« 2013年1月12~13日(日)安芸冠山 雪山訓練 初級 | トップページ | 2013/1/19猟師山~合頭山 »

2013年1月23日 (水)

2013年1月20日宗像四塚縦走

Cocolog_oekaki_2013_01_23_15_04 

山行月日・・・平成25年1月20日(日) 晴れ
                    グレードB

        参加者・・・・・13名(女性5名 男性8名)

コース・・・・・・trainJR教育大前・・・城山登山口・・・(自然道コース)・・・flag城山・・・石峠・・・
         flag金山南岳・・・flag金山北岳・・・地蔵峠・・・flag孔大寺山(昼食)・・・垂見峠
         ・・・flag湯川山・・・承福寺・・・門前バス停bus=JR赤間駅beerfree

 『冬の低山を歩く』のサブタイトルに惹かれて参加したけれど、宗像四塚連峰の
四山 は低山かも知れないが、海抜0メートルから挑戦する登山道は急登あり、急坂
ありの、それは、それは、それは厳しい山行でありました。
                                サア~~~13名の悪戦苦闘が始まります。

 JR教育大前駅に集合し、水場・トイレのある登山口で登山準備、ストレッチ等を行い、
まず城山山頂を目指します。整備された一般登山道を途中から右折し、「自然道コース」に
入ります。
 福岡では珍しく1月17日から18日に降った雪が少々残った山頂で暫し休憩して、石峠
経由、次の目的地・金山へ。
2013120

   happy01城山山頂にチョッとした芸術作品がありました。
                    でも木にとっては迷惑な行為では?angry
2013120_2

 ロープを頼りに急下降し、石峠でチョッと一息入れて、金山南岳へ。ハードな急坂を
登って、登ってやっと山頂。でも展望を楽しむことなく、もう少し頑張って北岳まで、
約10分。到着した北岳で休憩、行動食で体力温存。間近に見える孔大寺山も急坂・
急登が待ち構えているらしい。
2013120 2013120_2

 金山北岳から、地蔵峠まで一気に駆け下ると言いたいところですが、雪解け登山道は
大変厳しい急坂で、普段鍛えた足腰とロープを頼りに長い、長い坂道を下る。やっと地蔵
峠に到着しても、今度は四山の最高峰・孔大寺山山頂に向かう長い急斜面が、更に待ち
構える。「ファイト!」
2013120_3 2013120_4

 頑張りました。孔大寺山山頂です。まだ残雪はありますが、山頂のベンチで昼食です。
暖かい飲み物が嬉しかった。でも湯川山までの急坂・急登がまだ、まだ続きます。
2013120_5 2013120_6

 湯川山に向かう登山道も当然ながら厳しく、足元に注意しながら山頂へ。でも厳しい
登山道にはマテバシイの大木が、ニョキ、ニョキと。その大きさに感動し、最後の急登を
頑張ます。
 湯川山山頂は最高の展望です。全員で「万歳、万歳」で、宗像四塚縦走の醍醐味を味
わいました。
2013120_7 Img002_2

 湯川山山頂から、承福寺まで駈け下り、約7.5時間の宗像四塚縦走は終点へ。
門前バス停でバス待ち時間に整列して身支度を。振り向けば、素晴らしい展望の湯川山が
美しくそびえたっています。そして13名はバスで最終地点のJR赤間駅へ。
 山行の締めはやはり懇親会ですかね。一杯目のビールが疲れた喉を潤してくれました。
『うまい!』 そしてCLとSLのお二人に感謝の「ありがとう」をheart01
2013120_8

 そうだ。本日のお土産は、「気になる木です。」 ほんとに自然の力は凄いですネ。
ビックリです。
Img001_2
                                  pencil by/Koike Next

|

« 2013年1月12~13日(日)安芸冠山 雪山訓練 初級 | トップページ | 2013/1/19猟師山~合頭山 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

みなさん、お疲れ様でした。地元の山をしっかり歩いた、という感じでしたね。
それに、Koikeさんのブログもいつもながら味があっていいですねえ☺

投稿: まつおあきら | 2013年1月23日 (水) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年1月12~13日(日)安芸冠山 雪山訓練 初級 | トップページ | 2013/1/19猟師山~合頭山 »