ブログ引っ越しのお知らせ

| | コメント (1)

2019年6月11日 (火)

筑紫野市竜岩自然の家スポーツクライミング




あだると山の会、会員の皆さんへ。

スポーツクライミングをしてみませんか。
毎週火曜日の午後、筑紫野市の「竜岩自然の家」の体育館でスポーツクライミングの練習をしています。山を歩くにはバランス感覚が必要ですが、中高年になると誰でもバランス感覚が衰えてきます。それを補うためのトレーニングとしてクライミング練習はとても有効です。横にはボルダリングのコーナーもあります。参加者は常連が10名程で、最近は10名を超えることもあります。
「毎週は参加出来ないが、たまには参加したい」という方も大丈夫です。
興味のある方、やってみたい方はぜひ一度練習風景を見学に来て下さい。

開催日:毎週火曜日 13:00~16:00

場所:竜岩自然の家の体育館
    筑紫野市大字柚須原373-1
電話 092-921-3455

使用料 1時間100円

 

竜岩自然の家への案内版です。太宰府からはここで右折し下の駐車場まで下りて行きます。

 

Img_1951

 

管理事務所です。ここで受付をし最初の1時間の使用料100円を払います。

 

Img_1953_2

管理事務所の下にある体育館です。この間に川があり、夏は川遊びの子供達で賑わっています。

 

Img_1956

 

最初はロープの結び方です。通し8の字をマスターするには少し時間がかかりますが、先輩が教えて確認します。

 

Img_1963


初心者はトップロープで登ります。これは安全のため最初からロープで確保しているので、もし落ちても確保し易く途中でぶら下がるためより安全です。

 

Img_1966

Img_2977

ベテランはリードで登ります。自分でロープをカラビナに掛けながら登るので、確保する人も気が抜けません。

 

Img_1490_2

 

登って行くコースは色々あります。自分の技量に応じて選び、決められたコースを登って行きます。壁は高さ7mあり横も広いので2人一緒に登れます。右側の方がハングしており難しい。

 

 

Img_1493

 

横にはボルダリングの壁もあります。クライミングは必ず確保する人が必要ですが、ボルダリングは1人で出来ます。

 

Img_2025

 

今日のメンバーです。現在、常連10名程、時々参加が5~6名居られます。初心者大歓迎ですので一度見に来ませんか。

Img_2983

 

Img_1636


世話人:620井上晃 090-5924-7033

 

           672中里静 090-3072-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2019年5月13日 (月)

2019年5月12日(日) 小爪峠~鬼ヶ鼻岩

   😃 小爪峠~猟師岩山~鬼ヶ鼻岩😞     

山行年月日・・・令和元年5月12日(日・母の日)
             天気:晴れ  グレードH☆
山行参加数・・・11名【女性メンバー8名 男性メンバー3名】
山行コース・・・天神=三瀬トンネル休憩所🚻=(林道登山脊振線)=井手野登山口・・・小爪峠
       ・・・(九州自然歩道)・・・🚩 猟師岩山(893m)・・・🚩 鬼ヶ鼻岩(840m)【昼食】
       ・・・猟師岩山・・・小爪峠・・・井手野登山口=天神 

 くねくねした林道登山脊振線を通って、井手野登山口に到着。駐車スペースは狭いが、
何とか2台の縦列駐車で場所を確保。
 まず小爪峠へ。
Dsc06120

 平成時代から積もった?落ち葉でクッション状態、しかも坂道は滑りやすい状態で~~~す。
しかしながら新緑は輝くような緑色です。「超気持ちい~~~~~い」
Dsc06126

Dsc06127

 小爪峠経由して、猟師岩山でしばし休憩です。新緑の美しさに会話も弾みます。
次の山行計画は?それとも夏の北アルプス山行等の楽しい話題かナ。Dsc06144

 自然林に囲まれた登山道で、シャクナゲとの出会いがありましたが、裏年か、開花の時期が
過ぎているのか華やかさはありません。しかしシャクナゲの色合いの美しさか、数輪でも感動を
与えてくれます!
 そして鬼ヶ鼻岩に続く、最大の難所・岩の露出した登山道を慎重に進んでいきます。Dsc06158

 巨岩の鬼ヶ鼻岩に到着です。岩頭からは脊振山系の山並みの展望が楽しめます。
天気に恵まれて次々と登山者が到着してきます。
Dsc06173

 今日は「母の日」ですネ。全員カーネーションを持って記念写真です。すでにプレゼントを
もらったメンバーもいるかも?それとも帰宅して家族全員でお祝いを?
 山頂での写真は折り紙のカーネーションですが、いづれにしてもカーネーションを持つだけで
幸せ気分になるのは確実。
Photo_18

 下山までの時間を利用して、「らんたん教室」で学んだ『山座同定』をお互いに再確認することは
素晴らしいことです。脊振山系の山並みが見える、ここ鬼ヶ鼻岩が『山座同定』を復習し、更に学ぶ
最高の場所でしょうネ。
Dsc06170_1

 下山は往路コースを戻ります。新緑の自然林を進む登山道には、白系統の花々が咲いて
います。
 花を楽しむのも、山行の楽しみの一つでしょう。
Photo_21
     😖 Iさんの、記念すべき初CLの山行です。
         😖 メンバー全員、楽しみましたヨ。
             💕「サンキュー」

                     Written by/小池

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

2019年5月6日(月) 犬ヶ岳から求菩提山縦走

      🎶犬ヶ岳から求菩提山縦走 🎵🎵🎵 ツクシシャクナゲ観賞

山行年月日・・・令和元年5月6日(月・振替休日)
         天気:曇り  グレード:B
山行参加者・・・21名《女性11名 男性10名》

山行コース・・・天神=福岡IC=豊前IC=犬ヶ岳登山口・・・うぐいす谷・・・笈吊峠・・・
       (鎖場・う回路)・・・🚩犬ヶ岳山頂1131m(昼食)・・・二ノ岳・・・大竿峠
      ・・・一ノ岳・・・求菩提登山歩道〈杉の宿跡・虎の宿跡〉・・・胎蔵界護摩場跡
      ・・・🚩求菩提山(くぼてさん)782ⅿ【国玉神社上宮】・・・鬼の石段・・・
      国玉神社中宮跡・・・阿弥陀窟・・・求菩提山登山口・・・求菩提資料館前バス停
      =♨求菩提温泉「卜仙の郷」(ぼくせんのさと)=天神

Photo_17
                                                       《データ:まっちゃん提供》


 1班、2班に分れ、登山口をスタートして、林道に入り、眩しい程に輝く新緑の登山道を進み
ます。途中数カ所の急登に苦戦しながら、うぐいす谷コースを進み、笈吊峠へ。
Dsc06008

 笈吊峠から笈吊岩への鎖場あるいはう回路を選択し、九州自然歩道となっている稜線へ出て、
犬ヶ岳を目指します。
 稜線上には淡いピンク色のツクシシャクナゲが登場してきます。Dsc06016

  ツクシシャクナゲの美しさを楽しみながら、第一目的地の犬ヶ岳山頂に到着です。昼食前に
恒例の集合写真を撮ります。
                            (このメンバーがCLのNさんと1班です)               
Dsc06040

                             (このメンバーがSLのIさんと2班です)
Dsc06043

 次は第二目的地の求菩提山へ出発です。長い、長~~~い登山道を進みますので、そろそろ
ツクシシャクナゲの登場としますか。            《📷 かべちゃんの作品です》
Img_9283

                              《📷まっちゃんの作品です》 Img_0636
 スマホでツクシシャクナゲの写真を撮るメンバー、その先には、本コースで最高の美しさを
誇るツクシシャクナゲの姿、更に新緑の樹々、また遠くに霞む山々、最高の景観では?
Photo_15

 大竿峠、一ノ岳経由で長~~~~~~い求菩提登山歩道を進みます。春の陽射しに輝く新緑、
ミツバツツジとの出会い、整然と進むメンバーの隊列、最高の風景です。
Dsc06079

                             《📷かべちゃんの作品です》Img_9309

 長い、本当に長い求菩提登山歩道を休憩しながら、ヤット求菩提山山頂【国玉神社上宮】に
到着です。
 安全登山祈願して、全員無事到着確認の集合写真です。社殿の前の石段を利用させていただ
きました。
Dsc06095

  さあ今から「鬼の石段」といわれている、約850段の長い石段をおり、垂直に切り立った岸壁
にある阿弥陀窟前を経由して、杉木立の登山道をくだり、求菩提登山口へ。そして「求菩提温泉・
卜仙の郷」で汗と疲れを流して帰ります。
Dsc06102 

 ジグザグの杉木立の長い登山道を抜けると求菩提登山口です。「さあ、間もなくゴールだぞ」
Img_9345
                     《📷かべちゃんの作品です》

  ✌ 犬ヶ岳のツクシシャクナゲを満喫し、求菩提山の修験道の聖地を訪ねた山行でした。
    😖 大人数を安全に誘導したCLのNさん、SLのIさんへ感謝!
      ✨ 参加者の皆さん、癒しの山行でしたネ。
                      ✒Written by/小池😖
                      📷 写真提供:かべちゃんとまっちゃんです



  

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

2019.5.5(日) 令和元年らんたん教室・第1回・四王寺県民の森

山 域: 福岡県・四王寺山
日 時: 2019年5月5日(日)
天 気: 晴れ 気温:17度
参加者: 計30名【内訳  初級コース10名(男性5名・女性5名) リーダーコース7名(男性3名・女性4名)講師13名(男性8名・女性5名)】

Rs_dscf2085

あだると山の会では、

 ①危険から身を護る安全登山技術を習得する。
 ②交流を通じて参加者の仲間意識を創り育てる。
 ③会運営を担うことが出来る人を育てる

……という観点から、年度を通じて
「らんたん教室」を開催しています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

2019年5月4日(土) 四王寺山

Photo_11
 🎶山行コース⇒ 大宰府政庁跡・・・(坂本八幡神社)・・・大石垣・・・水城口城門跡・けいさしの井
        ・・・広目天礎石群・・・大城山(410m)・・・毘沙門堂・・・八ツ波礎石群・・・
        県民の森センター(昼食)・・・猫坂礎石群・・・馬責め・・・岩屋城跡・・・春の森・・・
        大宰府政庁跡

  皐月晴れの5月4日、大宰府政庁跡が本日のスタート地点です。新元号「令和」となって、一躍
全国区となった≪坂本八幡神社≫の前を通ります。
 手書きの御朱印をいただく人々、参拝の順番待ちをする人々で長蛇の列です。メンバーはその
列の間を縫って新緑の四王寺山を目指します。
Dsc05911 

 爽やかな自然林の登山道を進み、大石垣を経由して、急坂を登り詰めると展望の良い登山道
です。宝満山、三郡山などの、馴染みの山々が展望できます。俳句の春の季語で「山笑う」と
いう表現があるらしいのですが、山肌が新緑で、「山笑う」に相応しい山の明るさを感じる展望
です。
Dsc05927
 
 本日のCL・Kさんから「水城口城門跡」「けいさしの井」などの各史跡の説明を受けながら、
さらに新緑の登山道を進みます。三十三石仏のひとつ「27番札所・如意輪観音菩薩」では、
それぞれ表情の異なる三面の優しいお顔がメンバーの心を和ませます。Dsc05934

 四王寺山地最高峰の大城山(おおぎやま)山頂ですが、樹木に囲まれて展望は良くありません。
近くの毘沙門堂で安全祈願をして「県民の森センター」を目指します。センター休憩舎で昼食です。
Dsc05941

 昼食後は、「猫坂礎石群」などの各史跡を巡って、スタート地点の大宰府政庁跡を目指します。
左下の建物が「県民の森センター」です。新緑の木々の中に、赤色のもみじが一段と鮮やかに
見えます。
Dsc05957

 木漏れ日の美しい登山道が続きます。岩屋城跡経由で、ナラ、カシなどの木々の登山道を進ん
で、古代山城史跡巡りの散策コースは間もなく終点です。Dsc05969

 新緑の四王寺山をバックに、「都督府古跡」石碑を囲んで集合写真です。
4月に入会したYさんは、今回が山行初参加とのこと。「参加の感想はいかがでしたか?」
Dsc05974

 ここからは、「令和」で賑わう《坂本八幡神社》風景です。大伴旅人さんも、静かな集落だった
のが、「令和」の二文字で、有名になり、この人出に「ビックリ❢」していることでしょうネ。
 記念すべき「令和元年五月四日」の手書きの御朱印をいただきました。九州一の繁華街の天神
経由で帰ります。
Photo_13 

Photo_12
                        ✒Written by/小池😃




                    

 

| | コメント (0)

«2019年5月1日(水) 九重:黒岳