by/tsuzuki

| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

2013/2/17(日) 由布岳東峰(雪山を楽しむ)

Dscn5002burogu

本来ならば(を楽しむ)のでしたが・・・代わりに恵まれた穏やかな登山日和の天候駐車場には登山客で満杯のです。

Dscn5006burogu

もう直ぐ野焼も行われるだろう早春の由布路を

Dscn5008burogu

倉木山、由布院の町並みもスッキリ!九重連山には積雪がありそうです。

Dscn5010burogu

二又に着くと急に風も出始め温度も下がり、積雪は1cm、山頂~二又までの下りはアイゼン装着でした。

Dscn5015burogu

最近は下山後どのパーテイもストレッチするようになりましたね・・・この後由布院でゆたっ~と、一路福岡へ・・・  CL/Yさんご苦労様でした。

                                             by/k・k

|

2013年2月23日 (土)

2013年2月20日 可也山山行(小富士梅林と焼きカキ)

山行月日・・・平成25年2月20日(水) 晴れ  グレードH

参加者・・・・・12名(女性:9名 男性:3名

コース・・・・・・天神=小富士梅林・・・小富士梅林コース・・・小富士分岐・・・可也神社
        ・・・可也山山頂・・・可也山展望台・・・師吉コース(下山)・・・師吉地区
        ・・・小富士梅林=船越カキ小屋(昼食)=物産直売所志摩の四季(買い
                物)=天神

 準備体操を終え、登山体制は万全。小富士梅林の梅の香が気のせいか漂って・・・。
糸島のシンボル『可也山』は海抜0メートルから登る標高365メートル。少々手強いかも?
 まずは登山道の両側に咲き誇る梅の花を楽しみましょう。
Img004
2013220

 素晴らしい梅の花の登山道を抜け、竹林を過ぎると急登のズ~ル、ズール、ズルズルの
登山道が12名を悩ませる。前日の雨で登山道は踏ん張れど、踏ん張れど足元から滑り
戻る状態。トラロープを頼りに足元を固めて登るが思うように進まない。お互いに注意し合い
ながらなんとか、師吉コースとの合流点・小富士分岐にたどり着く。「ふ~」と安堵のため息。
 稜線に出てからは、快調な足取りで可也山山頂経由、展望台に到着。

2013220_2
 展望台に立つと、眼下に拡がる玄界灘と美しい海岸線が一望できる。しばしその雄大な
眺望を楽しむ。
 そしてTさん差し入れの甘酒が全員の心と体を温かくしてくれた。「有難う。ありがとう。」
下山は、小富士梅林コースは危険と判断し、可也山の一般登山道である師吉コースを下る。
Photo
 下山後は、師吉地区から小富士梅林まで約一時間、雄大な可也山を仰ぎながら、里山
風景を満喫しながら、つくしを摘み、春の野花を楽しんでゆっくり、ゆっくり歩きました。
 
 次は糸島の冬の味覚・焼きカキを食べに船越地区のカキ小屋へ・・・。
2013220_3 2013220_4
 美味しさ抜群の焼きカキは、糸島の豊かな海の恵みで人気スポットのひとつ。まさにその
恵みを楽しんでいる瞬間です。
 カキ小屋からは、遠くに「糸島富士」と呼ばれる『可也山』がそびえていました。冬限定の
糸島エリア山行は無事終了です。
                                     by/Koike Next

| | コメント (0)

2013年2月19日 (火)

油山(597m) ロウバイ・梅 花観賞   2012/2/13(水)  晴れ

Dscn4966burogu

園芸公園。朝飯抜きだったんで失礼。モグモグ・・・。CLより先ずは今日のトレッキングコースの説明。

Dscn4968burogu

管理事務所。名残の老梅。違った!蝋梅。

Dscn4972burogu 咲き初めし紅梅。

Dscn4975burogu

ひたすら抱き着き寄りかかって、○十年

Dscn4982burogu

国見岩、知らないことは恐ろしい、岩の下はオーバーハング

Dscn4983burogu

けなげな一本松が見下ろす福岡市街

Dscn4986burogu

山笠の滝、小さな滝、小さなツララと左上にはつつけば落ちてきそうな山笠岩

Dscn4989b_2

椿の森、ようやく陽だまりに出てきて『お茶しましょ』と尽きない山談議が始まる

行動時間は5時間半、油山の小道を随分教えて頂きました。CLさんありがとう           

                    by/kokabe  (コメント/コジマ)

|

2013年2月14日 (木)

2013年2月中旬~4月下旬:山行計画

山行月日    山            域  グレード   備        考

2/16       鷹取山~福智山         B     大展望の頂に立ち
                                     筑豊新道コースを下る
2/16~17     大万木山              A     雪山訓練、雪中のキャンプ
            (登山学校第5回)                         生活
2/16~17     臥龍山(広島県)         ー     冬山の幕営・歩行技術の習得
            あすなろECL 
2/17       由布岳東峰            A☆    雪山を楽しむ
2/20       可也山               H     小富士梅林と冬の味覚
                                       焼きカキを堪能
2/20~21     雲仙妙見岳~普賢岳、     A☆    展望とグルメ
                    九千部岳
2/24       二重の峠(阿蘇市)       H☆    歴史の道(石畳の道)
2/25       大法・白馬山周辺コース    W・H   梅林とハイキング

                   

3/1~3       伯耆大山              A☆    雪山
3/1~3       伯耆大山              B     雪山・幕営
3/2        谷川梅林・立花ワインセラー   W     散策と夢たちばな灯り展
3/3        岸岳320m             H      早春の山、史跡
             (佐賀県唐津市北波多)
3/3        二合半岳~五家原岳       B     長崎の山縦走
3/6        笠置山(宮若市)&グルメ     A     城跡の山頂へ散策
                                        「昼食」ゆったり
3/10       多良岳~経ケ岳縦走       B     マンサク観賞
3/16~17     壱岐一支国博物館と       W・H    ウォーキング
              遺跡巡りと活魚 
3/17       那珂川町歴史散策        W     初御代桜・裂田の溝
3/18       四王寺山頂を回る         H 
3/20       雷山周辺              A☆    バリエーションルート
3/24       脊振山域 車谷          H      教育部新入会員研修
            (定例山行時の基本知識と会の運営)
3/24       佐渡窪~長者原          A☆    マンサクの花&縦走
3/26~27     彦岳・元越山~天空ロード縦走  A☆    山桜&展望
3/30       福智山と”虎尾桜”         A     大展望と貴婦人に逢いたくて
3/31       十坊山~浮嶽~女岳~二丈岳  B     春を感じながら四山縦走

                    

4/1        羽金山(900.3m)         A      ショウジョウバカマ
4/2        阿蘇方面              W      青春18切符で行く

4/7 地区別交流山行
      第1ブロック・・・名護屋城・波止岬散策(W)
      第2ブロック・・・宗像市:花見、春の玄界灘と新鮮な魚料理(W)
      第3ブロック・・・古賀・薬王寺散策:博多の奥座敷散策(H)
      第4ブロック・・・佐賀市 吉野ヶ里遺跡公園と遺跡温泉「卑弥呼の湯」(W)

4/10       三郡縦走              A     新緑の中ブナ・モミの原生林を
                                       縦走する
4/10       白野江植物園(門司)と巌流島 W     桜と島めぐり
4/15~18     奈良 吉野山の桜と
            東大寺から西大寺までを歩く  H☆
4/27~5/2    高野山~熊野本宮         A     熊野古道小辺路

            

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »