« 油山(597m) ロウバイ・梅 花観賞   2012/2/13(水)  晴れ | トップページ | 2013/2/17(日) 由布岳東峰(雪山を楽しむ) »

2013年2月23日 (土)

2013年2月20日 可也山山行(小富士梅林と焼きカキ)

山行月日・・・平成25年2月20日(水) 晴れ  グレードH

参加者・・・・・12名(女性:9名 男性:3名

コース・・・・・・天神=小富士梅林・・・小富士梅林コース・・・小富士分岐・・・可也神社
        ・・・可也山山頂・・・可也山展望台・・・師吉コース(下山)・・・師吉地区
        ・・・小富士梅林=船越カキ小屋(昼食)=物産直売所志摩の四季(買い
                物)=天神

 準備体操を終え、登山体制は万全。小富士梅林の梅の香が気のせいか漂って・・・。
糸島のシンボル『可也山』は海抜0メートルから登る標高365メートル。少々手強いかも?
 まずは登山道の両側に咲き誇る梅の花を楽しみましょう。
Img004
2013220

 素晴らしい梅の花の登山道を抜け、竹林を過ぎると急登のズ~ル、ズール、ズルズルの
登山道が12名を悩ませる。前日の雨で登山道は踏ん張れど、踏ん張れど足元から滑り
戻る状態。トラロープを頼りに足元を固めて登るが思うように進まない。お互いに注意し合い
ながらなんとか、師吉コースとの合流点・小富士分岐にたどり着く。「ふ~」と安堵のため息。
 稜線に出てからは、快調な足取りで可也山山頂経由、展望台に到着。

2013220_2
 展望台に立つと、眼下に拡がる玄界灘と美しい海岸線が一望できる。しばしその雄大な
眺望を楽しむ。
 そしてTさん差し入れの甘酒が全員の心と体を温かくしてくれた。「有難う。ありがとう。」
下山は、小富士梅林コースは危険と判断し、可也山の一般登山道である師吉コースを下る。
Photo
 下山後は、師吉地区から小富士梅林まで約一時間、雄大な可也山を仰ぎながら、里山
風景を満喫しながら、つくしを摘み、春の野花を楽しんでゆっくり、ゆっくり歩きました。
 
 次は糸島の冬の味覚・焼きカキを食べに船越地区のカキ小屋へ・・・。
2013220_3 2013220_4
 美味しさ抜群の焼きカキは、糸島の豊かな海の恵みで人気スポットのひとつ。まさにその
恵みを楽しんでいる瞬間です。
 カキ小屋からは、遠くに「糸島富士」と呼ばれる『可也山』がそびえていました。冬限定の
糸島エリア山行は無事終了です。
                                     by/Koike Next

|

« 油山(597m) ロウバイ・梅 花観賞   2012/2/13(水)  晴れ | トップページ | 2013/2/17(日) 由布岳東峰(雪山を楽しむ) »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 油山(597m) ロウバイ・梅 花観賞   2012/2/13(水)  晴れ | トップページ | 2013/2/17(日) 由布岳東峰(雪山を楽しむ) »