« 10/26(金)呼子大橋&加部島ウオーク&海鮮バーベキュー | トップページ | 2012-10/31~11/1 ロキシーヒル再訪と韓国岳登山 »

2012年11月 2日 (金)

2012/10/30 白口岳周遊(紅葉)

山行月日・・・平成24年10月30日(火) 晴れ
                     グレードB

参加者・・・・・4名(女性2名 男性2名)

コース・・・・・天神=玖珠PK=九重IC=三愛レストハウス=(本山登山道口)=沢水展望
                     台・・・朽網(くたみ)岐れ・・・鍋割坂・・・佐渡窪・・・鉾立峠(昼食)・・・白口
                     岳・・・稲星分岐・・・鳴子谷(本山登山道)・・・出水平・・・沢水展望台=
                    温泉入浴=九重IC=玖珠PK=天神

 秋の紅葉が最高に似合う九重連山。その1峰、白口岳を目指します。沢水展望台をスタート
し、杉林を進み、朽網岐れを過ぎると九州北部豪雨等で登山道は土石で荒れ、小さな流れだ
っただろう流れの壁は何億年前?の地層が何層にも露になっていた。自然の脅威だ。
Photo_2 Photo_3

 ブナ、ミズナラ、かえで等の落ち葉を踏みしめながら鍋割坂を上り、鍋割峠経由で佐渡窪
へ到着。佐渡窪を取り囲む山々はみごとな紅葉のキャンバス。しかしここ佐渡窪も周りの山々
から流れ出た砂礫で案内板も埋もれていた。貴重な草花なども絶滅の運命に・・・
Photo

 佐渡窪から鉾立峠へ向かう。しかしまた自然の脅威?驚異に直面する事になる。登山道
は大きな石がゴロゴロ。完全に登山道を覆ってしまっている。「ア~~~・・・」
Photo_2

 自然の厳しさを感じながら登り続けて鉾立峠へ到着。白口岳山頂へ向かう人、山頂から
下りてくる人達が行き交う交差点。我々はこれから山頂へ。食事をして体力温存。でも目
指す白口岳山頂は遠~~~いゾ。
Photo_3
Photo_4

 休憩を何度も取りながら、ヤット、ヤット白口岳山頂へたどり着く。山頂からは大船山、
稲星山等九重連山の山々の眺めは最高!「万歳」
 下山は鳴子山経由の予定であったが、登山道崩壊で危険とのCLの判断で直接沢水
展望台へ向かう。しかし安全優先で下山する登山道も大崩壊で更に厳しいものだった。
Photo_8 Img001_3

Photo_6

 厳しい自然力を目の当たりにしながらも、山肌を彩る紅葉に、自然力の素晴らしさに感嘆
しながら全員安全に下山しました。安全優先するCLに感謝。
Photo_7
   崩壊した登山道を迷わないように赤いテープをつける心優しいCLです。

      本日話題となったテーマ「カエデともみじ」の違いは?

  植物分類上では、「カエデともみじ」の区別はしないらしい。英語も「カエデ」も「もみじ」も
 『ネーブル』ですよね。
  園芸界では「イロハモミジ」「ヤマモミジ」「オオモミジ」など、葉の切り込みが5つ以上ある
 のを「もみじ」、「コミネカエデ」「ウリカエデ」「トウカエデ」など、切り込みが3つのものを「カエ
 デ」と呼んでいるらしい。

  白口岳山行で持ち帰った「カエデともみじ」です。どれが「・・・カエデ」で、どれが「・・・もみ
 じ」か区別ができますか。もちろん私はサッパリ。
 
  そうだ。最後にこんな小倉百人一首がありました。
     【奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の 声きく時ぞ秋はかなしき】
  鳴子谷を下山する時、鹿の鳴き声が聞こえたような気がしたのですが、九重連山に鹿は
 生存しているのでしょうか。
 4
                                        by/Koike Next

|

« 10/26(金)呼子大橋&加部島ウオーク&海鮮バーベキュー | トップページ | 2012-10/31~11/1 ロキシーヒル再訪と韓国岳登山 »

山行報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10/26(金)呼子大橋&加部島ウオーク&海鮮バーベキュー | トップページ | 2012-10/31~11/1 ロキシーヒル再訪と韓国岳登山 »